スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

dプログラムの試供品とお勉強 

dプログラム資生堂の「dプログラム」、低刺激で、かなり評判がいいようなので、一度使ってみたいと、かねてより思っていました。現在は、資生堂の敏感肌用シリーズ
「イブニーズドクター」のファンデーションを使っていますが、基礎化粧品は資生堂の製品を使っていません。

「dプログラム」の基礎化粧品の無料お試し体験ができると知って、さっそく試してみたんです。

まず、届いたサンプル一式の多さに驚きました。
私は敏感肌なので、「モイストケア」を選んだのですが(ちなみに、他には、バランスケア、アクネケア、エイジングケアがありました)、クレンジングオイル、洗顔料、ローション、クリーム(乳液を選択することも可)が、それぞれ2日分、つまりクレンジング2袋、洗顔料以下4袋ずつ入っていました。

その中で特に関心があったのは、ローション、つまり化粧水とクリームです。

現在、フローラルウォーターで整肌後、それだけでは潤いが足りないので、一般的な化粧水をつけ、クリームを薄く塗った上に、日焼け止め、さらにファンデーションをつけています。

他の化粧品との相性の良し悪しがあるだろうと思い、「dプログラム」の化粧水とクリームを、それぞれ別々に単独で使ってみました。

先ず、モイストケアローション
事前に調べておいた@コスメの評価では、化粧水部門の上位に入っていて、期待が高まります。

つけてみると、無香料・無着色・パラベンフリー・鉱物油フリー・アルコールフリーというだけあって刺激を感じず、保湿力を感じました。
しかし、夜になって観てみると、残念なことに部分的に吹き出物ができてしまっていました。潤いすぎなんでしょうか?秋、冬ならば大丈夫だったかもしれませんね。使わなかった分はとっておいて、秋、冬に再チャレンジというのもアリですね。

そして、モイストケアクリーム。こちらは、試しに手首に塗った時点でダメでした。赤くなり、ヒリヒリしました。
クリームも、@コスメでは評価が高めなので、敏感肌の方でも、合う人には合うのだと思います。皮膚の薄い私の肌、特にこの季節の気まぐれな私の肌には合いませんでしたが。


これじゃあ、お試し体験失敗じゃないかと、思われるかもしれませんが、そうでもなかったのです。
「dプログラム」の公式サイトの中にある
素肌力アップ・ライフスタイル向上セミナー』を、この機会に初めて覗いてみたのですが、今まで知らなかった情報を入手でき、勉強になりました。スキンケアに関する豆知識に加え、Skin、Mind、 Body、 Foodの4つの分野別に、興味深い話が載っているのです。

中でも、[Food]は、大変参考になりました。
ロールケーキスイーツを食べて代謝アップのページでは、消化吸収の早い食品、例えば砂糖などを摂取すると、すぐに血糖値が高くなり、ホルモンの働きにより、血中の糖分が、脂肪に変えられやすいので、ゼリーや繊維質の多いさつま芋やフルーツなど、消化吸収の遅いものを使ったスイーツがお勧めだとしています。
柑橘系フルーツにはクエン酸が含まれていて、糖質代謝を高める、つまり、摂取した糖分を脂肪として蓄積されにくくするそうなので、この季節に食べる機会の多いオレンジゼリーなどは、肥満の心配をあまりせずに食べられて、最高なんじゃないですか?

茶大豆ドリンクまた、スイーツに多く使われているバターや生クリームなどの脂質の代謝を高めるのが、茶葉に含まれているカテキンと、大豆サポニンだそうで、それら2つを一緒に摂れる「抹茶豆乳」をお勧めしていました。

このページの最後の「今日のまとめ」で、トマトが出てきますが、これは恐らく入力ミスだと思います。
トマトは、独立した別のページがありましたから。
 ・こちらトマト

それから、幸せホルモンに関するページ幸せホルモン=脳の神経伝達物質のひとつである「セロトニン」)も、大変興味深いです。毎朝私が食べているバナナも、幸せホルモンの分泌を高めるんですね。

という具合に、「dプログラム」のサイトで、多くの事が学べます。

基礎化粧品を、試しに使ってみたいという方も、どうぞ。
 ・こちらから資生堂 dプログラム

リンクシェア レビュー・アフィリエイト
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/597-c2d4afd4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。