サヴァラン好き~その3 

森茉莉のエッセイ集「貧乏サヴァラン」をたまたま本屋で見つけたことに始まった

サヴァラン好き~その1 、そして
サヴァラン好き~その2

茉莉ワールドの甘美な味を知ってしまった私は、次から次へと彼女の作品を読み漁っています。
遂には、彼女の兄や弟が執筆したものにまで手を伸ばし、このまま行くと、
彼らの父親 森鴎外の作品を再び読み始めるかもしれません。
 ・参照森於菟(茉莉の異母兄、解剖学者)作品
     森類(茉莉の弟、随筆家)の作品
     小堀 杏奴(茉莉の妹、随筆家)の作品


さて、ここまで話を進めてきて、何を今更?という感じになってしまうのですが、最初の最初、本屋で
「貧乏サヴァラン」というタイトルを見つけたとき、私がその本に手を伸ばさずにいられなかったのは、
美食家のブリア・サヴァラン(Jean Anthelme Brillat-Savarin)の名に「貧乏」をくっつけたそのタイトルのユニークさから、読む前であったにもかかわらず、著者の粋なセンスと、類まれなこだわりを嗅ぎとったからなのですが、それだけではなく、
私は無類のサヴァラン好きだったから。サヴァランと言っても、洋菓子のサヴァラン(サバラン)です。
 ・これ参考画像

その名前も、元はブリア・サヴァランにちなんだネーミングなんですよね。

そして、チーズにもサヴァラン(ブリア・サヴァラン)がありますよね。
 ・これ参考画像

こうなると、森茉莉と私を結び付けてくれたブリア・サヴァラン様にお礼を言わなくてはいけませんね。
ありがとうございました。大先生!! 貴方はすばらしい! 
最高です!

これはウソではないですよ、サヴァラン様。
たとえ貴方の誕生日が4月1日でも。
 ・参照ブリア・サヴァラン(Wikipedia)
 ・関連記事森鴎外と娘たち展
        横浜で森鴎外 
        詩と映画からアート
        読み応え十分の捜索ドキュメント
FC2 Blog Ranking

本日の日記日記

ハチミツと苺 

2008年になって初めての記事となります。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、新年を迎えて早くも一週間。しかし未だにおせち料理の残り物が食卓に上っています。
先週の土曜日、昼間のTV番組で、おせちの残り、例えば黒豆や伊達巻、唐揚げなどを油揚げに詰めて、おでんの袋物として味わうなんてことをやっていましたが、本当に美味しいのかどうか疑わしくて、我が家では試していません。その代わり、余った栗きんとんを試しに食パンに載せて食べてみたところ、事の他美味で、すっかり気に入ってしまいました。

今でこそ、食パンに塗るのはジャムだけですが、そういえば子供の頃には、お腹がすくと、いろんなものを食パンに塗ったり載せたりして、食べていましたっけ。よくやったのは、マヨネーズ。マヨネーズは、ご飯のお供にもなって、昔は一家でかなりの量を消費していました。
それから、お彼岸におはぎを作るときなどにあんこを炊くと、あんこを食パンに載せて食べたりもしましたね。
あんこ+パン=アンパンになるわけですが、市販のアンパンとはまた違った味わいで、好きでした。

当時は、食パンをトーストしないで、軟らかいパンに何かを塗って食べる、というのが大好きで、マーガリンやジャムを塗る場合も、そのまま塗っていました。そして、ソントンのジャム命!という感じで、イチゴジャム、ピーナッツクリーム、チョコレートクリームの3種類は、常に冷蔵庫に入っていましたね。瓶詰めではなく紙のカップで、確かその蓋(?)を集めて応募して、何かをもらったようなはずれたような記憶も。ソントンのホームページを見てみると、あれから随分と種類が増えているんですね。マンゴージャム、バンホーテン・ココアクリーム、黒ゴマクリームなんてものもありました。
 ・こちらソントン(SONTON)

昨年、クリスマスプレゼントの一つとして、ベルリンに住む友人が、「イチゴ味のハチミツ」を送ってくれまして、今年になって、やっとそれを食べる機会が訪れました。見た目は真紅の、伸びの悪そうなかたまりに、所々イチゴの種のブツブツが見えていて、トマトペーストに似た感じ。食欲を誘わなそうな印象の悪さ(友達よ、ゴメン!)。原材料は、9割がハチミツで、中に、濃縮イチゴ、ココアバターが練りこまれたもので、恐る恐る食べてみると…

美味しい!!

見た目に騙されてはいけないですね。イチゴの色に隠れていますが、これはハチミツ。しかもイチゴ味で、ココアバターの旨みも加わり、いい感じ。こういうものって日本でも売られているのでしょうか?


ハチミツつながりで、
昨晩からドラマ「ハチミツとクローバー」が始まりました。
原作も映画も見ていないのですが、期待していた番組です。昨年壊れたDVDレコーダー(過去の記事思いがけないプレゼント~その1)も、修理を終えて無事戻ってきているので、毎週火曜9時~ フジテレビをさっそく予約しました。
 ・参照ハチミツとクローバー(フジテレビ)

が、初回を観たところ、ちょっと期待はずれ…
10時からの「あしたの、喜多善男」の方が、遥かに面白かったです。
 ・参照あしたの、喜多善男(関西テレビ)
FC2 Blog Ranking

日記日記

女性の味方 SOYJOY Feプラス 

日頃くじ運の極めて悪い私、珍しいことに10月1日(月)発売
SOYJOY Feプラスの試食モニターに当たったんですよ。

CMでもすっかりお馴染みのSOYJOY、2006年5月にたまたま乗ったタクシーで頂いて以来、ちょくちょく食べています。
 ・その時の記事タクシー乗ったらもらえたよ

SOYJOYは、エネルギー量が1本あたり126Kcal~137Kcalと少ないし、20mg前後のイソフラボンを含み、値段も121円とリーズナブル、そして何と言ってもおいしいから、小腹がすいた時に食べているわけですが、新製品のSOYJOY Feプラスには、名前でもわかるように鉄分を1本当たり5mg含んでいるんです。

貧血気味の私には、嬉しい限り。SOYJOY Feプラスのプレスリリースによると、成人女性の1日の鉄分摂取推奨量は10.5mgとされているものの、実際には、20~30代女性の1日あたりの平均摂取量が約7mg(厚生労働省「平成16年国民健康・栄養調査」)だそうです。
 ・参照「SOYJOY」の新しいラインアップ(大塚製薬)

鉄分をサプリで摂っている方も多いでしょうが、栄養素はなるべく食品から摂りたいなと思っている私には、嬉しい鉄分補給方法となりそうです。

ところで、そのお味ですが、プルーン、パイナップル、クランベリーなどが入っていて、おいしいですよ!

普段SOYJOYは、食べたい時に1本ずつ買っていますが、大塚製薬のネットショップでは、箱買いができるようですので、箱で買っておくのも便利でいいかなと思います。
 ・参照SOYJOY公式サイト
SOYJOY【大塚製薬の通販】
FC2 Blog Ranking

日記日記