ウィリアム・モリス展へプチ旅行~その3 

ウィリアム・モリス展へプチ旅行~その1
ウィリアム・モリス展へプチ旅行~その2 の続きです。

モルトウイスキー、軽井沢蒸留所の見学。女性のガイドの方が案内してくださるのですが、私を含め10人強、見学者が集まりました。
1955年(昭和30年)から国産ウイスキー造りをしているというその蒸留所は、ツタの絡まる赴きある建物で、意外と小さめ。見学した時には蒸留所は稼動していませんでしたが、樽貯蔵庫の何百という樽の中でウイスキーを熟成させていて、貯蔵庫内はほのかにいい香りがしました。

その名も「軽井沢」というモルトウイスキー。ここ長野県の御代田町は、ウイスキーの本場スコットランドに気候が似ていて、冷涼な気候、樽に適度の湿度を与える霧がウイスキー造りに適しているとか。また、酒造りにかかせない水は、浅間山麓の湧水を使っているようです。
建物に絡まっているツタも、夏場に室温を上げないという大切な役目を担っているそうです。

後で知ったのですが、「軽井沢12年」は、インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション(IWSC)という世界の権威ある酒類のコンペティションで金賞を、、「軽井沢15年」と「軽井沢17年」は銀賞を受賞しているそうです。ウイスキーファンの間では有名な銘柄なんでしょうね、「軽井沢」って。

見学が終わり、ガイドさんに「軽井沢17年」を試飲できるのでお試しくださいと言われ、再びショップに戻って注文すると、ウイスキーグラスにかなりの量を注いでいただき、水で割ると味が薄まってしまうので、氷も入れずストレートで飲み干しました。
ウイスキーをストレートで飲んだのは、これが初めて。樽の香りを強く感じました。これがモルトウイスキーの味なのですね。多めの水で割った水割りしか飲んだことの無い私には、同じお酒とは思えません。さすがに飲み干すと顔がカーッとなりそうで、ショップを出てから急いで持っていたポカリスエットを飲みました。

足がふらつくといやだな、と心配でしたが、全くそんなことはなく、気持ちが悪くなることも無く、むしろ気分が爽やかに、元気になったような気がしました。


ウィリアム・モリスだけが目当てではるばる長野県の御代田までやってきて、想像もしていなかったウイスキーの蒸留所見学や、ウイスキーをストレートで試飲したり、ワインもちょっこっと飲めて、素敵なポストカードも買うことができて、楽しいプチ旅行となりました。
「私も行ってみようかな」と思いの方は、車ではなく電車でどうぞ。試飲ができなくなりますので。

今回は利用しなかったレストラン。ランチが5,250円と高めではありますが、また来る機会があれば、そこで食事をしてみたいと思います。
 ・参照メルシャン軽井沢美術館
     軽井沢蒸留所
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

面白そう

オルサさんこんにちわ!
ウィリアム・モリス展へのプチ旅行、素敵な発見が多かったようですね。私も楽しんで記事を読ませて頂きましたー!ステンドグラスを見に行ってみようかなと、今ちょっと迷いだしています。7月までやってるみたいだし。
しかもウィスキーにまで話が及んでいる♡蒸留所見学・・これは興味津々(笑)

ケトルさん

ステンドグラスは恐らく、実物ではなく、再現して後ろからライトを当てているのだと思います。正直なところ、私には特別心に響くものではありませんでした。ご自分でステンドグラスを作られるケトルさんがご覧になったらどうなのかはわかりませんが。

すでにご存知だろうと思いますが、前に「新日曜美術館」で、小川三知を特集していて、彼の作品がある鳩山会館
http://www.hatoyamakaikan.com/
を紹介していましたが、一度は行ってみたいなと思わせる素敵な作品の数々でした。

モリスに三知

素敵な小旅行をされましたね。
私もウイリアム・モリスが大好きで本を買い、時々眺めています。どの柄も魅力的ですが、アカンサスやマリーゴールドを図案化したブルーやグリーンのものが好きです。
それから今、最も気になっているのが小川三知のステンドグラス。コメントの中に三知のことがあり、嬉しくなりました。本を買いに行こうと思っているところです。鳩山会館も行ってみたいです。

さらさ さんも

やはりお好きでしたか。アカンサスやマリーゴールドの柄も素敵ですよね。
http://www.karakusamon.com/morris.html

そして、小川三知のステンドグラスもお好きでしたか。ステンドグラスというと、どうしても教会のものやティファニー作をイメージしがちですでが、日本的な要素を取り入れた小川三知のステンドグラスは、それらとはまた違った魅力がありますよね。実物を見たことがないので、いずれ機会があれば~と思っています。

ウィリアム・モリス

私も好きです~。^^
長野まで見に行かれたのですね。いいなあ。。
絵画展を見た後、ポストカードを買えないのは私も同じ。さらに後になると買わなかったことを悔やむのですが。^^;
ワインやウイスキィも飲んでみたいです。

ぶーけ さん

ウィリアム・モリスのデザイン、いいですよネ!
カタログを買ったので、ポストカードは買わなかったのですが、まぁいいかなと。あまりにも発色が実物と異なるので止めました。

悔やむといえば、試飲したワインを買っても良かったかなと後で思いました。後の祭りですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/497-389c0359