ミラクル美肌~その2 

先日の「ミラクル美肌~その1の続きです。突然、お肌の張りがよくなって、目元の小ジワが伸びた理由ですが、思いつく2つとは、
腹式の深呼吸と、久しぶりに飲んだミントティーです。

な~んだ!なんて言わないで下さいね。
その2つ以外には、考えつかないんですよね。ミラクル美肌の理由。

深呼吸が体にいいらしい。というのは、今まで何度か聞いたことがありますし、呼吸を意識することによって、様々な効果があるとは、よく耳にします。

例えば、時代劇ドラマ「水戸黄門」でお馴染みの女優 由美かおるさんが薦める「西野流呼吸法」。テレビで見たことがあるのですが、それは、意識的に息を吸ったり吐いたりしながら体を動かす体操で、これを日々行うことで、細胞が生き返り、若さを保つことが出来、ダイエット効果もある。というようなことをおっしゃていたかと思います。

また、美容とは関係ないですが、声に出して読みたい日本語でお馴染みの齋藤孝さんも、「音読するには、声を強く出さなくてはならないので、音読を続けていると、自然と強く太い呼吸ができるようになる。そして呼吸をコントロールできるようになると集中力もつく。」というようなことをおっしゃっていますよね。

腹式呼吸に限って言えば、NHKの「ためしてガッテン」では、呼吸法をテーマに取り上げた時に、腹式呼吸によって血行が良くなったり、ストレス緩和効果があるという実験結果を放送していました。
 ・参照ためしてガッテン「呼吸法!ホントの健康パワー」

さて、私は今回、久しぶりに腹式呼吸で深呼吸しました。息を吐くときは、肺活量を計測するときのように、もうこれ以上できないというくらいまで吐ききり、しかも息を吸うときは腕を上に上げながら。

この深呼吸で、血行が良くなったのでしょうか?細胞が生き返ったのでしょうか?

20070128005249.jpgもう一つの理由、ミントティーは、私の常備ハーブティーの一つで、ティーパックのものをたまに飲むのですが、久しく飲んでいませんでした。以前友人に、頂き物のお礼としていつも飲んでいる
ポンパドールのペパーミントティー<楽天市場より>を差し上げたことがあるんですね。ミントティーは、体内の毒素を排出する効果があるらしいですが、その友人は、飲み始めてから体重が程よく減って、体調もいいって言ってました。他にも、花粉症の症状を緩和する効果消化促進作用鎮静作用などがあるようです。ただし、妊娠中の方は、避けてください。

深呼吸も、ミントティーも、それぞれ血行を良くしたり、毒素を排出したりと、新陳代謝には良いようですね。今まで、ミントティーであれば、飲んだ後、腸の働きが活発になるみたいだなという実感や、深呼吸をすると落ち着く、という実体験がありますが、今回のようなお肌の上での効果というのは初めてです。2つを同じ日に行ったことで、相乗効果があったのか?あるいは、この2つ以外の「ダウンロードしたバッハの曲のチェンバロ演奏を夜聞きまくった。」が良かったのか、あるいは気が付いていない他の理由があったのか、全くわからないのですが、少なくとも、深呼吸とミントティーは、体に良いようなのでお奨めします。
 ・参照All About「ミントティーが花粉症に効く」
    All About「ミント」

    「西野流呼吸法」サイト
    「齋藤孝 式 呼吸入門」
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

予想はずれました^^;

前回のオルサさんのお返事で、アロエかなぁと思ってたのですが、ミントでしたか!ミントにそんな効果があったとは意外でした。

深呼吸も体にいいですね。これ以上はけないくらい息をはくと、体の内側の筋肉も鍛えられるそうですよ。

太鼓判

確かにこの2つは効果あります!
私は朗読屋なので、腹式呼吸は、健康に良いことは太鼓判を押します!
ミントティーはすきっとした気分にもなりますし、なるほど納得の記事でした!

あつこ さん

アロエも胃腸にいい様なので、肌にも少なからず効果があるかもしれませんね。

深呼吸は、体の内側の筋肉を鍛えるのですか。顔の筋肉も鍛えられるといいですね。

aoiさん

腹式呼吸とミントティーは、aoiさんの生活の中に、すでに取り込まれているのですね。

ミントティーも、ティーパックではなく、ミントを自分で栽培して、摘みたての葉で煎れたらもっと体によさそうですね。

ミント<ペッパーミント>は私も大好きで、その「香り」は特に生活に取り入れています。

主なものはボディーシャンプーや入浴剤。入浴剤はクナイプのバスソルトのミントの香りが好きです。日本の物はミントをうたっていても香りがしないものもあり、もう試すのをやめました。

その他、ロゴナ社の化粧水や泡洗顔料にミントの物が有り、化粧水に関しては自分の肌質に合ったものではないのですが無理やり化粧水だけ「香り」優先で使っていました。<旅行時に購入してくるので化粧水は切らしてしまいました>

ミントティーもたまに無性に飲みたい時も有りますが、いつの間にかある事を忘れもったいない事に消費期限が切れてしまいました。
オルサさんの記事で、その効能が思っていたより良さそうと分かったので次回購入時には無駄にせず飲もうと思います。

自分は結構ペッパーミント依存症の域だと思います。

青汁かと思っちゃった・・・。
ミントティーの方がずっといいです。
ミント・ミルクティーでも同じ効果が期待できるでしょうか?

腹式呼吸・・・ヨガなんかも、呼吸法は大事みたいですものね。

ああ、体にいいことしなくっちゃ。
柔軟体操だって、やろうやろうと思いながら、まだ全然です。

ニキータさん

かなりミント(あるいはミントの香り)を生活の中に取り入れていらっしゃるのですね。そういえば、私はミント味、特にペパーミント味のキャンディやタブレットが好きですし、前には、肩が凝るとよく北見のハッカ油をぬっていました。

ミントの香りを嗅ぐと、脳が覚醒し、体がしゃきっとなりますね。

lazyMikiさん

ひっかかりましたね(ニンマリ)。「緑色の飲み物」とは、ミントティーでした。ミント・ミルクティー、飲んだこと無いですが、たぶん、効果は変わらないんじゃないでしょうか?

ギリシャのおばあちゃんたち

答えを楽しみに待っていました。

ギリシャは、ミントを使った料理が多いです。そのせいかオリーブオイルのせいかおばあちゃんたちのお肌は、つややかです。
ペパーミントでしたら
水分の喪失を抑えるので、美肌効果があるといいます。
そうでなくとも新陳代謝に効果があるので腹式呼吸の助けもあってお肌がつやつやされたのでは、ないかなーって思いました。

リンクを勝手ながらさせていただきました。よろしくお願いします。
そしてこれからも遊びに来ます。

harula さん

ペパーミントは水分の喪失を抑えるんですか。ふむふむ。解毒作用もあるし、優秀な植物ですね。

リンクの件、ありがとうございます。私もさっそくリンク集「海を渡れば~」の中に、harulaさんの「ATLANTIDA-ギリシャ便り-」を入れさせていただきますね。これからも宜しくお願いいたします。

またまた私<ニキータ>です。

ミントのタブレット、3年ほど前に「さわやか吐息」依存症でした。絶つのに苦労しました。

ハッカ油=ミントオイル=は”化学的な薬嫌い”のドイツ人が家庭薬として頭痛を抑える薬として使われたりしてポピュラーです。

ギリシャ料理ではミントを料理に多用するのは興味深いですね。以前友人の友人であるベトナム人の手作り料理をご馳走になった時も揚げた春巻きと共に生のミントの葉を食べていたような記憶が。もう一種の葉は生のドクダミの葉で、好き嫌いは有ると思いますが私は結構はまりました。
まさか生で食べられる葉とドクダミの事を見たことがありませんでしたからカルチャーショックでした。

日本人も和のハーブを自然に生活や食事に取り入れていますが、よその国の人がやっている方法を真似て新しい物を取り入れても楽しいかもしれませんね。

美味しい所取りで健康になれたらなおそら良いですね。

ミントのこと

ニキータさん

生のミントの葉は、レストランなどで食べるデザートに付いてきたものを、たま~に食べる程度です。油っぽい揚げ春巻きにミントという取り合わせは、利にかなってますね。生のドクダミの葉というのは、味を想像できません。

ドイツでは、ミントオイルは頭痛を抑えるために使われているのですか。ニキータさん、ミント博士みたいですね。良くご存知で。

ミントに対して「ミント博士」の称号を頂けるほど詳しい知識は無いのですが、こだわりはかなり有りますね。

ニキータさん2

へぇ、ミントもこうやっていろいろな方からお話を伺ってみると、奥が深いですね。子供の頃から、ハッカやミント味のものが好きですが、ミントを特に意識しだしたのは、モロッコに行った時にミントティーを初めて飲んでからですね。旅行中、ホテルやお店などで何度も飲みました。砂糖入りだということに、最初違和感がありましたが、郷に入れば郷に従えで、だんだん慣れました。今は、ストレートで飲んでます。

なるほど

呼吸、重要かも知れないですね。
確かに現代人は呼吸が浅いらしい…。ヨガブームもこのあたりから来ているのでは??なんて思ってしまいます。
深呼吸をすると細胞活性化(アンチエイジング)だけでなく、ダイエットにもいいそうです。

QUiosCoさん

深呼吸、できればマイナスイオンやフィトンチッド一杯の森林で深呼吸したいですね。アンチエイジングやダイエット効果が倍増しそうですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/370-a7794ae1