スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

調剤薬局の詐欺まがい行為にご注意を!~その1 

以前、プロバイダの契約プラン変更に伴い、トラブルが生じた時、
大変親身に対応してくださった消費生活センターの方のお力添えで、何とか希望通りの解決に至った、ということがありました。
 ・参照記事消費生活センター、私の場合

また、ネットショップで買い物をし、お店からの注文確定メール受信後に郵便振替で前払いしたのにもかかわらず、後日、商品の在庫がないという連絡を受けて…なんてトラブルに見舞われたことも。
 ・参照記事波乱のバッグ選び

しかし、今回のトラブルは、前の2例よりも悪質で、詐欺まがいと言えるのではないかと思う程のたちの悪さ。厳密にいうと、2つの調剤薬局による、それぞれ別の手口による詐欺まがいです。


私は持病があって長年通院しているのですが、それまで院内で出されていた薬が、医薬分業の政策に則り、今年に入ってから院外の調剤薬局で薬を受け取る形となりました。何種類かの薬の中には、一般の薬局ではあまり扱わない薬も含まれているため、すべて揃っているという病院近くに新たにできた薬局へ行きました。

初めて調剤薬局に行くと、いくつかの質問が並んだ用紙に必要事項を記入してくださいと言われますよね。そこでも記入を求められました。
質問の中には、お薬手帳に関する項目もあり、現在使用していない私は、「手帳を持っていない」に○をつけ、「ここで発行してほしいか」には×をつけました。

自分の順番が来てカウンターに行くと、薬剤師がいきなり「お薬手帳作りましょうね。」と言うのです。アンケート用紙には不要と書いたのにもかかわらずです。私は拒否しました。それに準じたものを自分で作っているので不要だと言ったのです。
しかし薬剤師は執拗に「せめて薬名のシールだけでも」と強引に、用意された袋に薬名がプリントされたシールを入れるのです。そこまでするならと、シールが入ったままにしておきました。

お会計で金額を聞くと、想像していた以上に高額です。薬が院内から院外処方になった以上、ある程度の加算は仕方がないと割り切っていましたが、病院に通う度に、毎回これだけ多く取られていたら、年間にしたら相当な額になるなと思いました。

調剤薬局に支払う額は、薬局の規模や立地条件によって多少上下しますよね。

そこで、他の薬局で、自分に必要な薬の取り扱いをしているかどうか尋ね歩くことにしました。
病院に比較的近く、しかも利用駅にも近い薬局で問い合わせてみると、一種類だけ扱わない薬があるものの、取る寄せることも可能だと言われましたので、後日改めて連絡することにしました。

自宅の最寄りの駅付近にも数件 調剤薬局があるので尋ね歩きましたが、残念ながら欲しい薬を扱っていないか、もしくは薬効が同じでも金額のかさむものしかなかったりと、思い通りの薬局はありませんでした。

最後に一軒、駅から少し離れた、お客も少なそうな調剤薬局を訪ねました。
やはり扱っていないとの事でしたが、取り寄せることもできると言ってくれました。私が訪ねた時、他の客がいなかったので、保険調剤明細書を薬剤師に見せながら、調剤技術料(技術料点数)の不明な点について、少しお話を伺ってみることにしました。
調剤基本料基準調剤2)の点数が70、つまり700円(実際にはそれの3割負担となります)となっていて、
さらに薬剤情報提供料が15(150円)となっています。

薬剤師さんによると、調剤基本料は通常40(400円)だが、多くの薬剤を扱う薬局の場合+30(300円)が付けられる。薬剤情報提供料は、お薬手帳に薬名シールを貼る場合に派生する。

つまり、あの強引なやり口(薬名シールを袋に入れて引き取らせる)は、薬剤情報提供料を加算したいがための行為だったのですよ。負担金額たかが45円の差(150円の3割)ですが、許されざる行為です。

追記:2012年4月から平成24年度調剤報酬改定及び薬剤関連の診療報酬改定により、従来の「薬剤情報提供料」15点=150円が廃止され、代わりに30点=300円だった「薬剤服用歴管理指導料」が41点=410円となりました。薬名シールをもらう・もらわない、お薬手帳に薬名シールを貼ってもらう・もらわないにかかわらず、料金は同じです。一方、薬価が総じて引き下げられました。
 ・参照厚生労働省保険局医療課 資料

結局、次の回からは、病院にも駅にも近い調剤薬局で薬を貰うことにしました。ご親切に調剤報酬点数についてレクチャーしてくださった最後に行った薬局でもよかったのですが、私の為だけに何種類かの薬を新たに手配させてしまうのは心苦しいからです。

病院にも駅にも近い調剤薬局は、基準調剤2の+30(300円)が付きませんし、お薬手帳に関しても特別何も言ってきませんでした。ここに決めてよかったと、ずーっと通っていました。
ところがある日、その薬局に裏切られる事態が。

  つづく
FC2 Blog Ranking

美容・健康ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/684-2fb12479

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。