スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

思い出のおしゃれ着が蘇った 

久々に衣装ダンスを整理して、普段は手を付けずそのままにしておく あるおしゃれ着のカバーを外してみたところ、その変わりように言葉を失った。

それは、もう何年も前に、妹の結婚式に着るためにフィレンツェで購入したジャケット。
ESCADA社のブランド Laurèlの生成り色のものだが、
薄茶色の染みが点々と。しかも無数に、前も後ろも袖にも、あらゆるところに…

結婚式の後、数回しか袖を通しておらず、着た後にクリーニングに出したとは思うのだが、袋に入れたまま洋箪笥に吊るしてあった。
当時は衣装管理に無頓着で、特にクリーニングに出すものは、出しに行く所から、戻ってきてからも全て母親任せにしていたのがまずかった。
戻り次第 一度袋から出して、陰干ししてから袋に入れなおすのがいいと言いますから。

こんな染みだらけでは、捨てるしかないかなぁと、あきらめムードに。
しかし、一縷の望みにすがり、ネットで見つけた
染み抜き科学研究所という、専門業者に頼んでみることにした。
NHKなど、いくつかのメディアで紹介されたことがあるようだ。

この「染み抜き科学研究所」のシステムはいたって簡単。
公式サイト上にある「染み抜きカルテ」に必要事項を記入し、プリントアウトして、染みのある部分を書き加えたものを添えて洋服を送る。すると、先方で染みの状態を観て、部分的な試し漂白など行い、見積もりをメールで送ってくる。
同意すれば、作業が開始され、同意しない場合は、負担金額は送料のみで洋服が戻ってくる。

凡その金額は、サイト上に掲載されているので、それをあらかじめ観ておけば、想定外の金額が提示される恐れはない。
私の場合は上限金額にあたる5,000円だった。その金額に送料が加算された金額+消費税を、洋服が仕上がって自宅に届く際に支払えばよいのだ。

私のジャケットは、送ってから1ケ月ほどで戻ってきた。
染みが完全に消えていた。ウソみたいに。

数万円する、思い出深い(初めてのイタリア旅行中にフィレンツェで購入。さらに言うと、購入後にホテルに戻るためにバスに乗り、迷子になったことが、イタリア語を真剣に学ぶきっかけになった。しかも妹の結婚式で着た)ジャケットを捨てずにすんで、大満足。
 ・参照記事世界への扉~その1

FC2 Blog Ranking

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/763-652ad8b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。