ふたりのトスカーナを一人で 

最近、映画の話題ばかりですが、今日も懲りずに映画です。
と言っても、劇場に足を運ばずとも見れるもの。

時間はあるけど、本は読みたくない、見たいテレビ番組はない、出かける気もしない。でも、ぼ~っとしていたくはない。という時に、PCの電源を入れて、何気なくアクセスしたYAHOO!動画の映画のリストに、それはありました。

2002年に制作されたイタリア映画『ふたりのトスカーナ』。日本では2003年に上映されたようですね。イタリアの女流作家 ロレンツァ・マゼッティ(ロレンツァ・マッツェッティ)<Lorenza Mazzetti>の自伝的小説「Il cielo cade(天が落ちてくる)」を映画化したものです。

無料動画なので、途中何度も広告が入るのが玉にキズですが、予想以上にいい、感動を与えてくれる映画でした。

「第二次世界大戦下、両親を事故で無くした2人の幼い姉妹が、トスカーナ地方に住む伯母夫婦の家で暮らすことになります。
初めこそ年上の従姉妹といざこざを起こしてしまいますが、次第に新しい生活に慣れてきて、学校で知り合った地元の子供達と仲良く遊ぶようになり、周りの大人たちとも親しくなり、
優しく、しかし時に厳しい伯父、伯母の愛情のもと、楽しく、ちょっぴりほろ苦い日々を過ごします。

ところが、その幸せな生活に、暗い影が忍び寄ってきます。ドイツ軍がトスカーナにも侵攻してきたのです。」

この続きは、どうぞ実際にご覧になり、確かめてください。
2月12日(木)まで見られますので。
[追記]期限が3月26日(木)までに延長されたようですね。
 ・参照YAHOO!動画「ふたりのトスカーナ」
FC2 Blog Ranking

★おすすめ映画★映画

コメント

今年は

去年、はっと気がついたのですが、全然映画を見ていなかったのです。
あわてて、ちょっと見に行きましたが、気持ちに余裕がなかったなぁとしみじみ思いました。
思えば、DVD時代到来と我が家の介護生活が重なり、DVDで見た記憶がほとんどないのです。家で観賞する雰囲気がないのです。
今年はもっと、気持ちにゆとりを与えるためにも見たいなあと思います。

碧さん

そうですよね。自宅でのんびり映画を見るためには、それなりの環境が必要ですよね。その点私は恵まれていると言えますね。自分のことだけをしていればいいのですから。

劇場で映画を見る、ということに関しては、私もここ数年は1年に1、2本見るか見ないかという程度にまで頻度が減っています。その理由、一つには、仕事帰りに見に行くということを全くしなくなったから。それから、何が何でも見なくては、と思う映画がめったにないから。WOWOW契約後、見れなかった映画が1年後などに見れてしまうから。などです。

病院の待ち時間が2時間を過ぎると、映画1本見れちゃう時間を無為に過ごしたなって思います(笑)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/563-25fbce61