スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

excite, exciting , excited~その1 

最近私は、ポータルサイトexciteに夢中です。かなり前に、故あってexciteの無料のウェブメールのアカウントを取得し、メールをチェックするたびに、度々トップページを開いていました。ところが、ほとんど素通りしていたんです。しかし、ある日のこと
「お気に入りエリア設定~お好みのコンテンツを選べます」
という文に目が留まり、自分にとって興味のあるもの、使用頻度の高そうなものを上の方に配置させてみたんです。

それから暫くたって、何とな~く、上の方に配置させてあるGarboという女性をメインターゲットとしたWebマガジンを開いてみました。すると、「キブロン発のキャラメリエ アンリ・ルルー」という記事を発見。アンリ・ルルー氏の写真を観て驚きました。この方、見覚えが!

今年の2月にNHKでも放送されたパリのサロン・ド・ショコラの中で行われたショコラティエのコンペティションに出場していた、トマトを使ったユニークなボンボン・ショコラ作りの方ではないですか。
 ・参照パリ発 バレンタイン話(過去の記事)

ということは、ブルターニュの方ですね!

たまたまその時、ブルターニュに住むペンパルに手紙を書いている途中だったので、俄然興味が湧いてきました。記事の内容は、新宿伊勢丹に、アンリ・ルルーの塩入りバターキャラメルを売るショップがオープンしたというものでした。

いつもだったら、「おいしいそう!たべてみたい。でも、新宿まで行くのはダルイ。」ということで、塩入りバターキャラメルを味わう機会を逸し、それでも忘れた頃に、人に頂いてやっと口にする。というパターンだったのでしょうが、今回は手紙の内容を厚くするために、いざ新宿へとなったのです。

つづく
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

オルサさんも!

塩入りバターキャラメルを買いに行かれたんですね。いいなぁ~
やっぱり東京はいろんなものがあって、いいですね。
続きも楽しみです♪

早くつづきが読みたくてしかたありません!

名古屋でもここのメーカーではないですが、塩にこだわるパティシエさんという特集であるお店が紹介されていて、やはり塩キャラメルを間もなく売り出すということで粒粒が画面で見てもおいしそうだった。

塩飴も冬場に美味しいのにはまっていましたが、残念ながらスーパーから消え、他のメーカーので超えるものは見つけられない。

TVによると今、世は塩ブームだそうですよ!
<名古屋の或るジェラート屋では三重県の手作り塩を使ったアイスが一番人気らしく食べてみたいと思いましたが名前を忘れてしまった!>

アンリ・ルルー

私はまず朝日新聞の記事で紹介されていたのを目にして、「ほぉ~・・・」と思っていたら、オルサさんの触れておられるエキサイトの記事に気付き、行ってみたくなりました。

続編が待ち遠しいです。

あつこさん

そうなんです。いつもは、情報はゲットしても、実際に行かない場合が多い私ですが、珍しく今回はでかけてみました。
今回アップした記事は、Mikiさんのところのコメントにも書きましたが、すでに下書きしてあったものです。今日は眠くて続きが書けそうにありません。もう暫くお待ちを。

ニキータさん

次回以降の話を塩ブームにからめて進展させようかとも思っていましたが、止めますね。アマノジャクなので(笑)。

lazyMikiさん

結局、記事をアップさせました。お蔵入りにしないで。Mikiさんは朝日新聞で情報を得たのですね。私、最近、紙媒体から情報を得る機会が極めて少なくなって、今や、定期購読している雑誌は0(例外が月間テレビ番組表)。でも、新聞は時間があったらなるべく読みたいと思っています。思わぬ収穫があるし、本の広告や書評もチェックしたいので。

グルメ日本

日本は、本当にすごい!と日本にいたときは、ちっとも感じなかったグルメ日本!!
明日は、どんなものが日本に入り話題になるのかしら。。。

手作りのキャラメル好きなんです。
ギリシャにも売っていますが塩じゃないだろーーなーー??

え~!私のコメントがオルサさんの文章の予定を変更させてしまったとは、墓穴を掘ってしまった!!オルサさんの予定していた内容が何だったかとても気になります!<でもきっと、オルサさんならそれ以上の物を提供してくれるとより期待も高まったりします>

harulaさん

本当にそうですね、グルメ日本!
海外の美味しいものが日本に居ながらにして楽しめるんですものね。外国料理の専門店も数多くありますし。

harulaさんは、手作りのキャラメルがお好きなんですね。子供の頃に友達のお母さんが作ったキャラメルをいただいて食べたのを思い出しました!

ニキータさん

どうぞご心配なく!実はこの記事、とっくの昔に書き始めて、その続きを書く時間がなくアップできていなかったのですが、どんどんネタが古くなっていきそうだったので、とりあえず書いたところまでアップさせたのです。

続きは如何様にも書けますよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/400-a1a30e66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。