スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

鮮烈な赤と、ビロードのような黒~その2 

鮮烈な赤と、ビロードのような黒~その1の続きです。

横浜美術館の企画展「ポンペイ展」を見終わり、出口を進み、同じチケットでそのまま見られる
「横浜美術館コレクション展」へ。

この美術館が収蔵する作品を、今年度3期に分けて展示するというもので、ポンペイ展の会期に併せて、コレクション展第一期の展示作品を見ることができるのです。

ペリーの横浜上陸の絵をはじめ、幕末から明治に来日した外国人が描いた作品がいくつも並び、横浜の美術館ならではのコレクション。もちろんそのほかにも、ダリやミロの作品、日本絵画など、有名画家の作品が数多く展示されていたのですが、
私にとって何よりも嬉しかったのは、

横浜が生んだ稀代の銅版画家 長谷川潔(はせがわきよし)のコレクションが多数展示されていたことです。
私は、長谷川潔の作品を愛していながら、ただの一度も実物を見たことがなかったのです。
長谷川潔 作品集
長谷川潔作品集」や、
ポストカードブック
PRINTART COLLECTION 長谷川潔」で、長谷川作品を観てはいたものの、それらは所詮 印刷物。実物を観て、この銅版画家の手で生み出された独特な世界にひき込まれ、
ビロード、つまりベルベットのような質感を持つ黒色と、白色と、その中間の重層的な色によって作り出された美に痺れました。

そこに他の色、例えば赤とか黄色とか、緑などは必要ないのです。

作品の一部には、色が付けられたものもありましたが、逆にしっくりこないように感じました。

フランスに渡り、古い版画技法:メゾチント(マニエール・ノワール)を復活させ、独自の様式を確立したと言います。
有名な、レースを用いた「二つのアネモネ」や、可愛らしい「狐と葡萄」などは秀逸の極みです。


ポンペイ展、単独でも確かに良かったけれど、長谷川潔の作品も同時に観ることができたこの満足感といったら

どちらも6月13日(日)まで。是非とも。いや絶対に、このチャンスを逃さないでくださいね。
 ・参照横浜美術館 公式サイト
FC2 Blog Ranking

art・芸術・美術学問・文化・芸術

コメント

私も

ポンペイ展に行きました。なかなか充実した展覧会でしたね。
そして私もオルサさんと同じように長谷川潔の作品に出会えたことが嬉しく、本当に出かけてよかったと大満足で帰ってきました。
以前、開催された長谷川潔展を見ることができなくて、ずっと気になっていました。「狐と葡萄」「二つのアネモネ」・・ポストカードでは見たことがありますが、やはり本物は素晴らしいですね。

さらさ さんも

いらっしゃいましたか。正直な所、横浜美術館の展覧会は、今まで、期待はずれが多く、そういうこともあって、行くのをためらっていたんですが、今回に限っては行って良かったです。

ちなみに、満足度の高い美術館は、横浜なら、そごう美術館、東京なら上野の都立美術館と国立西洋美術館です。
六本木の国立新美術館はまだ行っていないのでわかりませんが。(何度か仕事帰りに行こうと思いつつ、結局行けませんでした)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/647-d8212020

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。