スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

数十秒のエレガンス 

20070308231440.jpg 私が今、最も好きなCM、エステティック「ソシエ・ワールド(Socie)」。このCMに出演されているのは、フランスの女優 ソフィー・マルソー(Sophie Marceau)さん。
 ・参照ソフィー・マルソー(Wikipediaより)

CM自体は非常にシンプルな作りで、映し出されているのは、絹のような軟らかい白いドレスを身にまとったソフィー・マルソー。大人の女性のみが持つエレガントなたたずまいが非常に魅力的です。彼女のしなやかな動きと彼女のフランス語の美しい響き。その雰囲気に非常にマッチした音楽が印象的です。

この曲は、大ヒットドラマ「のだめカンタービレ」や現在放送中の
TBSドラマ「華麗なる一族」の音楽他、多くのドラマ、映画音楽などを手がけている作曲家 服部隆之さんの「美しき人(La Bellefemme)」という曲。残念ながら、まだCD化などはされていないようです。
 ・参照ぷりログ(by YAMAHA)

この服部氏、お爺さまが服部良一氏、お父さまが服部克久氏ということは、つとに知られていますよね。
 ・参照服部隆之(Wikipediaより)
    服部隆之 公式サイト

そしてCMの監督はジャン・クロード・ティーボー(Jean-Claude Thibaut)、さらに撮影監督は、映画「王妃マルゴ」「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」などの美しい映像や最近では「チャーリーとチョコレート工場」の撮影で知られ、ブラッド・ピッドの出世作リバー・ランズ・スルー・イットで、アカデミー賞の撮影賞を受賞しているフィリップ・ルスロ(Philippe Rousselot) 。<注:情報源にはフィリップ・ルーセロと表記してありましたが、フィリップ・ルスロという発音の方が一般的>
 参照ソシエのCM(by P.I.G.)

CM効果がどの程度あるのかわかりませんが、
一つの映像作品として、とても気に入っています。
 ・参照ソフィー・マルソー著「うそをつく女」
    服部隆之さんの作品

[追記]このCMが再び見られるサイトを発見しました。詳しくは
 ・こちらあのCMがやっと!
FC2 Blog Ranking

CMの話題テレビ・ラジオ

コメント

題名がいいですね。
「数十秒のエレガンス」

考えみるとCMって作るの大変だろうなァ。一分も満たない時間で役者のイメージ、スポンサーのイメージ、商品のイメージ、ミュージシャンのイメージ、で、製作するクリエイターのイメージまで上げないといけない。

やりがいがあるとも言えるけど、ストレスなんて凄そうだ。

アガホアさん

CM作りには、お金も時間もかかるでしょうね。最近は放送されたものを録画しておいて後で観ることが多く、再生するときに思いっきりCMを飛ばして時間短縮している私です。こういう人間が増えてしまうと、CM業界にとっては頭の痛い状況となりますね。

トラバありがとー!

はじめましてe-250
トラバありがとー!

ソフィー・マルソーさんも美少女から美女にすっかりと様変わりしましたね。
私個人としては若い頃のふっくらとした美貌の方が好みかも?(照)

考えてみると、CMって超短編ドラマですものね。
それでいてあのクオリティーは素晴らしい!(誉)

クワピロ さん

コメントをありがとうございます!

彼女のデビュー映画「ラ・ブーム」から顔の造作は変わっていないのですが、女優としては、だいぶ成長されたようですね。
そうですよね。クワピロさんがおっしゃる様にCMって超短編ドラマ。ただし、見たいときに見られない(いつ放送されるかわからない)っていうのがCMの宿命。今見たいのに!

Philippe Rousselot Film

10代のアイドル時代は正直関心は薄かったですけど、90年後半以降の彼女の作品は結構観ています。確かにBGMと良くマッチしている仕上がりですね。『リバー・ランズ・スルー・イット』はぼくもお気に入りの作品のひとつです(03年の『ビッグ・フィッシュ』と)。

デンドンさん

ソフィー・マルソー、個人的には現代物よりも歴史物の方が合っているような気がします。といっても、彼女が出演している映画の中で、私が見たのは「ラ・ブーム」以外は歴史物ばかりのような。

永遠のリセエンヌ

あっ、このCM見たことありますよ!
白いつるんとしたドレスが体にまとわりついて、本当にエレガントですよね~。ソフィー・マルソーは「ラ・ブーム」のアイドル時代から上手に大人の女性へと脱皮した女優さんのひとりだと思います。ふだん映画に携わっている方々がCMを作るとショートフィルムのようで見ごたえがありますね。
逆にCM監督さんの映画進出も増えていますし、異なる業界同士が違った感性をしのぎ合って高めあうのって、受け手にとってはうれしい限り。まっ、裏では互いに縄張り争いが激化していそうですが・・・(笑)


Carolita さん

このCM、実をいうと気になる部分が。ソフィー・マルソーの笑いジワ。(笑)

しかしそのシワをひっくるめたすべてで、大人の女性を体現しています。見れば見るほど好きになってくるCMなんですよね。Carilitaさんがおっしゃるように、映画に携わる人たちの参加によって、ショートフィルムのような仕上がりになっていますよね。優雅で洗練された雰囲気。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/380-e77929dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。