嬉しかったものの、悩ましい問題が 

  • [2017/07/20 00:52]
時々利用している ネット書店のhonto
5周年記念とやらで、6月にプレゼントキャンペーンを実施していました。
クジ運の悪い私のこと、どうせ当たらないだろうと、ほとんど期待せずに応募だけはしていたのですが、

なんと、当選したのです。
【Eコース】高級革製ブックカバー(当選人数 50名)が送られてきました。

山羊革を使った国内産。ハンドメイドで一つ一つ丁寧に作られた品のようです。
色はチョコ色。
素敵です。
文庫サイズとはいえ、想像していたよりも軽くて、触った感触もいい感じ。

実は私、普段は書店で付けていただく紙製の書皮を愛用しており、ネットで本を購入した際にも、手元にある紙製をかぶせて使っていますので、ブックカバー、特に革製のブックカバーは持っていませんし、使ったこともありません。

以前、妹にプレゼントしたブックカバーを題材に、ブログに書いたことがあり
 2つ目のブックカバー

文具屋などで、たまたまブックカバー売り場の近くを通ったりすると、興味津々で、どんなものが売られているのか?値段は?など
チェックすることもしばしばです。

ですから、私にとってブックカバーは、ものすごく欲しい。というほどではないものの、関心はある。どなたからか頂けたら嬉しいだろうな、という物。

それが当選して、無料で頂けたのですから、感激です。

ところが、いざ、文庫本を入れてみると、
大きさにあまり余裕がなく、袋状になった片側に本の端を入れようとすると、本の表紙部分を相当曲げないと入らないし、使った本が分厚かったため、折り返す側が、差し込む予定のベルトに届かず、残念な状態になってしまいました。
もしかすると、本にもともとついているカバーも帯も外して使った方が良いのかもしれない。

いずれにしても、装着で、かえって本が傷みそうな印象です。

となると、せっかく頂いたものですが、使わずにどこかの引き出しの中にず~っと…てなことになりそうです。
文庫サイズの手帳のカバーとして使うって手もありますが、どうだろうか?
悩ましい。

 ・関連記事象で飾られる日を夢見て
FC2 Blog Ranking

カーテンで気分上々 

梅雨入りしたとはいえ、日増しに日差しが強くなり、我が家の南向きの居間では、眩しさや暑さを緩和するため、2か所ある窓の厚手のカーテンを、太陽の位置に合わせて頻繁に開け閉めしています。先日、母が、汚れの目立ってきたレースのカーテンを家で洗濯。ところが、カーテンを取り付ける段になって、カーテン上部、プラスチック製のフックを差し込む ひだの部分のいくつかが、ほつれてきていることに気がつきました。2か所ほど試しに糸と針で縫い合わせてみたものの、強度が弱く、いずれ再びほつれ、下手をするとホックが外れてしまいそうな雰囲気。しかも裾付近は、床で擦れて生地が傷みぎみ。
それならいっそ、本格的な夏になる前に新調しよう!ということになりました。

いままで使用していたものはオーダーカーテンでした。今回も同様に注文した場合、まず、どの業者がいいかを選び、そして連絡し、来てもらう日を決め、その日までにカーテン廻りを片づけて、当日採寸してもらい、カタログからこちらが望むデザインを選び…なんてことをしていたら、時間もお金もかかりそう。

ということで、サイズを自分で測り、可能であれば既製品で済ませ、無理ならネットでオーダーしようと決めました。

既存のカーテンの幅と丈を測り、ネット検索。
とりあえず、丈の数値とレースカーテン を入力。

当然ながら、自分が望む結果は得られませんでした。しかし、ひとつ収穫が。カーテン探しの鉄則として、何よりも先ず、「カーテンのサイズの正しい測り方」を理解し、計測することが重要だと知り、それに則って
①幅=カーテンレールの長さ(2つの固定ランナー間の距離:フックをひっかける左右一番端っこの、動かないパーツの距離)÷2
②丈=固定ランナーの穴の位置から床までの長さから1cm引く(ガラス窓が下まである場合)
の数値を出しました。幅は、少し余裕がないと真ん中でカーテンが足りなくなるとおかしいので、少しプラス。

ニトリやベルーナなど、思いつく値段が安そうなイメージのネットショップを覗きましたが、デザインもサイズも既成品では選択肢が少なすぎて、合うものがありません。
条件を絞り検索していく中、カタログ通販で有名なセシール(cecile)が展開しているカーテン専門の通販サイトを発見。
ファブファブ(FABFAB)です。

まず、デザインの選択肢が多い点が気に入りました。他のショップでは、レースカーテンの既製品の場合、機能性重視で、デザインは二の次。相当な妥協を強いられそうな気配がありました。

そして、肝心なサイズ。その選択肢の多さに驚きました。幅・丈合わせて99サイズ。「これが既成?」と驚くほどの多さです。
まさに、よりどりみどり。

幅は 100・130・150・200 の4種類が用意され、
我が家のサイズ 150で選んだ場合、丈だけで23種類ありました。

その中で、実測値よりも若干短い218cmにしようか、それとも長い223cmがいいのか迷いましたが、
「サイズの測り方」の説明文中に
レースカーテン用フックでは、長さを-4.5cm~+1cm 調節可能とあり、223cmをチョイス。

結局、既存のカーテンサイズとほぼ同じでした。

機能は、UVカット・ミラー(外から中が見えにくい)・防炎効果を選択。当初、遮熱・保温を考えましたが、窓が南向きで、真冬でも晴天の日には部屋が暖まり、暖房がいらないことを考えると、遮熱してはダメだなと考え直しました。

私が選んだものは、2枚一組で税込2,561円~8,116円。選んだサイズでの価格が7,000円未満で、初回特典で500円引き。
相当お安いんじゃないでしょうか。

在庫があったので、注文から約1週間後に家に届き、さっそく取り付けてみました。
カーテンが真っ白!洗ってはいても、以前の物は色がくすんでいたことに気が付きました。そして可憐な花柄が、窓越しの木々の緑に映えて、美しい景観を作り出しています。見慣れた景色が、リゾートホテルの景観に格上げされたような、素敵な印象に。

前のカーテンがダメになってくれて、ありがとう。なんて思ってしまいます。
FC2 Blog Ranking

紙に咲く花々 

今まで、幾度となく
美しい「」製品への私の憧れや愛情を書き連ねてきましたが、
最近 大変気に入っているお店があるんです。
イタリアのKartos社の製品を幅広く取り揃え、心温まる対応ですっかりはまっている
イタリアンセレクトショップ「BELLA DANNA」さん。
大阪でカフェ&セレクトショップを運営されているイタリアを愛するオーナーさんによるネットショップです。

過去の記事Rossi に恋する~その1 に書いた
Rossi社の紙も素敵ですが、価格設定が若干高め。
これに対し、Kartos社は、良品がリーズナブルな価格で買える。という印象があります。

そして、私が初めてイタリアの紙製品に心ときめいたのが、
まさにKartosのメッセージカードでした。
20年くらい前にイタリアの土産物屋で見つけた
「MEDICEA メディチェア」(意味:メディチ家の)柄、10枚のメッセージカードと同数の封筒が付いて、当時は700円くらいだったかな。
その1年半後、スイスのロカルノ(マッジョーレ湖畔のロカルノ映画祭で有名な町。イタリア語圏)の文房具店で「MEDICEA メディチェア」やユリの紋章柄、さらに他社のレターセットを見つけ、大量購入。

その後、北イタリアやシチリアなどイタリアに行く度に文房具店で探しましたが、残念ながら一般的な店には置いてありませんでした。フィレンツェ近郊ならばあるのかもしれませんが。

国内では一度、丸善でミニメッセージカードの10枚入りを買ったことがありますが、2,400円くらいした記憶が…

さて、「BELLA DANNA」ですが、
メッセージカードセットも、レターセットも税込1,000円で、国内の他のネットショップと比較して、良心的な価格設定です。

ラッピングペーパーが内税で250円というのも、嬉しいです。

NHKのドラマ10 多部未華子さん主演の『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』を観ていると、手紙が無性に書きたくなります。

先月買った「CIPRO チプロ」(意味:キプロス)のメッセージカード。一枚目は、どなたへのお手紙としましょうか。
  
 ・関連記事紙好き、至福の時
FC2 Blog Ranking