スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

シチリアの騎士道~その1 

7月に楽しみにしているイベント。それは、コレ
teatro_massimo.jpg

イタリア パレルモのマッシモ劇場(Teatro Massimo)
のオペラ来日公演です。

海外のオペラ劇団を招聘した場合、一番いい席が4万、5万は当たり前。スカラ座クラスだと7万円位(あるいはそれ以上?)しますよね。とにかく高い!というイメージが強くて、今までとても行く気がしませんでした。見るからには、やはりいい席でないと意味無いと思いますし、いっそテレビやDVDで見ればそれで十分。という考えでした。

ところが、今回は「行かねばならぬ。」と、思わずにはいられない出来事があって、思い込みの激しい私は、多少迷ったものの、チケットを購入したのです。

ここで、マッシモ劇場について少し説明を。

地元の建築家ジョヴァン・バッティスタ・フィリッポ・バジーレによって、当時の最新技術を駆使して造られたこの劇場。1875年に着工後、22年もの歳月をかけ、1897年に落成しました。パレルモの顔ともいえるこの建物を、私、過去3回パレルモを訪れた度に見ています。
初めてその姿を見たとき、その華麗な姿に「パレルモには、今でもこんな綺麗な建物があったんだ~」としみじみと思いました。というのも、
パレルモ駅前から続く道路を歩き、バスに乗って見えたものは、地球の歩き方(イタリアに載っていたゲーテの言葉「世界一美しいイスラムの都市」 からイメージしてパレルモからはずいぶん様変わりした、近代的な建物と全体的に埃っぽくて、カオティックなパレルモの姿だったのです。

マッシモ劇場を見て、少しパレルモが好きになり、翌日、旧市街を歩き回り、イスラム文化の影響を色濃く残しているエレミティ教会パラティーナ礼拝堂のあるノルマン宮を目にし、どうにか、かつての栄華を感じ取ることができました。

さて、先ほど書いた、オペラを見に「行かねばならぬ。」と、思わずにはいられなかった出来事。それは~
 
つづく
FC2 Blog Ranking

音楽のある生活音楽

コメント

Buon Viaggio !!

ということは、イタリア行きですね!
シチリアへは、3回行きましたがパレルモへは、一度も行っていません。テレビで見ただけです。

あちらには、イスラム文化の影響が残されているのですか。ほーー
シチリア、南イタリアは、すべてギリシャ文化だと思っていましたが。。
もっとよく知らなければいけませんね。

そのパレルモへ絶対行かなくてはいけないつづきを楽しみにしています。

オッ!アンリの話は、なかったことになっちゃうのかしら??・
移籍して新天地でめちゃかっこいい姿を見たいですよねーー

私もちょいとスポーツニュースを見に行ってみます。

harulaさん

残念ながら違います。記事に書いたように、来日公演を見に行くのです。

シチリアは、もちろんギリシャ文化の影響も受けていますが、9世紀~11世紀にイスラム支配の時期がありました。スペイン王国の統治下にあった時期もあり、様々な文化の影響を受けています。

harulaさんは、シチリアのどの町にいらしたのでしょうか?ちなみに私は、タオルミナ、メッシーナ、シラクーザ、トラッパーニ、チェファル、エリチェなどに行きました。

ふんぱつしてオペラのチケットを購入するに至った理由、早く知りたいですね~。オルサさんのブログ経由で南イタリアの町並みを見ましたが、北イタリアとは全然また違った様子で興味をそそります。いつかは「いかねばならぬ~!」ですね。

ニキータさん

つづきは、暫くお待ちを。
そうですね、北イタリアと南イタリア、随分町並みが違いますよね。それぞれ良さがあると思うんですが、シチリアの海の玄関 メッシーナから、サッカーの中村俊輔選手が以前所属していたレッジーナの街に船で渡ったら、雰囲気がまるで違って驚きました。想像以上に綺麗な町並み、そしてプロムナードでした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/408-3daa05f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。