小さな布の薔薇 咲いた! 

肩幅の広い私に合う素敵な服を見つけにくい、ということを以前
スペインメーカーの服をまとい、イタリア家電に救われる~その1」の中で書きましたが、
サイズの問題があるからなのか、一目ぼれしてしまう服 との出合いが最近全くないのです。

金に糸目をつけねぇぜ! ってスタンスで、ブランドショップやセレクトショップをくまなく観て回れば、何かしら見つかるのかもしれませんが、そもそも服を購入するくらいなら、そのお金で本やCDを買ったり、ステーショナリーにお金をかけたり、コンサートや美術鑑賞に行きたい、と私思っていますので、買う必要に迫られなければ、わざわざ高級店には行きません。

ですが、15年くらい前までは、スーパーマーケットレベルの店でも、素敵で、一目ぼれしちゃう服が、けっこうありました。しかもリーズナブルなお値段で。

その一つが、20年くらい前に購入した 麻+レーヨン+少しポリエステル でできたカーデガン風ジャケット。襟とボタンなし。
春から秋にかけて、ちょっと肌寒く感じた時に羽織れて、しかも軽いので、頻繁に着ていました。

ところが、着ているときに何かにひっかかってしまったのか、肩の下あたりに小さなほつれが。

穴はかろうじて開いていませんが、近くで観るとほつれがわかってしまいます。そうなって以来着なくなり、そのままタンスの奥へ。

同じような上着が欲しくて、ことあるごとにお店で探しましたが、なかなか あの質感のジャケット、ありません。
カーデガン特有の圧迫感がなく、体のラインが出づらく、それでいて綿のジャケットよりもしなやか。

最近、タンスの整理をしていて、10年以上ぶりに、そのお気に入りに再会。

やっぱり素敵

そこで、ほつれ部分の上に、何かアップリケのような、もっと洒落た何かを縫い付ける、もしくはアイロンでくっつく接着材を用いて、上手く補修できるのではないかと考えました。あたかも、もともとそういうデザインですよ、という風に。

理想は、NHKの朝ドラ「べっぴんさん」のオープニングに出てくる、レースのような花形の飾りとか何かそういうもの。

最初、「フェルト以外 アップリケ」で検索してみたのですが、いいものがなくて、「バラ 布」とかいろいろ検索していく中、やっと見つけたのが
巻きバラ*葉つきモチーフ 淡色 10個入り

花の部分だけだと、直径1センチくらいのとても小さな「布の薔薇」ですが、布にテカリがあり、質感が良く、予想以上に上品で綺麗なバラです。

ほつれ部分に1個だけ付けるのでは、その部分が目立ってちょっとおかしいので、他の部分、2か所にも
強力熱接着補修シートを用いてアイロンで「布の薔薇」をくっつけて、素敵に仕上がりました。

大成功!

今回私が布の薔薇を購入した『まんま母さんのりぼん』というネットショップ、
クリスマスリボン
結婚式*くまのペアぬいぐるみ
なども売っていて、商品を観るだけでも楽しめます。

お花モチーフ
は、もう少し大きいバラや、他の花もあり、今後、また利用させていただくかも。
FC2 Blog Ranking

化粧水断ちは無謀だった 

体調不調の際に、化粧水をつけずにいて、肌のコンディションがむしろ良くなったと書いた前回 「化粧水断ち、ただいま実践中
あれから体調が戻り、化粧水をスルーしてクリーム、さらに日焼け止めと塗るという基礎化粧法。最初のうちは調子が良かったものの、クレンジングを日々重ね、日焼け止めを日々重ねていくうちに、目の周りや口の周りにが、しわっぽくなってきてしまった。
最小限の化粧水を、指でつけてみたが水分不足は改善されず、以前の通り、コットンでしっかり水分補給。

たまにやる分には、化粧水断ちも有効なのかもしれないが、乾燥肌の肌コンディションを無視した断食はあまりにも無謀でした。
FC2 Blog Ranking

ジャスミンに囚われて 

今までに何度か、「ジャスミン」をテーマに書いたことがあった。

自身でブログ内検索をしてわかったのだが、
2年前の2013年には
ジャスミン香る悦楽のカフェにて」と題し、
仏人俳優・歌手でもある
パトリック・ブリュエル(Patrick Bruel)が歌う
「Au Café des Délices (悦楽のカフェにて)」について、
あの時節ならではの感想を記しているし、

さかのぼって9年前の2006年の
メッセージ for you.」には、
>1年前の今日、私はジャスミンの香りをテーマに記事を書いていました

と記載している。
さらに文章は続く。
>この1年で(中略)ブログの楽しさにどんどんはまっているところです。

ということは…2005年が、このブログの最初の年。つまり、
2005年5月から このブログを書き始めて、今年で丸10年なのだ
今日気が付いた。

では、そもそも何故、今日「ジャスミン」という言葉で検索したくなったのか、これからお話ししましょう。


ごく最近、通院している病院が移転した。手狭だった従来の場所から、フロアが広く、最新式のシステムを導入した綺麗なクリニックへの転換で、建物が変わり、最寄駅も変わるために当然通う道も変わる。
それまで毎年5月、年1回のお楽しみにしていた あるお宅の前に漂う 庭に茂るジャスミンの花の香りだが、来年からは愉しめなくなってしまうのだ。それが残念でしかたない。
移転を知ったその日に、何故だかそんなことを最初に思った。

そういうことも、多少 影響していたのか、自覚は無いのだが、
香り付きのサボンドマルセイユ(マルセイユ石鹸)で、洗髪してみたいなと ある日思い立ち、ネットショップの商品ぺージをいろいろ見て回り、甘いバラの香りや心地よいラヴェンダーの香りなどをイメージし、人気の高いこの2つに食指が動いた。でもいざ香りを選ぶ段になったとき、最終的に選んだのが

サボンドマルセイユ ジャスミン(マリウス ファーブル社製

そして届いたジャスミンの石鹸。
開封前から予想を上回る強い香りに、クラクラしそう。
そして、あの歌 「Au Café des Délices (悦楽のカフェにて)」が無性に聴きたくなり、しばしエキゾチックアラビアンの世界にどっぷり浸かる。

蓋つきの石鹸入れに移し部屋に置いておくだけでも、ふっと何かの瞬間に漂う香りを感じる。
ジャスミンの精油の香りなので、凝縮された分 花の香りよりも自己主張が強い。昔、この香り(精油の香り)をどこかで嗅いだことがあるような気がしてくる。

母の香水?
化粧品?
あるいは…?

何時?
何処で?

思い出せそうで、思い出せない。
すると、思い出したい、という気持ちが募る。

こうやってジャスミンは、いつまでも私を放さない。
FC2 Blog Ranking