お菓子の缶の乙女 

先日の読売新聞、書評欄に、懐かしい乙女画が載っていました。
丸みを帯びた独特な体のラインに、節目がちで幻想的な雰囲気を漂わせた表情。その巧みな描き方で、誰の作品かすぐにわかります。

東郷青児

その名前を知らずとも、その作品に触れたことがあるという方は多いでしょう。
私の記憶の中にある東郷青児の絵は、子供の頃によく見た、洋菓子店「フランセ」の缶に描かれたもの。記憶が定かではないですが、確か楕円形の缶の蓋に、目を引く美しい女性の顔が描かれていて、中にはクッキーが入っていたような…?絵の記憶が鮮明なわりに、缶の中身、どんなお菓子が入っていたのか、その記憶が不思議なことに、全くといっていいほどありません。
東郷青児は、これ以外にも、洋菓子店の包み紙や本の表紙、化粧品など、様々なものに美人画を描いていたそうで、その作品を集めて一冊の本にしたこちら、

東郷青児 本東郷青児~蒼の詩 永遠の乙女たち」が書評欄で紹介されていたのです。
さっそく取り寄せました。

彼の描く乙女画が、これだけ印象に残っていながら、今まで、東郷青児その人に関する伝聞を一度も耳にした記憶がありません。本に載っていたプロフィールを見て、
1897年に鹿児島で生まれたこと、
少年時代には竹久夢二の下絵描きをしていたこと、
作曲家 山田耕筰からヨーロッパの新しい美術運動を学んだこと、
フランス留学の経験があること、
ピカソや藤田嗣治らと交流があったこと、
1978年に亡くなったことなどを知りました。

そして、本の中で紹介されている作品は、他にも、彼がプロデュースした喫茶店「ボア」(吉祥寺/'07閉店)の店内の写真、そこで使われていたイラスト付きの紙ナプキンやマッチ、ケーキのしおりなど。それから、東郷青児コレクターが始めた喫茶店「ソワレ」(京都・四条木屋町)店内に飾られた油彩・水彩画や、線画があしらわれたタンブラーなど。
さらに、手がけた作品は絵に留まらず、エッセイや漫画作品…。マリー・ローランサン展の図録に掲載された「ローランサンの思い出」などは、非常に興味深い内容でした。

本を頭からきちんと読むのではなく、パラパラとページをめくり、これ!と思ったページを開き、作品を見たり読んだり。そんな読み方をしています。

抜粋したものが掲載されていたエッセイ集「カルバドスの唇」以外にどんな本を執筆していたのだろうとamazonで検索してみたところ
 ・こちら東郷青児の関連本

想像もしてみなかった作品を見つけました。

ジャン・コクトーの「怖るべき子供たち」の翻訳を手がけていたのです。

子供達角川文庫の「怖るべき子供たち」、我が家の本棚を探してみたら、ありました。美人画家のあの東郷青児が翻訳したものだったとは!

ちなみに、この文庫の表紙の絵は、氏のものではありません。池田満寿夫 画。
「東郷青児~蒼の詩 永遠の乙女たち」を再び手に取り、装丁本を紹介しているページをめくると、東郷青児が装丁した「怖るべき子供たち」(白水社)が載っていました。意外にも、とてもシンプルなデザインで、使っている色も地味。
これは、彼がこの本を読んで感じた印象を、反映させているようです。
ならば、私だったらどんな装丁をこの本に施すか?そんなことを考えながら「怖るべき子供たち」をもう一度読んでみようと思います。
 ・参照損保ジャパン東郷青児美術館
FC2 Blog Ranking

コメント

残念ながら私はこの人のお菓子の缶の記憶がないんですよね。でもどこかで見たような特徴のあるイラストですね。妖精みたいな印象を受けました。

オルサさんは以前に色鉛筆の缶のイラストのことも書かれてましたけど、懐かしいイラストって当時を思い出しますね。

創 さん

色鉛筆の缶のイラストのこと、よく覚えていらっしゃいましたね。あれは、漫画家 牧美也子さんのイラストでした。未だにあります。東郷青児さんの缶もとっておけばよかったって思います。残念です。今でもフランセのブランデーケーキの缶は、東郷青児さんの美人画が載っているようですが
http://www.francais.co.jp/online_yf_brandy.html

私が当時見ていたものとは、だいぶタッチが異なります。

コクトーって、自身も絵を描く人でしたよね?「恐るべき・・・」は、萩尾望都さんのマンガで読んで、すごく怖かった思い出があります。
東郷青児・・・確か、新宿に美術館がありますよね。行ってみたいなと思いつつまだ足を運んだことがありませんが・・・。言われてみれば、何となくマリー・ローランサンの絵と共通する雰囲気がある気がします。
もう亡くなってずいぶんになるのですね。何となくノスタルジーを感じさせる画風です・・・。

lazyMikiさん

「怖るべき子供たち」、私は途中で投げ出してしまいました。今度こそ最後まで読みたいです。耐えられるなら(笑)。
ローランサンとの共通点、灰色をはじめモワッとした色使いが似てますね。しかも使う色の数が少なめ。フランス留学時代、ピカソの助言に従って、使う色を減らしたようですよ。

びっくり

東郷青児の絵は好きでしたが、翻訳までしてたとは、びっくりです。
しかもコクトー♪
素敵だわ~。

ぶーけさん

絵だけではなく、文筆業の方もかなり熱心にやっていたようです。翻訳はコクトーの他、モーリス・デコブラの「恋愛株式会社」という小説も手がけています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/564-ecd1d804

上野風月堂のプティゴーフル

上野風月堂のゴーフル。ホワイトデーバージョンらしい。 ピンク×ゴールドは密かに私
  • [2009/03/30 12:55]
  • URL |
  • ひつじ文庫 |
  • TOP ▲