スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

ウィリアム・モリス展へプチ旅行~その2 

ウィリアム・モリス展へプチ旅行~その1の続きです。

メルシャン軽井沢美術館のかなり広いミュージアムショップ。企画展の関連商品はもちろんですが、ルーヴル美術館、オルセー美術館に代表されるフランスの国立美術館を統合する組織 「フランス国立美術館連合(RMN)」の商品~ポストカードやポスターはもちろん、名画の一部がプリントされた文具やTシャツ、そしてネクタイなど、
面白いところでは、ナポレオン妃ジョゼフィーヌのアクセサリーや小物、絵画の中の人物が身に付けているアクセサリーを商品化したものなども販売されていて、ほとんど、展示作品を観ているような感覚で観て行きました。

その中で、私が嬉しさのあまり声をあげそうになったのが、ルイ葉書この2枚のポストカード。
ルイ13世様式とルイ14世様式の家具や調度品を集めたものです。(画像をクリックすると拡大)

どの美術館へ行っても必ずミュージアムショップに立ち寄る私が、今まで目にしたことがなかったポストカードです。もしかするとフランスに行かずとも、銀座にあるメゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス(MMF)に行けば入手可能なのかもしれませんが、銀座に行く機会がほとんど無い私にとっては初めて。さらに、古代ギリシャ・ローマ時代の彫像や壷を集めた同じシリーズのポストカードも見つけて購入しました。
この3枚が、前の記事に書いた「思わぬ発見」です。

ミュージアムショップの横にはカフェがあり、お茶でもしようかなと一旦は思ったものの、展覧会の入場券を買ったときに渡された「ワイン、ウイスキー試飲券」を使ってワインを飲みたいな。の願望の方が勝って、ショップ「メルシャンプラザ」へと向かいました。

このショップには、約300種類のワインと蒸留所限定のウイスキーを中心に、オリジナルケーキやチーズ、お菓子などが並んでいて、なかなかおしゃれな雰囲気です。ウイスキーには興味がないので、ワイン試飲のカウンターへ。辛口と甘口があると言われ、白の甘口をいただきました。試飲なので、ほんのちょこっとなのですが、カフェに立ち寄った場合飲んだであろう紅茶一杯よりも、やっぱりワインの方がいいですね。もっとワインを飲みたければ、お金を出してグラスワインを飲むこともできたようですが、酒のつまみは店内で買って、それを開けて…と面倒くさいので止めておきました。
お土産として、ブルーベリー味のラスクやソバのかりんとう(さすが信州!)、缶入りのクッキーなどを買い、両手に抱えていたら、若い店員さんが気を利かして、「こちらをレジのところで預かっておきますので、他のものもごゆっくりお買い物ください」と預かってくれました。

そして、ここでも素敵なポストカードを発見!

ボルドー、シャンパーニュ、イタリアの各ワインの産地や地区と、ブドウの品種を色分けした地図がプリントされたものです。ネットや本でこういった地図を見たことはありましたが、ポストカードになっていると、ちょっと調べたい時に便利ですよね。さらに、ボルドーとシャンパーニュは当たり年も載っていて、私がヴィンテージワインに手を出すことはないでしょうが、参考になります。

さて、買い物を済ませた私は、1日6回あるという蒸留所見学なるものに参加することにしました。ウイスキーの蒸留所が現在も残っているのです。
しかし、メルシャンがウイスキーを造っていたとは知りませんでした。もっとも、数年前にメルシャンがキリンの子会社になった時に、洋酒部門をキリンに譲渡しているため、
現在は、ウイスキーはキリン、ワインはメルシャンとなっているんですが。

     つづく
FC2 Blog Ranking

美術館・博物館 展示めぐり。学問・文化・芸術

コメント

そばのかりんとう

そばぼうろが好きなのですが、そばのかりんとうも軽そうで食べてみたいです。

ポストカードが図鑑みたいで、面白いです。

それにしても紅茶よりワインとは、本当にワインがお好きなんですね^^

創さん

そばのかりんとう、癖になりそうな美味しさで、母と二人で二日で一袋食べきってしまいました。

紅茶はある程度味を想像できますが、ワインは、一つ一つ味が異なり、飲んでみないとわからないところが魅力ですし、美味しいワインに出合うと、幸せな気分になりますよね!

美術館にワイン試飲に更には工場見学まで♪♪楽しそうで、すっかり小旅行への妄想が広がってます。

ミュージアムショップってアーティストの作品がそのまま売ってたり…と結構美術館さながらですよね。

以前ミュージアムショップで見た、ダリやフリーダ・カーロの縫いぐるみがかなりそっくりで(笑)心惹かれました。

うわさん

妄想、広げて読んでくださってありがたいです。何しろ私のブログは、写真画像を一切使わないので、スキャナー画像と拙い文章で、何とか見たものを説明しようとしていますので、足りない部分を想像や妄想で補っていただかないとつらいです。

実物とそっくりなダリやフリーダ・カーロの縫いぐるみって何か怖いっ!
そういえば、かなり前にムンクの叫びの人形(小さなぬいぐるみ)流行りましたよね。

まあ!

買い占めてしまいそうですね!十二分に楽しまれてきたようですね。
確かに、紙だといいもの、布だといいもの、好みのデザインがまったく違ってきますね。
ところで、他人の気がしないオルサさん、 もしよろしければ、イランかトルコからお便りを差し上げたいと思います。いかが?

碧 さん

お気に入りのミュージアムショップを一つ見つけて、嬉しい収穫でした。行くには時間とお金が掛かりますけど(笑)。

碧さんからの、イランかトルコからのお便りですか?!是非いただきたいです~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/496-5796874f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。