フィギュアスケート シーズン開幕 

スケート靴10月になりましたね。

10月と言えば…
 
そう、大好きなフィギュアスケートのシーズン開幕です。

今季はバンクーバー・オリンピックが開催されるとあって、
 ・参照バンクーバー五輪公式サイト

今まで以上に、フィギュアスケートに注目が集まりそうですね。3年前のトリノ五輪で、日本人選手でただ一人ゴールドメダル(しかもフィギュアスケートではアジア初の金メダル)を獲得した荒川静香さんの偉業は、記憶に新しいところです。バンクーバーではメダルを狙えそうな選手が目白押しなので、応援する私達にも力が入りそうですね。

今季、早くも10月3日(土)には、Japan Open(ジャパン・オープン)という、日本、欧州、北米の3チームの対抗戦が行われます。ここでの成績は、オリンピックにも、その後の選手権にも全く影響しないショーのようなものですが、出場選手達にとっては、今まで練習してきた新しい演技を公の場で発表し、その演技がどのように評価されるかを試す、いわば腕試し、あるいは、模擬試験みたいなものだろうと推測されます。
日本チームは、浅田真央、中野友加里、小塚崇彦の3選手に加え、プロの本田武史さんを加えた4名。

注目は、日本選手と言いたいところですが、
欧州チームのステファン・ランビエール(Stéphane Lambiel)
北米チームのジェフリー・バトル(Jeffrey Buttle)
共に昨年、競技生活からの引退を表明しました。

ところが、ステファン・ランビエール。今年になって復帰を宣言し、オリンピック出場を狙っているんです。
 ・参照ステファン・ランビエール公式サイトより

ファンとしては、大変嬉しいニュースでした。
日本のメダル獲得を考えると、ちょっと微妙ですけどね。
ジェフリー・バトルは、自国カナダでのオリンピック開催ですが、復帰は考えていないようですね。世界選手権優勝後、その演技を私は一度も見ていないので、その後、演技者として成長しているのか、新しい何かを試みているのか、そのあたりに注目しながら観たいと思います。

このJapan Open、テレビ東京系列で夜6時半から(系列局は7時~)放送されるので、楽しみです。
 ・参照Japan Open公式サイト


さて、ステファン・ランビエールの復帰を嬉しいと申しましたが、あの選手も戻ってくるんですよね。
強敵が。

それは、ロシアのプルシェンコ
この名前、覚えていませんか?
トリノ五輪、男子シングルの覇者、エフゲニー・プルシェンコ(Evgeni Plushenko)
ノンミスの、完璧な演技で圧倒的な強さを見せ付けました。
 ・過去の記事Come Back フィギュアスケート

10月16日(金)から始まるISUグランプリシリーズ。毎週、フランス、ロシア、中国、日本、米国、カナダの各都市で順次開催され、選手達は、この6大会の内1、もしくは2つの大会に出場し、その成績によってポイントがつけられ、最後のカナダ大会が終了した時点で、上位6名(アイスダンスとペアは6組)が、12月に行われるグランプリファイナルに出場できます。
ロシア大会には、プルシェンコも出場します。
ISU公式サイトの出場者名を観ると、ランビエールは載っていないので、出場しないようです。
 ・こちらグランプリシリーズ出場男子
 ・参照出場女子

怪我のため、1シーズン治療に専念していた高橋大輔選手も、もちろん出場しますよ。日本(NHK杯)とカナダ(スケートカナダ)ですね。
夏に観たドキュメンタリー番組によると、以前よりも柔軟性が増し、しかもスピンの時の、氷とシューズの歯との接触面を変更したことにより、スピンがより美しく回れるようになったそうです。断裂していたじん帯のレントゲン写真も出てきましたが、すでに完治し、ジャンプも問題なくできるようです。

この大会は、例年通りテレビ朝日系列で放送されますので、「週末にフィギュアスケート」が当分続きますね。
 ・参照テレビ朝日 グランプリシリーズ2009

 ・おまけ高橋大輔 関連記事
      ステファン・ランビエール 関連記事
      ジェフリー・バトル 関連記事(幸せテディベアのモノローグ)
      エフゲニー・プルシェンコ 関連記事
プルシェンコ、本気モード(幸せテディベアのモノローグ)
FC2 Blog Ranking

フィギュアスケートスポーツ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/611-37b0f026