スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

調剤薬局の詐欺まがい行為にご注意を!~その3 

調剤薬局の詐欺まがい行為にご注意を!~その1
調剤薬局の詐欺まがい行為にご注意を!~その2 の続きです。

帰宅後、いつものように病院の領収書と薬局の領収書をホチキスで綴じ、領収書入れとして使っている箱の中へ…
の途中で手を止め、
今回は病院の夏休み前のため、通常よりも処方された薬の日数が多くなっていて(薬の量が多い)、当然ながら支払額も多いため、念のために以前一度だけ同様の日数で処方された際の金額と比べてみました。

あれ?薬局へ支払った金額が、なぜか今回は多くなっています。数百円分。

これは、後日薬を郵送してもらう際の手数料? まさか! そんな説明は一斉受けていません。
何故だろう?

本来ならば、ここで会計の際に発行される「保険調剤明細書」を観ることで、疑問が解けるはずですが、今回明細書はもらいませんでした。

この薬局に通い始めて2回目のとき、毎回出してもらう薬は同じなのに、行くたびに薬の説明書(写真入りの用紙)を貰うのは紙の無駄遣いだなと思い、薬が変わらないのであればこの説明書は必要ないです。と申し出ました。
すると、対応した薬剤師が明細書はどうしますか?と聞くので、同じ内容ならばけっこうです。と答えました。

それ以降、私が今回は発行してください。とお願いしない限り、処方の日数が変わろうとも、他の薬が加わろうとも、明細書がもらえません。
今回は在庫が足りず、今までとは異なる薬(郵送してもらう薬)が数日分出されることになっていますが、薬価、つまり薬の料金は同じだという説明を受けましたので、明細書をもらわずとも大丈夫だろうと思い、催促しませんでした。

金額の違いの原因を知るために、翌日薬局に電話をし、今回の明細書と、以前同じ日数で処方された際の明細書をFAXしてくれと頼みました。

2つの明細書を比較してみると、郵送の有無は関係ありませんでした。今回のみ「内服薬調剤料」が別個に派生しています。以前のものは、同じ日数で、同じ飲み方(例えば1日1錠ずつを朝晩、1日2錠)の薬は別の薬も一つにまとめて「内服薬調剤料」が加算されていて、そのグループの中に例の薬も入っていました。

薬局に電話をし、その点を確認したところ、今回は××日+△日と分かれているので「内服薬調剤料」が新たに派生したのであって、次回は同じ薬を日数分出すことができるため派生しない。との事。

その場では「次回は派生しない」の言葉に安堵し、そのまま電話を切ってしまったものの、よくよく考えると、薬局で会計の際に、そういう説明が一切無かったというのはおかしいし、明細書も貰っていないのだし、実を言うとその薬は家に何日分か残っていたので、在庫がないと言われた時、××日+△日という変則的な薬の処方ではなく、新たに注文してもらう薬オンリーで処方してもらい、後で送ってもらうという選択でもいいかな、と一度考えていたんです。しかし、中途半端に薬局に薬が残ってしまうのは気の毒だし、私の後に同じ薬を求めてやってくる誰かが、私と同様の戸惑いや不愉快な思いをするのだろうかと考えると、薬局の在庫分を私が全て引き受けて、足りない分を他の薬で補うというのが最もスマートかなと思い、そうしました。
ところが、その親切心が災いし、プラス数百円、余計に金を取られたのです。しかも、私がたまたま領収書を以前の物と見比べたからわかったものの、そうしていなければ、あるいは前に同じ日数で処方されたことがなかったならば、いつもより多く取られていたことさえ気が付かなかったでしょう。病院で発行された処方箋の日数が××日以内であれば、生じなかった問題です。

納得いかない!
在庫が足りなかったのも、薬が製造休止になったのも、私もせいではありません。あくまでも製薬会社と調剤薬局の都合でそうなっただけ。なのに、なぜ私が負担しなければいけないの?

たかが数百円とはいえ、おかしいではないか。患者がこんな思いをしていいものか?
そこで私は…。

  つづく
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/686-4b98229e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。