スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

旅先のoh my God!~第1話<その2> 

griptone_1855_6336955[1].jpg成田でのチェックイン。いつものようにスルーチェックインをした私。それが失敗だったことに気が付いたのはチューリッヒ空港のバゲッジクレームに着いてから。察しのいい人ならお気づきかもしれませんが、スイスエアーでチューリヒに着いた後、チューリッヒで1泊してから、翌日チュニジアへの便に乗るという行程だったにもかかわらず、私はスルーチェックインしてしまったため、荷物はバゲッジクレームで吐き出されず、飛行機から飛行機に移されてしまったのです。Oh, my God! これはまずい。1泊ぐらい、スーツケース内のものがなくても、なんとかなるか?一瞬そう思ったが、母親の化粧道具やピンカールセットもスーツケースに入れたことを思い出して、毎日化粧を欠かさない老年期に入りつつある母にガマンを強いるのがかわいそうになって、ツアーのほかのお客さんたちに申し訳ないと思いつつ、添乗員に、スーツケースを戻せないか恐る恐る聞いてみた。すると、そのお願いに「ウソでしょ?」という感じで反応したのが、現地の女性日本人スタッフ。申し訳ないという気持ちはあったが、恥を承知で、「できることなら、スーツケースを取り戻したい」と主張。「じゃ こっち来て!」中年のその女性スタッフは私を連れて空港職員に何やら聞いて、立ち入り禁止の扉の中に入っていった。fouku_02[1].jpgエレベーターで下の階に下りて行き、途中で荷物を運ぶフォークリフトに乗せてもらい着いたのが、カバン類を含めた航空貨物の集積場

いまだかつて見たことの無い、空港の完全なる裏側に来たのだ。長い通路が続き、いくつもある荷物の出入り口からは、続々と荷物が中に入ってくる。

一瞬、社会科見学に来た子供の気分になったが、そんな流暢なことをやっているわけにはいかない。スーツケースを探さねば。決まり悪そうに、一人で他の客と共に待っている母の顔が浮かぶ。

翌日乗る予定の飛行機の荷物置き場がわかった。あったあった 私のスーツケース!ほっとしたのも束の間、急いで空港のロビーに急いだ。

ほかのお客たちに迷惑をかけてしまったが、同行者の中に、機内で気分が悪くなって、医務室にしばらくいたお客がいて、私が戻った頃に彼らも戻ってきたようだったので、罪悪感が少し軽減されたかな?

そして私たちはバスに乗り込み、市内のホテルに向かった。

ごめんなさい 皆さん!

しょっぱなからこんなトラブルというかドジ。先が思いやられるなぁと思ったが、幸いにして、数日間は何事もなく過ぎてくれた。ところが、ジェルバ島で、ヒヤッとする出来事に遭遇する。

       つづく
FC2 Blog Ranking

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/88-9f73d1f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。