スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

アール・ヌーヴォーからアール・デコ、華麗なる休日~その2 

アール・ヌーヴォーからアール・デコ、華麗なる休日~その1の続きです。

展覧会を見終わって、いつもの様にカタログを購入。
そして、売店に何冊も置かれていた関連図書の中から、今回は展示されていなかった香水瓶もいろいろ載っている「魅惑の香水瓶~コティとラリックの物語」を買うことにし、さらに展覧会グッズを見てまわりました。

すると、面白いものを発見!

「ミントケース」と書いてあります。ちょうどFRISKのケース大、そしてドーム兄弟作『スミレ文花器』のデザインが施された非常に綺麗なケースです。中身(ミントのタブレット)をこれに移し変えるのではなく、もともとあるケースにはめ込み、使うようです。

ジャスト1,000円で、迷わず購入しました。

この花器の
スミレ文花器1
  ↓
赤い線でくりぬいた部分の図柄
スミレ文花器   スミレ 白バック
で、縁とサイドが金色のメタルです。

プラスティックの、特に面白みのないFRISKのケースが、華麗に変身

絵の付いている部分はガラス風に加工されていますが、重くはありませんし、これを付けていても、ケースの上の部分をスライドさせて中身をきちんと取り出せるので、使いづらくもありません。
見た目は、素敵なピルケース。

電車の中で、これを取り出したときの、周りの反応が楽しみです。

 ・関連記事クリムト展とアール・ヌーヴォー展
      昔なつかし和み味
FC2 Blog Ranking

絵画・美術学問・文化・芸術

コメント

私が見たフリスクケースはデコレーション系の派手なものでしたが、このケースは上品なデザインで使いやすそうですね。

↓歯医者さんで味覚障害、知りませんでした。怖いですね。

創さん

私の母親くらいの年代の方が持っていても、おかしくないような感じですよ。ですから、母の分も一緒に買おうかな?と一瞬思ったんですけど、腕時計でさえどこかに置いてきてしまう人が、このケースは決して置き忘れしない、とは言いきれないので、止めました(笑)。

歯科治療、麻酔をかけると痛みを感じないので、舌を傷つけられても本人が気がつかなかったようです。
怖いですね。

すてき

飽きの来ない感じがいいですね。
安っぽい感じが一気に払拭されますし。
入れ替えずに使えるところも、面倒がなくて長く使えそうですね。

碧さん

当初期待していたポストカードは、いまいちで結局買わなかったのですが、その代わり、いい買い物ができました。

私はタバコを吸いませんが、このケースのようなデザインのシガレットケースがあったらさぞかし素敵だろうなと思いました。映画などでたまに目にする女性用のシガレットケースに、憧れを抱いています。

あら

私もタバコは吸いませんが、タバコ部屋!(ヨーロッパのタイル張りの)
煙草入れ!キセル!みんな大好きです。
なぜでしょうね~
紫煙…
ああ、吸いませんけれど(笑)

碧さん

そういえば、「偉人たちのとっておきの話~遺品 逸品」という本に載っていた森鴎外の逸品は、犬のデザインの葉巻切りとビールジョッキでした。文章はお茉莉が書いています。

タバコには個人的にも諸々思い出があるんです。ハイハイし始めた頃に起きた「夜中のタバコ事件」というのがあって、皆が寝静まった頃、何故か一人起きだして、父親のタバコを食べてギャーッと泣いて、親がそれに気づいて驚いたという一件。あと、父親が一時期、キセルを使っていたことがあります。といっても、紙巻きタバコを吸うんですけど。それから、足の指にできた水ぶくれの豆の治療薬として、タバコの灰とご飯を練ったものを使っていました。

いいなあ

ドームのスミレ模様、大好きです。
名古屋タカシマヤでやってた展覧界、行く前に終わってしまいました。凄くよかったみたいで、残念!

ぶーけさん

本当、残念でしたねぇ。巡回する展覧会は、東京から始まるものが多いように思いますが、今回は京都から名古屋、横浜、東京、大阪という順番でした。
コンサートの様に、追加公演じゃないけれど追加展示というのがあればいいのにって、時々思います。でも、借り物を展示している以上、かなわぬ夢ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/538-aebb8df4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。