excite, exciting , excited~その2 

前回excite, exciting , excited~その1のつづきです。

5月5日の午後、新宿 伊勢丹に出かけた私。目指すはもちろん食品売り場に新たにオープンした「アンリ・ルルー(HENRI LE ROUX)」CBS.jpg
塩キャラメルを買わなくちゃ!

伊勢丹の食品売り場に来たのは何年ぶり?かなりごった返しているデパ地下で、先ずは一番奥のほうにある洋菓子売り場へ。どこだどこだ?行列ができている一角を見つけ行ってみると、やはりそこが「アンリ・ルルー」でした。

近づいてみると、行列ができている先にチョコレートのようなものが入ったガラスケースが。チョコ?私が欲しいのは、キャラメルなのにって再び良く見てみると、ガラスケースに入っているのはキャラメルちゃん。いや、キャラメル様という感じで置かれています。キャラメルって常温でいいんじゃないのかなぁと思いながら順番を待っていると、係りの人がメニューのような下敷き大のボードを手に近づいてきました。

順番が来る前に注文するものを決めておいてくださいということですね。

しかし、それだけではなかった。数あるキャラメルの中で、皆さんのお目当てが、ブルターニュの有塩バターが入った塩キャラメル、商品名:C.B.S(セー・ベー・エス)ですので、バラでそれだけを買うことができなくなっていて、C.B.Sが必ず1個は入ったセットの中で、どれを選ぶか決めておいてください。ということでした。20070515230352.jpg
ルルー氏が作るキャラメルは、塩キャラメルだけではないのです。ショコラ味やカシス、フランボアーズ、パイナップルなどのフルーツ味のものもあるのです。とりあえず、何種類か入った袋を購入。

すぐにでも口に入れたいのを、お行儀悪いかなと思って我慢して、地下鉄の中でやっと食べてみました。

のしょっぱさと糖分の甘さとが絶妙のバランスですね。塩羊羹とか塩をつけたスイカのような感じです。
甘いだけのキャラメルだと、その甘さに途中で飽きてきてしまいそうですが、塩が適度に入っていると、味に深みが出て、一度食べるとクセになりそうです。

しかし、気軽には食べられそうにありません。lazyMikiさんも書かれていますが、お値段が…(やっぱりキャラメル様だ)。
 ・こちらCARAMELIER(laziMikiさんの「ここから」より)

ところで、塩キャラメル味を食べるのは、実は今回が初めてではありません。コンビニで買ったスイーツで、「塩キャラメルカスタード」というものを体験済みです。
 ・これデザート(ampm)

ニキータさんが前の記事にコメントくださったように、今、日本は塩ブームで、特に塩キャラメルがブームのようで、お菓子の各メーカーでも塩キャラメル味の関連商品を、続々と生み出しています。

一例を挙げると、

クランキー 塩キャラメル
塩キャラメルトッポ
明治プチスイーツ 塩キャラメル

ちなみに塩キャラメルは、ルルー氏オリジナルということではなく、ブルターニュでは有塩バターを使ったキャラメル、そしてその他のお菓子も一般的なようですよ。

さて、アンリ・ルルー氏のブルターニュのお店「LE ROUX」の公式サイトを見て、意外な事実を発見。

Google広告の下「続きを読む」をクリックしてみてください。続きが読めます。
FC2 Blog Ranking

excite, exciting , excited~その1でも書きましたが、チョコレートも評判がいいルルー氏。公式サイトには何と

CARAMELIERCHOCOLATIERではなくCHOCOLATIERCARAMELIER、つまり、キャラメル職人よりもチョコレート職人の方が先になってる!
・こちらLE ROUX公式サイト

つづく

日記日記

コメント

塩味といえば・・

私も塩キャラメル様のお味を体験してみたものです。
塩味といえば、トルコのアイランという塩ヨーグルトジュースが結構いけますヨ。

ドリアン さん

さすがセレブ駐在員様(笑)!塩キャラメル様をすでに体験済みですか。

トルコの塩ヨーグルトジュース、しょっぱくて、酸っぱくて、おいしそうですね。

lazimikiさんのブログを覗いてみたらカラフルでおいしそうなキャラメル様たちが!!高価ではあるけど宝石のように美しい。

オルサさんのせいで、すっかり私の口の中はアンリ・ルルーの塩キャラメルのイメージが広がりよだれいっぱい状態です。
<罪深いオルサさん!!!!>

塩ブームとはいえ、既にこんなにも沢山菓子メーカーから商品が出ていることも知らず、勉強になりました!

塩キャラメル

TBありがとうございました。
はじめまして。
僕はトッポの塩キャラメル味を食べましたが、お勧めの塩キャラメルを
食べてみたいものです。
塩で複雑な味になりますものねー。

ニキータさん

罪作りですか、ワ・タ・シ?
アンリ・ルルーのキャラメル様、伊勢丹で成功したら、他の大都市でも出店が相次ぐんじゃないですか?あるいは、単なるブームで終わってしまうのか?

deheheさん

紹介しておきながらなんですが、トッポもクランキーも、明治のプチスイーツも、まだ食べていないんです、実は。今度コンビニにいった時に買ってみようかしら?

日本では昔から、あんを煮るときに塩を入れるなど、甘さの引き立て役として、塩を上手に使ってきましたよね。この塩ブームをきっかけに、さらに塩を極めて、おいしいもの(特にお菓子)をどんどん世に送り出して欲しいですよね。

C.B.S.

TBありがとうございました!
CBS、塩味もさることながら、やっぱり私のふだんの定番ひと箱100円キャラメルにはない、ほろ苦いキャラメルらしい味わいに唸りました。
たまにはああいうのをじっくり味わって本物の味を思い出すべきなんでしょうか~。

あと、横レスになっちゃいますが、
ニキータさん、私のブログにお立ち寄り下さってありがとうございました!
そしてもちろんオルサさん、記事中でご紹介も頂いてありがとうございました。私もTBさせて頂きます。

lazyMiki さん

最近は、キャラメルを食べる機会がほとんどないので、昔良く食べていた森永やグリコのキャラメルとアンリ・ルルーの塩キャラメルとの味の違いが、イメージでしかわかりませんが、やはり値段の差だけの違いがあるんでしょうかね。

そうだ忘れてましたが、私、トレファンのキャラメル
http://www.cadbury.jp/cadbury/lineup/trefin.shtml
好きでした。

キャラメル様

オンチでスミマセンがこの塩キャラメルを食べても塩分取りすぎには、ならない!!つ~ことなんでしょうか。。

ルルー氏が作るチョコのほうに私は、サイトを見て目が行ってしまいました。
すみません、トンチンカンコメントで。。

harulaさん

塩キャラメルを食べても塩分取りすぎにはならないのか?

正直気になるところです。塩キャラメル1個あたり、どのくらいのNaが含まれているのか?舐めていて、程よいしょっぱさを感じるので、それ相応の塩分が含まれているのでしょう。しかし、例えば塩せんべいのしょっぱさに比べたら、可愛いものですよ。

ルルー氏のチョコ、ついでに買ってくればよかったのにって、ちょっと後悔してます。

いいなぁ~

ルルーさんのキャラメル、どんなお味なのか、ますます気になります。C.B.Sが抱き合わせでないと買えないとは、商売上手ですね(笑)
関西にも来ないかな~

お友達へも手紙も、より深みのあるものになりましたね!

塩味といえば、私のお気に入りのジェラート屋さんで「海塩ミルク味」というのがあるんです。塩が入ると、すごく美味しいですよ。

あつこさん

関西にも進出するといいですね。ルルー氏のお店。
ところで、ルルー氏のキャラメルは、他の方のブログを見てみると初上陸ではなく、バレンタイン前に毎年新宿伊勢丹で開催される「サロン・ド・ショコラ」フェアーでも出品されているようです。調べてみたら、関西では京都の伊勢丹で「サロン・ド・ショコラ」フェアーが行われているようですよ。塩キャラメルが販売されているかどうかは定かではないですが、もしかすると販売されているかも。

http://www.walkerplus.com/chocolate/depart/w010.html

ミニストップのソフトクリームが手軽に手に入るソフトとしては結構美味しいと思うのですが、それに塩を振って食べるのってどんなもんなんでしょうね~?明日やってみようかな???

ドリアンさんのおっしゃるアイラン、去る3月に初体験しました。日をおいて、2種飲みましたが、メーカーによって塩の濃さが違いますね。人によって好き好きがあるようで、私は平気でしたが友人は苦手と言っていました。どうしても飲むヨーグルトは甘いイメージがありますからね。

ニキータさん

かなり「塩」がお好きなようですね。塩飴だけではなく、ソフトクリームに塩をかけてみようかなんて。私はそこまでは…(笑)

塩分の強いものはもともと苦手なので、漬物も、買ってきたままだとしょっぱすぎるので、うちでは必ず水で洗ってから食べてます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/401-bfee25bc

CARAMELIER

つい先日、親不知を抜きました。所要時間は1時間半。いつもの先生ではなく、口腔外科の先生が登場して抜いて下さいました。私はどうやら「麻酔の効きにくい人間」であるらしく、それが先生の思惑より少々時間がかかった原因でした。その後は特に腫れあがるようなこともなく