スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

ヨーロッパのブログ事情 

IT Media Newsに、興味深い記事が載っていましたのでご紹介します。

米国の独立系調査会社Forrester Researchヨーロッパの7カ国~英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、スウェーデンで、7,377人を対象に実施した調査結果をまとめ、22日に発表しました。それによると、ネットユーザー中、約3%に相当する400万人が、ブログを書いている。またヨーロッパのブロガーは若く、新しい技術に敏感で、ネットのヘビーユーザーであり、平均的なオンラインユーザーよりも互いを信用する傾向が高い。としています。
 
ブロガー人口が多いのはフランス、イタリア、スペインの3ヶ国(南欧)で、7カ国中57%を占める。その中でもフランスは、ブロガー数が約100万人と最も多い

ブロガーの約80%は、毎日メールや書き込みをチェックし、週平均ネット利用時間は16時間で、ほかの平均的なネットユーザーより5時間長い「ながら」の傾向が強いのもブロガーの特徴で、雑誌や新聞を読みながら、テレビを見ながらネット利用している人が多い。またネットで新聞や雑誌を読んでいる人が52%にのぼる。

ブロガーのうち、過去4週間にネット上でコメントを書き込んだ人は
50%、自分のサイトを更新した人は47%。一般ユーザーの場合、それぞれ14%、8%。
 
ブロガーは他人の書いたブログの内容を信用する率が高く、
約25%は「信じる」と回答
。一方で、信じると答えた一般ユーザーはわずか10%だった。 

またブロガーは一般ユーザーよりも、オンラインショッピングの下調べに時間を費やさず、新しいものに挑戦する傾向にある。また商品が気に入った場合、約70%が友人にそのことを伝えている。ブロガーの購入決定の鍵を握るのは口コミで、3分の1以上が購入時に友人や家族の意見を参考にすると答えた。

上の調査結果でいくつか挙げているブロガーの傾向、貴方にも当てはまるのでは?

ブロガー人口の参考数値として、日本のブログ登録者数を見てみましょう。総務省の発表によると、2006年3月末時点の登録者数は868万人。昨年の9月末時点での登録者数が473万人です。6ヶ月間でいかにその数が飛躍的に伸びているかがわかります。

また、フランスのブロガー数約100万人(調査結果から割り出した数値なのか、他の調査機関の発表ですでにわかっていた数字なのか、記事からは不明)に対して日本の登録者数(延べ人数なのか?)は868万人。フランスは人口が約6千万人(2004年)で日本の人口1億2千万人の約半分です。ですから、日本のブロガーがいかに多いかがわかりますよね。
 ・参照IT Media Newsの記事
    Forrester社公式サイト
    総務省 ブログ登録者数
FC2 Blog Ranking

ブログブログ

コメント

ネットのヘビーユーザーという点は当たり。購入決定の鍵を握るのは口コミというのも当たり。

ただ総務省868万人説は絶対嘘だな。流石に多すぎです。一体総務省はどう
いう調べ方をしたんだろうか(笑)

まさかネット上に存在するブログの数とかかね。商業サイトも含んで。サイトを見たら「各事業者の協力を得て」なんて書いてあるけど、ブログを運営している会社が正確に発表するわけないじゃない。絶対水増し。これだからお役所仕事はダメ~。

でも日本のブロガーやネットユーザーが諸外国より多いのは事実だろうね。サイトの質も高いのが多い。

アガホアさん

確かに総務省発表の数字は多すぎの気が。恐らく商業サイトが多いのでしょうね。

海外のブログは、あまり熱心に面白そうなものを探したり観たりしていないのでよくわかりませんが、テンプレートのカスタマイズで様々な配色を考えたとき、フランスのブログを参考にしました。

へぇ~。

すごく面白い記事ですね。
確かに日本でのブログ人口は確実に増えていますよね。海外と違って携帯で手軽にブログを書いたりチェックできるのはポイント高いと思います。
(携帯写真のクオリティとか高いし)

QUiosCo さん

携帯で手軽にブログを書いたりチェックができるのは、日本だけなんですか?
そういう点も含め、各国ブログ比較って面白いですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/347-db88e18c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。