花の館 

いつも朝通る路地に、よい香りのする家がある。その香りは玄関先に咲いているジャスミンの花。はじめその香りに気づいたとき、寝ぼけた頭がシャキッとし、だけど香りの源を目で追うだけの元気がなく、そのまま素通りしてしまった。翌日もやはり、その香りに気がついた。そして、やっと白いジャスミンの花を確認することができた。ジャスミンの高貴な香りを嗅ぐことができる私の数歩は数秒間だが、この香りが、今日一日が気持ちよく過ぎてくれるように、私を守ってくれるような気がしてくる。

FC2 Blog Ranking

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/9-edf8398a