においは匂いで断つ? 

最近ネットショッピングばかりで、実際お店に足を運び、買ってきたもので、これは買って良かったと思える商品になかなか出遭えずにいます。先日も、ボロボロになってきたマイ・スリッパ(前が開いているタイプ)をお払い箱にしようと新たなスリッパを買ってきたのですが、実際に家で履いてみると、かかとが当たる部分が前の物より低すぎて、履きづらいです。これじゃあダメ。大き目のサイズだったので、いつも素足の父親にあげようと思って履くかと聞いたら、
「スリッパはいらない。」

うぅ~。せっかく買ったのに、履く人いません。

スリッパは失敗しましたが、昨日買ったものは、久々にいい感じ。


それはズバリ、芳香剤


皆さんのお宅では、芳香剤をお使いですか?我が家では、今まで全く使っていませんでした。
自分の部屋やトイレにポプリを置いたり、気分転換にルームスプレーをシュパシュパすることはあっても、トイレを含め、どの部屋にも置くタイプの芳香剤は置いていませんでした。

ところが、近々、部屋の一部を改装するため、内装屋さんが我が家のトイレを度々使うことになりそうです。トイレが汚かったり、臭っていたりしたら、恥ずかしい。普段は、使用後に消臭スプレーを使っていますが、臭いが少しでも残っていたら嫌ですよね。そこで、トイレに置いておく芳香剤を買うことにしたのです。

行ったのは、いつも利用しているスーパー。しかし、芳香剤売り場を観るのは初めてです。

ルーム用とトイレ用、それぞれの芳香剤が何種類もあります。ざぁ~っと見渡して、最初に手を伸ばしたのは、
置き型ファブリーズ
香りが何種類かあるので、鼻を近づけてクンクンしてみましたが、ラッピングしてあるので、香りがよくわかりません。ほのかに感じ取れたのは、いかにもトイレの芳香剤という感じの、あまり好ましくない香り。
他社のものも同様に、ほとんど香りがわからず、わかっても、所詮トイレの芳香剤という人工的な香り。

そこで試しに、ルーム用の芳香剤の香りを嗅いでみることにしました。
CMを見たことがある小林製薬の世界香路があります。ラベルには、
世界の空気を感じる香り」なんて書いてあります。
ブルガリアのローズ街道や南スペインのひまわり街道など。早くブルガリアや南スペインの空気を感じたい感じたいと、鼻の近くに持って行きました。

でも、香りがわからない。ラッピングの上からは、香りが漂ってこないのです。香りがわからないのに買うというのは、いくらなんでも無謀です。諦めるしかないです。

他商品の、香りがしそうなものを手当たり次第に嗅いでみて、見つけたのが、

アメリカの芳香剤 リナジット(Renuzit)リラクシングスパの香り。
アメリカのホテルかどこかで嗅いだことがあるような、サニタリーに合いそうな、甘く爽やかな香りです。
他にも数種の香りがありましたが、この香りが一番気に入りました。

スーパーで297円だったので即購入。
家に帰り、早速トイレに置いてみました。
なかなかいいですね。トイレの芳香剤っぽい香りでないことが、何よりいいです。もっとも、用途:部屋用となっていますが。

一日たち、PCの前に座ったついでに、ほかにいい芳香剤はなかったのかと調べてみると、
 ・こちら芳香剤<楽天市場> 

リナジットの商品が上位に来てますね。人気商品だったんですね。
スーパーには置いてなかった冬限定バージョンがあったり、一つ148円で販売しているお店があったり、
amazonでも扱っていて、ラズベリーの香りは、レビューで6名の内、5名が満点を付けています。私の様に、トイレで使っている方もいらっしゃいました。今使用中の物がなくなったら、ラズベリーも試してみたいと思います。

香りは、人によって好みが様々ですので、お店で実際に香りを嗅いでみることを先ずお奨めします。
そう高いものではないので、試しに何種類か購入してみて、最終的に一番好きな香りを見つけるっていうのも、いいかもしれませんね。

[追記]今、こんな本を読み始めました。語り口がフランクで、とても読みやすいし、内容も面白いです。
 ・こちら匂いの人類学

 ・関連記事大好きな部屋のこと
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

スペインといきたいところですが…

う~ん、南イタリアレモンの香りでしょうか?選ぶとしたら。
でも、実際に嗅いでみないと分かりませんね。
さて、私はもらっても使わない香水を芳香剤代わりに使っています。
お皿などに水を入れ、その上から垂らしています。
メンズの香水は、夏はメントールの感じがちょっといいです。
我が家のお客さんは、試してみたい香水があれば、存分にお楽しみいただけます(笑)
これを思いついたのは、「あーオードトワレって、洗面所で使う水の意味じゃない!お手洗いで、ジャンジャン使うのは間違っていない!」と、ほこりまみれになってただ飾られている、頂き物の香水たちを有効に使おうと思っての事でした。

碧さん

フラワーウォーターやエッセンシャル・オイルを利用されているのでは?と思っていましたが、そうですか、香水を利用されてましたか。女性用のものだと香りが甘すぎる場合がありますが、メンズの香水なら、よさそうですね。
ちなみに、私は、エアースプレー代わりに、香水をシュパシュパ使っています。オード・シャンブルですね(笑)。
香水の香りは大好きですが、基本、外出時には香水をつけないので。

私も!

身につけるのは天然系が圧倒的に多いです。
エアスプレー、ルームフレグランスにはお気に入りの香水を使うのですが、頂いたもののどうやっても、気に入らない香りは、「本来の場所へ~♪」と、お引っ越しして頂いています。
老人の介護をしていると、その体臭が鼻についてしまい、自分からその匂いがしているのでは?とある種のパニックに陥ることがあります。
最近でこそ感じなくなりましたが、一時は人様に迷惑だと思いつつも、香水を振りまいて出かけていた事があります。いやいや、香水プンプンさんに「あの人にも事情がるかもしれない」と、時に寛大になることも(笑)

碧さん

人に「におう」と思われていないか?という不安、お察しします。人は臭いに敏感ですものね。

姪がオムツをしていた期間、産院から退院してきた直後も、その後、せっかく遊びに来てくれた際にも、オムツ換えが恐怖の時間でした。私自身は見ているだけですが、床のどこかに悪臭の元がついてしまわないか、気が気ではありませんでした。私があまりにも過剰に反応するので、妹とけんかになってしまったこともありました。

香水といえば、若い頃母はよく香水をつけていたのですが、今本人に聞いたら、シャネルNo.5が好きで、父親が海外に行くたびに、買ってきてもらっていたそうです。何年か前に、病院に行く父の付き添いで母が出かけたとき、香水の匂いがプンプンしていたので私が注意をしたことがありました。病人にとって香水の匂いは不快だよって。どっちが親?

芳香剤、使ってらっしゃらなかったんですね。
私は最近、「消臭○」の文字の大きさが嫌なって、シンプルなパッケージのものを探すようになりました(見た目で選んでますね^^;)。

オルサさんの消臭剤のパッケージのビニールをはがしたらシンプルになりそう♪と思ったら、レビューに「ビニールをはがしてはダメ」と書いてありました(笑)

創さん

「消臭○」、効果はありそうですが、確かにあの文字が気になりますよね。

私が買った芳香剤、説明書きにあったのかもしれませんが、知らずにビニールを剥いでしまいました。何故いけないのか不明。

いい香りって

なかなかないですよね。
私はいつも無香空間です。^^;
でも、ブルガリアのローズ街道の香り、そそられます~。
リナジット、もいいかも。今度探して見ます。^^

ぶーけ さん

やはり、バラの香りの芳香剤に興味おありですか。ブルガリアのローズ街道、できれば現地の本物のバラの香りを嗅いでみたいです。
摘み取りは夜明け前からと言いますから、相当早起きしないとだめですね。ちと辛いかな?

芳香剤の世界

芳香剤の世界も奥が深いですね~。
私は極端に鼻がいいので、「臭い」には非常に敏感ですが、同時に「匂い」にも強烈に反応するので、芳香剤の香りは苦手なことが多いです。
最近は、オルサさんが挙げられているような素敵なネーミングの(ブルガリアとかスペインとか)抑え目の香り(ですよね、きっと・・・)の芳香剤が多数出ていると思いますが、子どもの頃にあったトイレの芳香剤の香りと言えば、まずはキンモクセイ一色ではなかったですか?秋の金木犀の季節になると、あの強い香りに誘われて・・・といったところが、どうしてもトイレの匂いに思えて、芳香剤の発売以来ちょっと残念な気分になっていたのを思い出します。
ところで、イランでは、天然の薔薇水を、乾燥した薔薇の花びらに振りかけておいて置きました。やはり自然の香りゆえに消えるのも早いですが、心から優雅な気分になれます。日本でも安く薔薇水を売っていればいいのに・・・。

mitraさん、匂いに

敏感なんですね。私は、年を重ねるごとに匂いに敏感になってきているように感じます。

キンモクセイ!私も、キンモクセイ=トイレの香り、が刷り込まれてしまっていて、我が家やご近所の庭で咲くキンモクセイの香りから、トイレをイメージしてしまいます(笑)。

乾燥させた薔薇の花びらに、薔薇水ですか。空間にスプレーするだけだと香りがすぐに飛んでしまいますが、この方法ならば、暫くは香りを楽しめそうですね。いただいた薔薇水がありますので、さっそく試してみたいと思います。

これで、「お花摘み」に行って、薔薇の香りが楽しめますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/623-2cc2ae67