スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

クリスマスのプレゼント 

消費生活センターネタ(参照消費生活センター、私の場合)は、ちょっとお休みします。せっかく今日から12月ですので、
クリスマスネタを。

街は、もうすっかりクリスマスモードですよね。そこで私もブログをクリスマス仕様に衣替えしてみました。プロフィールのところにあるテディベアの画像に、サンタさんの帽子をかぶせてみたんです。画像合成のフリーソフトを使い、作成しました。テディベアの背景が白色だったら、もっと自然な仕上がりになったのでしょうが、初心者ゆえ、これが精一杯。ブログタイトルバックの画像も併せ、これでメルヘンチックになったでしょうか?

メルヘンチックといえば、毎年姪達にあげているささやかなクリスマスプレゼント。今年は、これを選んでみました。<姪達には秘密!>

彼女達がもっと小さかった頃は、よく絵本をプレゼントしていました。
絵本を読んで、楽しんでもらいたいという思いに加え、
私が子供の頃に読んだ思い出深いお話を知ってもらいたい。
ワクワクしたり、反対に悲しんだり、一冊の本を読んで湧き上がってくる様々な感情を体感して欲しい。
絵本を通して、世の中のルールや仕組みを知ってもらいたい。
今、自分たちの周りには見当たらないけれど、世界のどこかにある素晴らしい物や事柄が存在するんだってことを知ってもらいたい、想像してもらいたい。

と、まぁいろいろな願いを込めて、絵本を贈っていました。

ところで、数ヶ月前に友人から一冊の絵本をいただきました。


20071201102910.jpgそれは、ゆずちゃんのおはなばたけ(新風舎)。
友人の友人のご家族の方が書かれた本です。画像にはありませんが、帯にはこんな風に書かれていました。

みんながもっているのに
 せかいに ひとつしかないものって なあに? 
 いっしょに いこうよ、 ココロさがしの ちいさな たびに…

主人公ゆずちゃんが、お友達のちいちゃんに「わたしのココロはりんごみたいに真っ赤でハートの形をしているの。ゆずちゃんのココロはどう?」と聞かれたところからお話が始まります。ココロってなんなんだろう?どんな形でどんな色をしているものなのだろう?ゆずちゃんは疑問を解明するため、他の友達やお母さんに尋ねます。「あなたのココロの形や色は?」「ココロってなんなの?」

そして、お母さんとの会話の中で、自分が嬉しい時に、胸の奥の方にあるお花畑に、お日様が顔を出してくることに気がついたゆずちゃん。ココロとは気持ちが生まれてくるお花畑のようなところで、時には雨が降ることがあるけれど、世界にたった一つの、宝物のような自分のお花畑を大切にしていきたいと、ゆずちゃんは悟ります。

この絵本で語られていることは、とてもシンプルだけど、猥雑な日々の生活の中で、自分を含めた大人たちが忘れがちな大切なこと。そして、ピュアな子供の疑問「心とはなんなんだろう?」に対する、素敵な答え方を指南しているとも言えます。本屋でこの本を目にしたら、是非手にとって中身をご覧ください。

クリスマスに絵本を贈る。あ~あ、私も子供時代にもらってみたかったな!
 ・おまけこどもの本(amazon)
     クリスマスに贈りたい絵本(セブンアンドワイ)
     心を伝える本の贈り物(bk1)
 
 ・クリスマスの関連記事幸せテディベアのモノローグより
FC2 Blog Ranking

コメント

Holiday Season is Coming

年々前倒し気味の(東京の)街のイルミネーションをみてもいまひとつ実感がわかないものでしたが、カレンダーが一枚になると一気にクリスマス、年の瀬を告げられた気になります。

本のプレゼントは素敵だと思いました。

いつも思うのが、自分にもオルサさんの様な素敵なおばが居てくれたら・・
きっと子どもの頃から好奇心いっぱいだった私はうっとおしいぐらい色んなお話を聞かせてって付きまとっていたでしょう。
子どもの頃だけでなく、今でも何か相談事ができるようなおばが居てくれたらって思うことも沢山あります。オルサさんはきっと姪っ子さんたちにとっていくつになっても頼れるおば様でいらっしゃるとおもいます。

クマさんの帽子、すごい技だ、どうやるんだろう?って思っていたのでうかがう前に知れて得した気分です。

また、絵本に関してですがいつもながら幅広い話題でオルサさんは「ドラえもんのポケット」のような人です<例えが稚拙で申し訳ありません>。

いろいろ家族間での嫌な事件の多い世の中の今だからこそ、こういった心について書かれた本は必要な気がします。きっと作者の方もそれを訴えたくて出版されたのでしょう。

なかなか良さそうな本なので、自分の甥っ子へのクリスマスプレゼントにしたいと思います。クリスマスぐらい良いおばちゃんをしたいと思います。<プレゼントは何が良いか、いつも迷う所ですので参考になりました。>

デンドン さん

確かに!カレンダー、もう残り一枚になってしまいましたね。師走とはよく言ったもので、この一枚になると、時の進み方がさらに早まる気がします。

クリスマスも、あっという間に来るんでしょうね。

ニキータさん

私の稚拙な記事から、いろんなことを感じ、考えてくださって、こういうコメントをいただいて、ブロガー冥利につきます。
子供の頃は素敵なお兄さんが欲しいと思っていましたが、今はニキータさん同様、何でも相談できるおばさんがいたらなって思います。現実に、私のおばたちは、いろんなものを送ってくれたり、心配をしてくれたりと大変親切ですが、さすがに「何でも相談する」ということはできません。また、私の姪達も、親に言えないことを私に相談してくるということはないです。

でも、「自分のために、○○をくださった」とか「心配してくれている」ということがわかると、それだけでもココロが温かくなります。おばたちから教わったそういうことを、姪達に伝えたいなと思っています。

ニキータさんが、この本を甥っこさんにプレゼントしたいと書いてくださって、こっぱずかしい感じです。

私は長女ですが、きょうだいにとって<いばっていて>あまり良い姉でなかったので、「自分の上に兄姉が居なくて良かった」って思っていたし、今も思います。

プレゼント選び

プレゼント選び、大好きです。
オルサさんの選んだCicely Mary Barkerのカード、素敵な贈り物ですね!気に入ってくれると良いですね^^

私も一冊用意してるんです。小学生の姪が複雑骨折して現在入院中。退院しても年末年始は会えそうにないらしく、クリスマス前に見舞いに行こうと思っています。この本を持って⇒
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061470329/fc2blog06-22/ref=nosim/
私が子供の頃好きだったコロボックルのシリーズなんですが、気に入ってもらえたら嬉しいなあ。(実は半分自分も思い出したくて購入しました・笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/449-c1ba1721

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。