スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

使い道 

普段めったに開けることのない引き出し。今日、探し物をしていて久しぶりにその引き出しを開けてみると、見覚えのあるが。

海外の切手を整理して、それをスケッチ帳に貼っているのですが、その切手の残りや、使用済みテレカを以前入れていた箱です。

開けてみると、かなりの数の使用可の切手。すべてイタリアから届いた手紙に貼られていたもので、消し印がうまく外れているものをぬるま湯につけて、封筒の紙から剥がしたものです。
20061122223113.jpgいつかイタリアに行ったときに、絵葉書を出すときにでも使おうと、箱にしまっておいたのでしょう。ところが、そんな切手があることをとっくの昔に忘れ、昨年初めにイタリアに行った時には持って行っていません。

その切手をよ~く見ると、半分以上がユーロ導入前のイタリア通貨リラの表示しかないものです。中には、リラとユーロ両方の表示がある切手もあり、これは使えそうですが、リラ表示のみの切手は恐らく今はもう使えないでしょうね。リラ通貨が使えないのですから。

もともと元手がかかっていない切手ではありますが、使えたはずのものを結果的に使えないこの時期まで保存していたというのがもったいなかったな、と後悔しきり。

何かいい使い道はないものか?

使い道といえば、未使用のテレカ。携帯が今ほど普及していなかった頃は、○○記念のオリジナルテレカを作って、関係者にお配りする。というのがはやっていましたよね。そういったオリジナルテレカをはじめ、未使用テレカが我が家には未だにかなりの数残っています。人に聞いたのですが、NTTへ郵送するか持込めば、通話料金の支払いに使えるそうですよね。やってみたことありませんけど。Wikipediaによると、50円分手数料として差し引かれてしまうものの、通話料の支払に充当できる、とあります。テレカの料金が通話料を上回った場合には、きちんと翌月以降に繰越ししてくれるようです。
 ・こちらテレホンカード(Wikipediaより)
 ・関連記事美的カードコレクター
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

そうなんだ・・・

こんばんは。未使用テレカ・・そうなんですね~。なんか引き出しに沢山ありそうです。。。いい情報をありがとうございます。う~んでも面倒くさがりの私ですので???・・・。今後とも楽しみにしておりま~す。

momomarsha さん

面倒くさがり屋ですし、未だにテレカを使っていますので、紹介しておきながら何ですが、やってみたことはないんです。

未使用テレカは、ほかにも使い道があって、古本屋のチェーン店ブックオフなどで支払い時に使えるらしいです。
http://akimizu.exblog.jp/4108963

もったいないですね

切手もったいなかったですね。
図柄がきれいなら、貼って楽しむのもいいかも?

私はふみカードは無事払い戻ししましたが、テレカもそのうち使えなくなるのかなぁ。105度数のも使えなくなりましたよね。じゃんじゃん使わなきゃ^^

知らなかった

未使用のテレカ、使い道あったのですねー。
いい事聞きました!

あつこ さん

テレカ、105度数のもの使えなくなったんですか?もともと持っていなかったので知りませんでした。

JRのioカード、以前はそのまま自動改札通れたのに、今では通れなくなって販売機で乗車券を買う手間が増えてしまい、面倒です。まだ使ってます。

QUiosCoさん

お役に立てて嬉しいです!

切手、きれいにはがしてとっておかれたんですもの、今度はじっくり鑑賞されてはいかがでしょう?
何だか美しい図柄みたいじゃないですか?さすがイタリア・・・。
テレカ、そういえばもう使える公衆電話もあまり見かけなくなっちゃいましたもんねー。

lazyMikiさん

普段使うノートでもあれば、表紙に貼ってみるというのもいいでしょうが。

公衆電話の数が減るのは困りもの。私今も使ってますから。

思いつきですが

「100円ショップで売っているフォトフレームに何枚かの切手を(それなりに)配置して、壁とか棚に飾る・・」なんてのは、如何でしょうか?

ドリアンさん

それ、なかなかいいアイデアですね!
そうだ、姪たちに好きなように配置してもらって、アート作品として壁に貼りましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/346-ae8a2b6a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。