春を呼ぶお弁当 

百々 シウマイ弁当でお馴染みの、
横浜の崎陽軒

3月13日(金)までの限定販売で、
百々(もも)」という新作弁当を売り出し中だとか。
これ、高木学園女子高等学校との共同開発だそうです。

昨年2008年は、崎陽軒の創業100周年でしたが、高木女子高も同じく創立100周年を迎えていたとのこと。そこで、100周年同士が共同で、記念のお弁当を開発しようという企画が持ち上がり、実現したのです。それでお弁当の名前も、百が2つで「百々(もも)」なんですね。

校内でアンケートを実施し、その結果を元に、家庭科食物コースを中心とした7名の生徒と、崎陽軒が開発会議を重ねて、作り上げたものだそうです。

さて、その中身ですが、シウマイはもちろんのこと、鶏の唐揚げレモン添えや、シメジや色鮮やかなピーマンとパプリカの入った春雨炒め、厚焼き玉子、ししとう揚げ、たけのこ・コンニャク・梅型にくりぬいたニンジンの煮物、さらにコーン入りコールスローサラダ、
赤と緑 2色の小粒大福まで入っていて、大変欲張りな内容となっています。
700円
ご飯の上に添えられている桜の花の塩漬けに、乙女心をくすぐられます。
 ・参照百々(崎陽軒公式サイト)

で、

さっそく買って食べてみました!

お弁当のフタを開ける前から、シウマイ弁当との違いがここかしこに。
おてふき1お手拭は、こういう小さいパッケージのものではなく、レストランなどで出されるオーソドックスなビニールの袋に入ったものでした。とても使いやすかったです。ですから、楊枝は単独で別の袋に入っています。こういう所は、女子高生の意見が反映されているのでしょうね。

そして、薄桃色のお弁当箱のフタと側面に、和テイストの花の幾何学模様が。

フタを開けると、そこにはがありました。

色鮮やかで、女性の手作りのお弁当のように可愛らしく、手が込んでいて、おかずの種類が多くて、見ていて楽しくなります。
女子高生らしく、ご飯は少なめです。

お弁当箱の模様も併せて、「姫弁当」という印象です。美味しかったです。でも、大食漢の私には、量がちょっと少ないかな?これを食べた後に、フルーツを食べたら、おなかいっぱいになりましたけど。

ヨコハマ経済新聞によると、神奈川県内の店舗 約60店での販売となっています。
崎陽軒は他都道府県のデパートなどにも進出していますが、そこでは販売しないということでしょうか?もしそうだとしたら、他都道府県の方、神奈川県にいらっしゃる機会を作って、是非買ってみてください。
FC2 Blog Ranking

お弁当グルメ

コメント

手のこんだお弁当ですね。彩りも良さそう♪美味しそうですね。
それにしても、オルサさんが大食漢というのが意外でした。働いていると、お昼の時間が待ち遠しい時がありますね。

創 さん

関西では販売しないようなので、実物をご覧いただけず残念です。
私、大食漢です。お腹が減らない時は、ず~っと食べずにいても平気なのですが、一度食べだすと、止まりません。そして、食後お腹いっぱいなのに、美味しそうなお菓子があると、つい食べたくなって、食べてしまうともう一個いっちゃうんですよね。消化器官を酷使していて、かわいそうですね(笑)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/567-63dc9310