スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

バッグで塵肺の心配をする~その1 

普段着る洋服もバッグも、カジュアルなものを好んで身に付けていますが、たまにお洒落をして出かける時や慶事などに持って行くバッグがいくつかあります。

その一つ、十数年前に海外の直営店で買ったMCMのバッグ。今ではほとんど、持ち歩く人を見かけなくなってしまいましたが、当時はMCM、かなり流行っていて、私は、革張りの物よりも軽いからという理由で、塩化ビニール製の黒のバッグを選びました。 ビニールと言うとちゃちなイメージがありますが、MCMのバッグは光沢があり、質感も良く、MCMのロゴがちりばめられていて、縁取りは革を使用しているので、それなりに高級感はあります。
そのバッグを久しぶりに使うことにした先日、中を見てみると、革張りになっている内側が、所々剥げています。指が少し当たっただけで、その部分が剥げてしまいます。

そういえば、何年かぶりにこのバッグを引っ張り出してきて使った昨年、すでに革の剥離が始まっていたことを思い出しました。一年たって、状態がさらにひどくなっているように感じました。ところが、外側は、新品同様に綺麗なんですよ。
それで、内側のぼろぼろには目をつぶって、持って行くことにしました。

さて、そのバッグには外ポケットも内ポケットも無く、駅の改札で定期入れをバッグから出すのですが、行きには、出しやすいように上のほうに入れておいたため、特に問題はありませんでした。問題が起きたのは、帰り。駅で定期入れを探したものの、何かの下になってしまったようで、全然見つかりません。ごそごそやってみたのですが、全く見つからないのです。そこで、バッグを置ける場所を見つけ、中に入っているものを一つずつ出してゆき、やっと見つけることができました。
定期入れをよく観てみると、剥げた皮の細かい破片が所々着いていました。

帰宅後、バッグの中身を出した時、中がものすごいことになっていることに気がつきました。
どれもこれも革の破片だらけになっているのです。ティッシュも、メモ用紙も、さらに、ボールペンのキャップの中にも。外出中、ボールペンは一度も使っていませんが、キャップには小さな穴が開いているじゃないですか、そこから入り込んだのでしょう。ティッシュでふき取ろうとしましたが取れません。結局水で洗い流しました。

そして、絶句したのが、中身を全て出し終わって、中を覗いた時。



革の破片が底に積もっていたんです

えぇぇぇ~~~~~っ?!

薄っすらと、なんていうものではなく、高さ数センチの山ができていたんです。バッグの底に。


    つづく
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

反応したくないのですが(笑)

私も!
やりましたよ~Max&Coのバック。
何もかもにも張り付いて取れない、細かい破片…
しばらくなだめつつ使っていましたが、断念。
さようならしたことを思い出して、涙。
バックと靴はお手入れを怠ってはいけないと、つくづく思いました。

碧さんも

経験、おありでしたか。こんな状態になったバッグは初めてだったので、驚くと共に、このブランド信頼できないの?って不信感を抱きましたが、Max&Coのバッグもそうなったのなら、珍しくはないのですね。

原因は湿気でしょうか?
外側が新品同様に綺麗なだけに、やるせない気持ちになりました。

私も~

バッグの内側がはがれてきて、処分したことがあります。

剥離もありますが、塩化ビニルが湿気でベタベタになることもありますね。使ってなくても干した方が良いみたいです^^;

安物とは違う…

劣化ですよね?なんというか、衝撃的な!
我が家は異常に乾燥している家なのですが、それでも雨続きだった年にカビが生えたことがありました。
その後だったので、いつもとは違う環境の変化に適応できなかったのかと思いました。
異常気象を呪うと共に、異常気象を食い止めるべく、無駄な電力は使わないなどの小さな行動を続けようと決意を新たにしました。

私も、バックの中に大きな巾着を入れたりしてだいぶ抵抗を試みましたが、するりと入り込んでくるのですよね。
泣く泣くあきらめました。

あらまあ

ショックですね。
外はきれいなのに。
私全然違うノンブランドのバッグの表の革の塗装?が溶けたことありますが・・。
隣のバッグとくっついて2つダメになりました。><

創 さん

意外と皆さん、同様の経験がおありなんですね。創さんもですか。

>塩化ビニルが湿気でベタベタになる
私も、そんなことがあったような記憶がありますよ。大事にしすぎて、箪笥にしまっておくというのが、日本のように湿気の多い環境においては、よくないのかもしれませんね。その辺に放置しておいた方がいいのかも…。創さんが書かれた様に、日に干すのがベストなんでしょうが、なかなかねぇ。

続・碧さん

ほんの数年前まで、兆候もなかったんですよ。でも、一つ思い当たることが。

バッグは、買った時に付いてきた布の袋に入れていましたが、2~3年前に、置き場所を変えたのです。それまでは、窓に近い机の上に置いていましたが、DVD機を置くために、廊下に近い砂壁の近くに置くことになったんです。隣には百科事典の並んだ棚があり、砂壁といい、事典といい、水分を貯めていそうなものが近くにあって、しかも窓から離れたため、外の空気が直接触れにくくなってしまいました。

中がダメになってしまったバッグを、なんとか使えるようにとの試み、「その2」で書きます。似たようなことやってますね(笑)。

ぶーけさん

>隣のバッグとくっついて2つダメになりました。
あらららら~!ぶーけさんは、一度に2つのバッグがダメになってしまったことがおありでしたか。これは辛いですね。バッグって、見かけ以上にヤワなんですね。素材によって様々なんでしょうが、予想も付かない壊れ方しますよね。

邪険に扱った覚えがこちらに無いのに、いつの間にか使えなくなってる。
悲しい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/575-8919c613

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。