スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

風のガーデンで見つけた小さなプレゼント 

10月から始まった新ドラマ『風のガーデン』を観ています。そう、あの緒方拳さんの遺作の。
家族と離れ、一人東京で自由気ままに暮らしていた医師がガンに犯され、その時家族は…。今後の展開を、何となく予想できそうなドラマですが、緒方拳さんを含め、出演者は、これ以外は考えられないのでは?というベストセレクトの豪華な面々。ですから、演技の面で見ごたえ十分。さらに、その配役一人一人が発する言葉に脚本家 倉本聰氏が込めたであろうメッセージが見え隠れし、観ているこちら側にストレートに伝わってくるように感じるんです。そして、緒方拳さん。ドラマの制作発表を終えて、あとは放送を待つだけ、という時に逝ってしまったこの名優の吐く言葉、それを配役としてではなく、人間 緒方拳として発しているように錯覚してしまうのは、私だけでしょうか?どんなことを心に秘めて、その台詞を吐いているのだろう?中井貴一さん扮する息子(ガンに犯された医師)の台詞を、同じ病と闘う者として、どんな思いで聞いたのだろう?そんなことも考えながら観ていると、あっと言う間の一時間弱。
演ずるとは憑依すること、と生前語っていらしたご本人には、こういう見方では満足されないかもしれませんが、それも一興。観る側の自由です。今後も、深読みしまがら観ようと思っています。

さて、このドラマは、私に小さな歌のプレゼントもくれました。挿入歌に「Bambina」が使われていたのです。第1話で、平原綾香さんがピアノの弾き語りで歌っていたあの歌です。第2話も含め、BGMとしても使われていましたよね。
この歌は、私の大好きなベルギーの女性歌手 
fabian nueララ・ファビアン(Lara Fabian)の2001年に出されたアルバム「Nue」に収録されている一曲、Bambinaです。それを平原綾香さんがカバーしたのです。 
彼女は、10月10日付のブログの中で、ララ・ファビアンのこの歌が大好きと書いていますから、私同様、アルバム「Nue」をお持ちなのかもしれません。
そして、11月12日(水)発売の平原綾香さんのCD「ノクターン/カンパニュラの恋 」に、平原バージョンがスペシャルトラックとして入っています。
 ・参照平原綾香 公式ブログ

ララ・ファビアンのBambinaに話を戻しましょう。歌はフランス語で歌われていますが、Bambinaというタイトル、イタリア語で”女の子”を意味します。ララは、母親がイタリア人ですから、そんなことも関係して、この歌が生まれたのかもしれません。彼女の美しい歌声を聞いていると、温かい母親の腕に抱かれているような、心地よい安心感を覚えます。是非その歌声を聴いていただきたいと、まず、amazonのフランス版で試聴してみましたが、音質が非常に悪い。そこでiTunes。
残念!日本版には、この曲入っていません。でもでも、フランス版、米国版、カナダ版などには入っていますの、試聴だけなら、どなたでもできます。アルバムの11曲目。amazonフランス版も貼り付けておきますが、音がクリアなiTunesの方で試聴されることをお奨めします。(各国のアカウントを持っていないと購入は出来ませんので、あしからず。)
 ・試聴
     「Nue」(amazonフランス)

彼女のライブ盤「En Toute Intimite」には、ギター演奏による「Bambina」が、収録されているんですね。YouTubeで、動画が観られます。
 ・こちらララ・ファビアン「Bambina」

私は、オリジナルバージョンの方が好きですねぇ。
でも、どちらのバージョンも、聴いていると、優しい気持ちになってきます。ドラマ『風のガーデン』で制作者が私達に伝えたいと思っていることも、そういうシンプルなことなのかもしれませんね。

 ・参照Lara Fabian(amazon)
    Lara Fabian(amazonフランス)
    Nue(タワーレコード)
 
 ・過去の記事ララ・ファビアン(幸せをくれるテディベア)
FC2 Blog Ranking

風のガーデンテレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/542-c8d4bd51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。