国会図書館の電子書籍を試す 

本読書は完全に紙派の私ですが、
文化庁ebooksプロジェクト」なるもので、国立国会図書館保有のデジタル化された資料の一部が電子書籍化されて、
実験的に3月3日(日)まで無料配信されていると知り、早速試してみました。

紀伊國屋書店 BookWebから、

文化庁ebooksプロジェクト』のページに入り、
気に入った電子書籍を購入する(0円)という手続きを踏みます。

ただし、事前にBookWebの登録(住所・氏名・メールなどの登録のほかに、クレジットカードの情報を入力する必要があります)
さらに、「Kinoppy」という紀伊国屋の電子書籍アプリを無料インストールしておかないと、読むことができません。
 ・参照電子書籍の利用方法


ebooksプロジェクトのページを開いていただくと分かりますが、
今回公開されている13作品は、

宮沢賢治の童話に詩集、
芥川龍之介 「河童」「羅生門」
永井荷風 「腕くらべ」
柳田国男 「遠野物語」
夏目漱石 「硝子戸の中」

さらに明治時代に出版された
「グリム童話 おおかみ」

1765年に出版された「絵本江戸紫」
1798年の写本「平治物語 絵巻」、
かつての発禁本など多種多様。

最初に、ほとんどの作品をいっぺんに無料購入し、
絵本や絵巻など目で楽しめる作品から読み始め、
次は小説を…

と、荷風の「腕くらべ」や漱石の「硝子戸の中」を途中まで読んでみたけれど、
目がひどく疲れて断念。

日にちを置いて再チャレンジをしましたが、私には無理です。集中できない。目が痛い。

やはり私は、でないと駄目なようです。
ブログ程度の長さであれば読み切れるんですけどね。

紀伊國屋書店 BookWeb、2月28日までに新規登録すると、
100ポイントもらえますのでお得ですよ。
(通常100円で1ポイントなので、100ポイント貯めるには1万円の購入が必要です)
電子書籍をタダで手に入れ、100ポイントもらえて、ポイントの有効期間(翌年12月末日まで)に何か本を買うと、100円引きになるんですから。
但し、amazonと違って、税込価格1,500円未満ですと、送料とられますので、要注意。
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/713-562004ff