スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

マリ・クレール休刊を知って 

昨日ブログを更新したばかりですが、朝刊に、ちょっと驚くようなニュースが載っていましたので、新しい記事を書かずにはいられません。

女性向け月刊誌 マリ・クレール(marie claire)の日本語版が、9月号(7月28日発売)をもって休刊となるそうです。1982年5月創刊といいますから、28年目にして、その幕を閉じるということですか。

最近は、買うどころか、本屋で見かけても、手を伸ばすことさえしない雑誌ですが、90年代には、よく買って読みました。当時、観るファッション誌が多かった中、それらとは一線を画した読む雑誌、さらに言えば、芸術や文化の香りに充ちた、知的好奇心を満足させてくれる雑誌学べる雑誌として、確固たる地位を確立していたように思います。

会社の同僚、映画好きの同年代の男性が、毎月読んでいたのを覚えています。女性誌でありながら、男性読者をも魅了する雑誌なんて、そうそうないですよね。

私は、買った号の中で、これは保存しておきたいと思ったものを捨てずにいて、今でも数冊、本棚に残っています。

例えば、写真家 マン・レイの特集が組まれた号、NYやパリの地図付き特集号、デザイナー ヴァレンティノの魅力を多角的に紹介した号など。

今手元にある1996年2月号をめくってみると、
ヴァレンティノの私邸や作品の豪華さに目を見張る特集記事の他、

モデルが美しい衣装に身を包み、イタリア・カプリ島の名所で佇む姿に旅心を刺激される「カプリ島への旅」、

アヌーク・エーメ、アニエス・ベー、写真家サラ・ムーンなどパリに生きる女たちのインタビュー特集、

フランス語会話のレッスンやワインのシリーズ記事など、教養講座的なページもあります。

さらに、音楽情報では、現代音楽の巨匠 武満徹氏が作曲したポップソングの中から厳選した13曲を
石川セリさん(井上陽水 夫人)が歌うアルバム『』(リンク先で試聴可)を紹介していたり、
語りがジャンヌ・モロー、ピアノ演奏がフランスのピアニスト ジャン=マルク・ルイサダというCD
ぞうのババール』に、エリック・サティの曲がふんだんに使われているという話題など、
いかにもマリ・クレール! 何ともマリ・クレールらしい!と思わせる記事のオンパレードです。

では、最近の号は、どのような内容なんでしょうか?
現在の若い女性達による、この雑誌の位置づけは?
 ・参照マリ・クレール公式サイト

最後の9月号は、想像するに、過去を振り返りながら、編集部が総力を挙げて集めてきた情報満載の、渾身の一冊になるのではないかと、期待しています。是非ともそうあって欲しいです。
そうであったなら、記念に買いたいと思います。
 ・参照マリ・クレール(amazon)
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

寂しいですね

オルサさんは「マリ・クレール」の読者さんだったのですね。私は同じアシェット婦人画法社から出ていた「ヴァンテーヌ」の読者でしたが、2007年に休刊(実際は廃刊のようです)になったと後で知ってショックでした。婦人画法社さんが買収されてから、事情が変わったのでしょうか…

長い間買ってなくても、愛読していた雑誌の休刊は寂しいですね。保存してある雑誌は捨てられそうにありません。最終号を手に取れるオルサさんが羨ましいです。発売が待ち遠しいですね(^-^)

創さんは

「ヴァンテーヌ」の読者でいらっしゃいましたか。本屋でよく立ち読みしてました。どの雑誌も「休刊」って発表しますが、事実上の廃刊ですよね。

この記事を書いた後に、他の方のブログを読んでわかりましたが、スタッフの方々も突然休刊を知らされたようです。

この雑誌に限らず、最近は、週刊誌も月刊誌も購読しなくなりました。雑誌の未来は?
フリーペーパーばかりが、もてはやされてますよね。

そういえば、、

そのような雑誌がありました。
買ったことも何度かありました。
しょうがない、、買いたかったら
これからフランス語版を買いましょう。
フランス語の勉強が大変そう。

lemonodasosさん

ここ数ヶ月のマリ・クレール日本語版の表紙を見てみると、私が買っていた頃と比べ、魅力がだいぶ減ってしまった様に感じます。フランス語版はどうなんでしょうね。
本棚にある雑誌の背表紙を観てみると、21世紀になってからは、マリ・クレールを全く買っておらず、その代わりフィガロ・ジャポンを買ってますね。

私も

フィガロはたまに買います。
ヴァンテーヌは創刊されたころ良く買いましたが、え~!見かけないと思ったら休刊だったのですね。
マリクレールと言えば、ずっと考えていたのですが、買った記憶がありません。
でもババールの記事は覚えています。
買わなくとも、マリクレールが店頭に並ばないのは、ちょっとさびしいですね。
いつもあるものがないというのは…
そうそう、さっき、MOMAの輪ゴムをオルサさんに送りました。
明日着くと思います。

休刊ですか

ちょっと感慨深いかも。
あんまり買ったことなかったけど。^^;
28年も続いてたんですね。長いような短いような。。

碧さんも

フィガロ読者で、マリクレールの方は立ち読みオンリーでしたか。雑誌って、本屋で一度中身を見て、おもしろそうだから買おうって即決する場合(往々にして時間が無いと買ってしまう)と、どうしようか迷いに迷って買わない場合とありますが、いかに内容や取り上げた話題が面白くても、じっくりもう一度読みたいとか、保存しておきたいという気が湧かないと、買いませんよね。

広告収入減や販売量の落ち込みにより、総じて雑誌の中身が薄くなってきているように感じます。それで、益々買わなくなっちゃう。

あと、お心遣いありがとうございます。

ぶーけさん

今まで本屋の雑誌コーナーに並んでいて、いつも目にしていた雑誌が消えてしまうというのは、淋しいですよね。

スタジオボイスも休刊するようです。一時期は(これも90年代だったと思います)ほぼ毎号買っていました。8月6日発売の9月号が最終号だそうです。
雑誌文化の危機ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/591-39e476de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。