スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

大好きな部屋のこと 

前の記事から、少し間が空いてしまいましたが、家の中の事で忙しくしていました。
においは匂いで断つ?の中で部屋の一部を改装するため、内装屋さんが出入りするようなことを書きましたが、その部屋とは
キッチンでした。

数十年前の改築後、キッチンの壁と天井は一度直したものの、床だけはそのままでした。冷蔵庫や食器棚など、重いものを動かさないといけないことや、煮炊きが出来なくなってしまう不便さを考えてのこと。そして何より、あえていじらなくとも、床に問題がなかったのです。

ところが、ここ1年くらい、所々きしむ箇所が出てきてしまい、なるべく不安な場所は踏まないように注意していたんです。それでも、次第にきしみ方が激しくなってきて、いつ床が抜けてもおかしくないような状況に。それで、遂に観念し、業者に頼んだという次第です。

床を土台から作り直し、ついでに壁にも手を加え、キッチン・キャビネットや換気扇を新調するといった内容でした。

工事が終わり、大変身を遂げたのが、壁でした。今まで塗り壁で、しかも白い壁だったので、シミがここかしこにありました。慣れって怖いもので、家族以外が見たら、さぞ汚く見えていたことでしょうが、ず~っと見慣れていた私達には、汚いという感覚がまるでありませんでした。ところが、生まれ変わった壁の、なんと美しいこと!調理スペースは今流行のキッチン・パネルを張り、その他の部分は薄ピンク色のクロスを貼りました。その薄ピンク色が大成功。光沢のあるグレイのキッチン・パネルとの相性が抜群で、しかもキッチン・キャビネットのホワイトに大変マッチしています。
今までのキッチンがいかに汚れていたか、よくわかりました。この感動的な美しさを生かすべく、テーブルの上に敷いていた透明のビニールクロスに替わる新しい美しいテーブルクロスを買いに行くことにしたんです。

ところで、壁の色、薄ピンクを決めるまで、どんな色がいいのだろうかと頭の中で思い描いたり、ネット上のキッチン画像を参考にするなどしていましたが、
絶対薄ピンクがいい!」と心に決めたのは、ある場所でのことでした。

それは意外にも、横浜市営地下鉄、車内。

地下鉄乗車中、何気なく壁を見てみたら、薄ピンク色でとても美しく見えました。今まで何度も乗っている地下鉄ですが、電車の内装をじっくりと観察したのは初めてでした。良く観てみると、薄ピンク色は目にも優しく、それまで候補に入れていた黄色やベージュ、オレンジ系の色よりも、遥かにステキに思えたんです。
後日、壁紙のカタログを観た時に、調度思い描いていたような色のクロスを見つけたので、それに決めました。

さて、今度はテーブルクロス選び。横浜駅の二つのデパートの内、タカシマヤの方が、種類が豊富で、10cm単位で購入できるものもありました。

目を引いたのが、南仏プロヴァンス・プリントの老舗 ソレイアード(SOULEIADO)のお馴染みの柄のテーブルクロス。中でも、壁の色と合いそうなのが、
この柄<楽天市場より>でした。

赤いテーブルクロスだなんて、クリスマス専用みたいで、派手すぎるんじゃないか?でも、白色だと、使ううちにシミができたら目立ちそうだし、黄色は薄ピンク色と合わないな。など、いろいろ悩みましたが、結局、赤で行くことに。
素材は、布に水ぶき可能な塩化ビニールコーティングされたものです。

さて、買って帰り、丸一日 陰干しをして、ビニール臭さを飛ばし、テーブルに掛けてみました。

何て、美しい!
瞬時にキッチンが南仏風に。
これはもう大満足。

ところが、問題が。





テーブルの上に、何も置きたくない。
カップも、お皿も、何もかも。


それじゃあ、テーブルとしての、機能が果たせないじゃないか!

だけど、だけど…。


そしてさらに、薔薇のキッチンマットも購入してしまいました。
美しさの点では、
白地の薔薇模様の方が上のような気がしますが、汚れが目立ちそうなので、ピンクをチョイス。

その他のキッチンマットも欲しくなってしまいますが、そこは我慢我慢。

お~、キッチンが、どんどん私の趣味の部屋のようになっていく~。
もしかしたら、これで、料理が好きになるかもしれない。
 ・関連記事ノンフライ、ノー天ぷらはナンセンス
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

いいかも

テーブルの上に何も置きたくない!
ああ、そう思わせる工夫って大事。
とにかくすぐいっぱいになってしまう、我が家のテーブル。
しかし、物に愛着のない人達なので、テーブルクロスを変えた事すら気がつかないかも…
来年は、料理に挑戦!オルサ・レシピお待ちしています。

碧さん

>来年は、料理に挑戦!オルサ・レシピお待ちしています。

わぁ~、これは、大変なことになってしまったぁ。と、いうのは冗談ですが、あの~、キッチンが新しくなってから、私、まだ火を使ってません(苦笑)。

あと、テーブルですが、コレを購入した数十年前にはダイニングテーブルとして使っていましたが、確か一ヶ月もたたないうちに、物を置く場所と化し、以降、そこで食事はしてません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/624-c395a6ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。