買い物旅行 

海外旅行をするとき、旅先での買い物って楽しいですよね。これだけ物流がスムーズな時代でも、現地に行かないと絶対入手できないものはまだまだたくさんありますし、ちょっとした日用品でも、日本のものとは形状も色も違って、そういうものを見て歩くだけでも楽しめます。
中には、買い物が目的で海外にいらしゃる方々もいますよね。私は、そういう旅行はしませんが、今日私が見たテレビ番組は、案内役の女性が買い物をするために海外に旅行するという、その名も「Let's Shop」という番組です。

裏ブログでも話題にしたCSデジタル(参照番組よさらば」<幸せテディベアのモノローグより>なんですが、今日のお昼前にたまたま見たのが、「ep055チャンネル」で放送していたこの「Let's Shop」です。

20061202153130.gifインテリアデザイナーでもあるメディア・パーソナリティのシェリル・ガレスピー(Cheryll Gillespie)という女性が番組ホストを務める、北米で人気の番組だそうで、彼女が実際に世界の選りすぐりのショッピングエリアを旅して、世界的に有名なお店やセレブ御用達のお店を訪ねて、様々な商品を紹介する番組らしいです。私が見た今回は、フランスのニースを紹介していました。番組の公式サイトをチェックしてみると、11月には東京、カナダのモントリオール、10月には南アのケープタウンなどを紹介したようです。

さて、私が見始めたのは本当に最後の方だったのですが、南仏グラースの老舗香水会社、モリナール(Molinard)社のショップを紹介していました。モリナール社は創業が1849年。英国のヴィクトリア女王(1819~1901)も香水を求めて工房を訪れたといわれ、1921年に発表されたアバニタ(日本ではハバニタとも)<Habanita>habanita.jpgによってその名声は不動のものになったとか。
そのアバニタは、未だに人気No.1の香水だそうですが、お店の人の話では、私の聞き間違えでなければ600種類ものエッセンスをブレンドしたオリエンタルな甘い香りだとか。一度でいいから、その香りを嗅いでみたいです。

Nirmala.jpg同時に紹介していたニルマラ(Nirmala)は、フレッシュでフルーティーな香り。

日本でも購入が可能なのか?ネット検索してみると、楽天やYAHOO!ショッピングで商品情報は出てきますが、軒並み在庫切れとなっています。それだけ人気が高いのか?

南仏に行く予定のある方は、是非ショップを訪ねてみてください。
 ・参照モリナール(Molinard)社公式サイト

さて、次回の放送で訪ねる国はモロッコだそうです。番組に出てくるであろう商品は何となく想像は付きますが、北アフリカ、特にモロッコが好きな私は、見逃さないようにしなくっちゃ!
 ・参照日本版Let's Shopサイト(epチャンネル)
    Let's Shop公式サイト
FC2 Blog Ranking

今日見たテレビ番組テレビ・ラジオ

コメント

モロッコ

モロッコ、いいですねー。
行ったことないけど、興味のある場所です。たぶん、ローズウォーターとかが出てきそうですね。

モロッコ、いいなぁ・・・。

ぼんやりと「次の海外旅行(行くとしたら)、どこにしようかなぁ?」と考える時、常に候補地リストのトップを争うのが、モロッコとベルギー。
でも、ひとり旅をするとなるとベルギー有利、モロッコに行くなら団体旅行に参加するしかないなー、などと考えていました。
サハラ砂漠を眺めたり、迷宮の町をさまよったりしたい・・・。のに、最近、突如別の候補地が浮上してきて、モロッコもベルギーも少し先に押しやられた感じです。

QUiosCoさん

ローズウォーター、出てきそうですね。10年以上前に一度、モロッコに行ったことがあります。

その時に買った畳一畳ほどの大きさの絨毯。我が家の階段下に置いてあるのですが、その絨毯のお陰で、何度ケガを未然に防げたことか。階段を何度も踏み外したことがあるのですが、ケガには至っていません。姪も小さいころに階段の上のほうから落ちたことがありますが、無事でした。
日本では決して売っていないような水色が基調のその絨毯、大変重宝しております。

lazyMiki さん

モロッコは本当に印象深い国でした。私が参加したツアーではサハラ砂漠には行かなかったのですが、迷路で有名なフェズやジャマエルフナ市場で有名なマラケシュ、海の玄関タンジールなどなど、どの街もそれぞれ違った魅力があります。同じ北アフリカのイスラム国チュニジアにも行ったことがありますが、個人的にはモロッコの方が好きです。

オレの愛用香水はブルガリのプールオム。それかドルガバのライトブルー。
あんまり匂いには興味がないけど、付けてた方が女性受けはいいように思う。

男にウケても仕方ないので、女性に受ける男性用オススメ香水なんて知りません?やっぱり女性は匂いに敏感だから、いろいろ気にしないといかんのです。(だって職場の9割が女性ですからね~。嗚呼めんどくせ~)

アバニタってのはどんな香りなんだろうね。

アガホアさん

「女性に受ける男性用オススメ香水」ですか。男性用の香水に全くといって良いほど興味がないので、全く知りません。スマン。
個人的には、いい香りがする男性よりも、臭くない男性の方が好きですので、匂いが強くないものの方が好きですね。全然アドバイスになっておりませんね。v-292

私は男性用香水ならファーレンハイトが好き。とても繊細な香りで女性がつけても良さそうな香り。つけすぎずにさりげなく香らせるのがポイントだと思う。

ニキータ さん

助っ人ありがとうございます。香水やオーデコロンを人から頂いたことはあっても、差し上げたことが無くて、「人気の」とか「おすすめの」というのがよくわかりません。

「ファーレンハイト」どんな香りか機会があったら自分用に試してみたいです。

続ニキータ さん

「ファーレンハイト」、空港の免税店で香りを嗅いだことありますね。どんな香りか忘れましたが。
http://www.rakuten.co.jp/wish/429695/435868/#790499

いろいろと情報ありがとうございます。でも匂いだけはネットでは体験出来ませんからね。聞いといてなんだけど店行ったほうが早いなと思った(笑)怒んないでね~。

ちなみにファーレンハイトの売り文句。「既存の価値観にとらわれず氷点と沸点の間を自由に行きかう、現代を生きる男たちへ贈る香水です」だって。言い方上手いよなァ。こちらの方に感心する(笑)

でも私は氷点と沸点の間を自由に行きかうなんて無理ですけどね。

駅の白線の外側と内側なら自由に行き来できますけどv-391

アガホアさん

>氷点と沸点の間を自由に行きかう、現代を生きる男たちへ

ってどんな人だい?この大げさな言い方に、私はむしろひいてしまいます。男性はこういう言い回しが好きなのでしょうか?

>オルサさん
いや。意味が分からない(笑)
まあ氷点と沸点の間を自由に行きかう男にはウケるんでないの?私は行きかえないから知らん。

オレだったら「この香水を付けると動物に好かれます!」がべスト。

ちなみにブルガリのプールオムは犬には好評みたいだ。アガホアリサーチによるとね。これホントだよ。

でも猫は無反応だな。

ブログだから全然なにも匂わないのにこれだけ香りの話題で盛り上がれるなんて面白いね~。

アガホアさん

犬に好評の香水?v-404犬こわいから、私は間違ってもつけないほうがいいですね。アガホアさん、動物に好かれる香水がベストだなんて、動物的な女性がお好み?

ニキータさん

v-417

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/350-92d9ac67

番組よさらば

11月30日で、CSデジタルのTV5、放送が終了してしまいました。あ~あ。TV5(ティーヴィー・サンク)はフランスの放送局ですのでフランス語での放送でしたが、金曜だったか音楽番組があったり、ドラマや映画はフランス語か英語の字幕付きでしたので、フランス語の聞き取りに自
  • [2006/12/02 22:55]
  • URL |
  • 幸せテディベアのモノローグ |
  • TOP ▲