スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

紙好き、至福の時 

ノートに本、レターセットや包装紙…

ペーパレスというこのご時世に、その流れに逆行するように、いや、紙が排除されているからこそむしろ渇望感が増して、年を追うごとに益々「」好きになっている私。

紙のない生活なんて想像できない。ゆえに今までに何度か、紙にまつわる出来事を、ブログの中で書き綴っています。

・メッセージカードを話題にした:春を呼ぶティーカップ
・プレゼントに選んだ紙製の箱:思い出をしまう小箱
・本屋のカバー(書皮)の話:象で飾られる日を夢見て
・古書修復や装丁への情熱を書いた:本の修復にいそしむ
・プレゼントした和製の紙製品:和を贈る~その2
・イタリアRossi社の紙製品:Rossi に恋する~その1 など。

先日、時間調整のために入った本屋でこの本

紙さまの話: 紙とヒトをつなぐひそやかな物語」を見つけました。

エッセイスト 大平一枝さんが取材し、
「紙」を愛する人々の「とっておきの紙製品(例えば、ヴェネツィアの製本屋が特別に作ってくれた紙のオリジナル見本帳だったり、画材屋が手製のバレンで店のロゴを刷っている包装紙だったり、各国のトイレットぺーパーの包装紙コレクションなど、多種多様)」との出合いの話、その人物の人生観、哲学までもが透けて見えるような逸話の数々、唯一無二の商品を世に送り出している作り手側の話などをまとめた
紙への熱烈な愛が詰まった一冊です。

観たことのない(あるいは観たことを忘れた)1970年の大阪万博の入場券の写真に心躍らせ、2020年のチケットはどんなデザインになるのか想像を膨らませ、ペンギンブックスのデザイナー コラリー・ビックフォード=スミスがデザインした、まさに私好みの本の表紙の美しさに息をのみ、昭和初期に使われていた襖紙の模様に懐かしさを覚え…すっかりこの本の虜に。

紙好きの方にはおすすめです。

 ・関連記事紙に咲く花々
FC2 Blog Ranking

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/770-c47ea033

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。