スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

二人のドキュメンタリーと2冊の本~その1 

2008年の暑い夏を象徴していた熱き北京五輪が終わり、夏の終わりを告げるかのように、気候がすっかり秋めいてきました。
まるで、はしゃぎすぎた夏の反動の様に、9月には、しっとりとしたテレビ番組が目に付きます。

その中で、絶対に見逃したくないドキュメンタリー番組が2つ。その人ゆかりの映画が放送されるため、それに合わせての放送となります。

まず一つが、仏女優マリオン・コティヤールの熱演が話題となった映画「エディット・ピアフ~愛の賛歌~」の放送を受けての
ドキュメンタリー『エディット・ピアフ(Édith Piaf)』。2006年にフランスのARTE局で放送された番組で、ピアフのアコーディニストだったマルク・ボネルへのインタビューや生前のピアフをカラーで捉えた貴重映像などを通して、ピアフの栄光と素顔に迫るドキュメンタリーだそうです。


そして、もう一つが、NHKのBS2で「郵便配達は二度ベルを鳴らす」「揺れる大地」の初期の2作品と、「夏の嵐」「白夜」が9月に4日連続で放映される映画監督 ルキノ・ヴィスコンティ。
そのドキュメンタリー『ルキノ・ヴィスコンティ(Luchino Visconti)』。こちらは、1999年イタリアで制作された番組で、イタリアの貴族として生まれ、パリ旅行中のある出会いがきっかけで映画制作のキャリアをスタートさせ、遂にはイタリアの巨匠としての地位を確立するまでを丹念に追った内容となっているそうです。
 ・関連記事信じていれば、放送される?

    つづく
FC2 Blog Ranking

TV番組テレビ・ラジオ

コメント

面白そう

五輪閉幕でTVがつまらなくなってきたところ、グッドタイミング!オルサさん、情報ありがとうございます。
私は来月はアンジェイ・ワイダを楽しみにしています(数ヶ月前に2時間ドキュメンタリーは放送済)。
ヴィスコンティは2年前に没後30年で大放送してくれたんですよね。でも!ドキュメンタリーは新しいものかも知れませんから、(例え同じものでも十分興味深いですから^^)、ピアフ同様、チェックしてみますね!

ケトルさん

数年前に、ヴィスコンティの映画が立て続けに放送されたのは、没後30年だったからですか。確かその時に、初めて「揺れる大地」「夏の嵐」を見て、すでに見たことがある「ベニスに死す」「イノセント」なども観た記憶があります。見逃したのが「山猫」。10月以降に放送されることを期待しています。

映画「エディット・ピアフ~愛の賛歌~」の方は、劇場で観たいと思いつつも行けずじまいで、いつかWOWOWが放送してくれるだろうと待っていたんです。やっと見られます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/528-f223aa5d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。