Rossi に恋する~その1 

4月に書いた「花の都 金貨の都」の中で、
イタリア ROSSI社(ロッシ)製の包装紙について少し触れましたが、その後、自身の誕生日プレゼントに
ROSSI社(正式にはROSSI 1931)のカードセットボックス缶を
・参照カードセット Venice (Vnezia)(米・加向け公式オンラインショップ)

ドイツ在住の友人にリクエスト。何故か今はもうなくなっちゃったのですが、リクエストした時点では、amazonドイツでも販売していたんです。
友人は、このカードセットに加え、ありがたいことに同じ柄のA5ノートもプレゼントしてくれました。
そのノートの美しさと言ったら!!!

ノートにまだ何も書き出さぬうちから、使い終わった後、同じ柄、もしくは別柄の同型ノートを自分でどうしても買いたいからと、日本で購入可能なお店を早くも検索。

すると、ありました!
・こちらtrenta

伊東屋あたりに行けば、売っているのかもしれませんが。

ショップの商品説明の中に以下の説明文が。
「ノートに使われているデザインは15~16世紀(ルネッサンスや大航海時代)に使われた版を、昔ながらの印刷機で作り復活させた限定版」

その版についてさらに詳しい内容を知りたいと思い(例えば、特定の〇〇家の御用達だったとか、誰のデザインなのか、もともとは何用に印刷されたものなのか他)、
 ROSSI 1931公式サイト内を一通り観てもわからず、質問メールを出してみることにしました。

 つづく

・関連記事紙好き、至福の時
       紙に咲く花々
FC2 Blog Ranking

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/753-046e1f26