スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

シチリアン・ダンス 

YouTubeで、以前好きだったアーチストのビデオクリップを見つけて以来、YouTube依存症が始まりそうだと、この前書きましたが、(過去の記事もう寝てなんていられない!
お気に入りだったポップミュージックを大方、探し終わった私は、クラシック音楽で、CDを買うほどではないけれど、好きな曲を探してみることにしました。

そこで、先ず探したのが、シチリアを舞台にしたオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ(Cavalleria rusticana)の間奏曲」、ピエトロ・マスカーニ(Pietro Mascagni)作曲。オペラファンでなくとも、CMなどで一度ならずお聞きになったことがあるはずです。
 ・こちらカヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲(YouTubeより)

ちなみに、このカヴァレリア・ルスティカーナ(Cavalleria rusticana)、日本語に訳すと「田舎騎士道」となります。

そうだ!、シチリアつながりで、誰の作曲かわからないけれど「シチリアーナ(Siciliana)」というタイトルで、好きな曲が2つあった!ということを思い出した私。探してみることに。すると、それらしきものはあったんです。でも、聞いてみるとお目当ての「シチリアーナ」ではないのです。聞いたことがある曲ではあるのですが。
 ・こちらフェルナンド・ソル(Fernando Sor)のシチリアーナ (divertimentos Op.2の-6番) <YouTubeより>

これもシチリアーナですか。私が探している曲もそうですが、物悲しいメロディーですね。それにしても、シチリアーナという曲がこういくつもあると紛らわしいし、そもそも何故こんなにいくつもシチリアーナが存在するのか?

その答えは、Wikipedia「シチリアーナ」に載っていました。

「シチリアーナ:ルネサンス音楽末期から初期バロック音楽に遡る舞曲の一つ。ゆるやかな8分の6拍子か8分の12拍子で作曲され、ためらいがちにたゆとう曲想と付点リズムが特徴的で、通常は短調(もしくは自然短音階)をとる。おそらく「シチリア舞曲 danza siciliana」ないしは「シチリア風に A la Siciliana」に由来する女性名詞であるが、男性名詞であるシチリアーノ(siciliano)や、フランス語の女性名詞シシリエンヌ(Sicilienne)も用語法として定着している。」

つまり、シチリアーナとは、シチリア風の舞曲のことだったのです。
20070224004914.jpgそこで、YouTube「シチリアン・ダンス(danza siciliana)」で検索してみると、面白い動画が出てきました。どんなダンスだと思いますか?ヒントはこの画像。昔は、こういう衣装を着て踊っていたと思われます。イタリアといったら…
 ・まずは、動画をご覧くださいシチリアン・ダンス(YouTubeより)




答えは、ブドウの収穫祭の踊りです。

さて、脱線しましたが、お目当てのシチリアーナ、結局YouTubeでは出てこなかったんです。でも検索の結果、その曲が、ガブリエル・フォーレ作曲の「シチリアーナ」と、バッハ作と伝えられている「シチリアーノ」(フルート・ソナタ変ホ長調BWV1031)だということがわかりました。やれやれ。

 ・試聴フォーレのSicilienne <8番をクリックしてください>
    フォーレのSicilienne <3番をクリックしてください>
上下同じ曲ですが、下の方が音がクリア。ただし、SonicStageもしくはMAGIQLIP2のダウンロードが必要

 ・試聴バッハのシチリアーノ <ストリーム再生をクリックしてください>

あと、これも有名ですね。
 ・試聴オットリーノ・レスピーギのシチリアーナ 「リュートのための古風な舞曲とアリア」


平原綾香の新アルバムそらには、このレスピーギの「シチリアーナ」に歌詞を付けたものも入っています。リッスンジャパンで検索して、試聴ができます。
 ・こちら20万曲聞き放題♪人気アーティスト完全網羅!
FC2 Blog Ranking

音楽のある生活音楽

コメント

ダンシング

イタリアのメス熊は私に幸せを与えてくれるようだ。

シチリアン・ダンス・・・夜中だけど家で踊るとする!

アガホアさん

踊ってください、お好きなだけ!

だけど、ご近所迷惑にならないように。

どの曲も良いですね~。(^^)
陽だまりの中でゆったり聞いてる感じがして、頭の中がリフレッシュされました。

りんくう さん

気に入っていただけましたか。
好きな曲を聴くと、本来の自分に戻れる気がします。数多くある「シチリアーナ」「シチリアーノ」の中で私の一番のお気に入りは、フォーレの「シチリアーナ」です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/376-4b60de7e

クラシックのうんちく

ルネサンスとは「再生」を意味する言葉で、古代ギリシャ・ローマの復興を目指した14世紀から16世紀頃の(主にイタリアの)文化運動(絵画、彫刻、建築、文学)に適用される概念である(ルネサンスの項目を参照)。同時代の北方のブルゴーニュ等にも新しい芸術・文化の動きが
  • [2007/07/28 23:01]
  • URL |
  • クラシックのうんちく |
  • TOP ▲

ルネサンス音楽ルネサンス音楽とは、ヨーロッパにおいて、15世紀から16世紀のルネサンス期に作られた音楽の総称である。中世西洋音楽とバロック音楽の中間に位置し、その中心をなすのは、ポリフォニーによる声楽、とくに、宗教曲である。中世・ルネサンス音楽をまとめて、初
  • [2007/09/13 18:07]
  • URL |
  • クラッシックの世界 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。