スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

体にいい食べ物・飲み物<海外編> 

「病気にならないための~」「体にいい~」食材や料理の情報に過剰に反応して、新たな情報をゲットするやいなや、すぐに試したくなってしまう日本人。私もその一人ですが、健康であるために日本人ほど熱心な国民はいないのではないかと思いつつ、世界に目を向けてみると、各国にはそれぞれ、昔ながらの民間療法があったり、健康にいいからとブームになっているものがあるのです。

以前、風邪の治し方について記事にしたときに、ユニークな世界の民間療法を少しご紹介しました。 
 ・こちら恐るべし民間療法

フランスに留学経験のある、私の友達の友達によると、風邪を引いたときに栗の花の蜂蜜を湯に溶かして飲むと、体が温まり風邪が治るとか。フランスで教わったそうです。それを聞いた友達が試してみたところ、効果があった。と言っています。

私はそもそも栗の花の蜂蜜なんて、なめてみたこともないので、普段食べているアカシアやレンゲの蜂蜜とどう違うのかわかりませんが、ちょっと苦味がある様ですね。日本でも、蜂蜜専門店以外に通販でも購入できるみたいですので、今度試してみたいと思います。
 ・こちら栗の花の蜂蜜

さて、のこのシーズンによく食べたり飲んだりするものに着目してみると、先ずスペイン料理ガスパチョ。冷たいスープですので、食欲の無いこの季節にぴったりですが、このスープを朝・晩250mLずつ2週間飲み続けると、尿酸値が下がる。という研究結果が、昨年、米国の栄養学雑誌「Journal of Nutrition」11月号で報告されたそうです。

ガスパチョは、トマトや玉ねぎ、ピーマンなどの野菜を生のままミキサーで細かく砕き、オリーブオイルとワインビネガーを加えたとてもシンプルな料理ですが、ビタミンCや各種のカロチノイドなど、水溶性、脂溶性の抗酸化ビタミンをたっぷり含み、それが尿酸値を引き下げてくれるのです。実験結果は、男性では18%、女性では8%、尿酸値が下がったそうです。
毎日飲み続けるのはかなり大変ですが、痛風の方、試してみては? 
 ・参照日経BP

次に、フジテレビ系で放送中の「あるある大事典」の中の「世界あるある最新報告」から。過去に放送した内容をHPで紹介しています。

ギリシャで今注目を集めているのが、ピスタチオのアイスクリームだとか。ピスタチオは、コレステロール値を下げ、血液をサラサラにする!と大評判なんですって。(7月放送)

もっと身近な食品も登場します。
イタリアのバールでの人気飲み物がオルゾ(orzo)。オルゾとは、なんと麦茶
ナイアシンを豊富 に含み、美肌効果があるということで、女性客の支持を受けているというのです。
オルゾは、焙煎された大麦にエスプレッソマシーンで圧力をかけ、エキスを抽出して作られます。 かなり濃厚な麦茶となります。最近では、インスタントタイプのものも出ているとか。(3月放送)
 ・参照あるある大事典
    イタリア産オルゾ


ほかにも、世界にはいろいろな「体にいい食べ物・飲み物」があることでしょう。なにかご存知でしたら、教えてくださいね。
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

なるほど~

国によっていろいろあるんですねー。
個人的に好きなのは、ブラジルの「アサイ」です。アミノ酸やミネラルが多く含まれていて、しかも疲労回復や抗酸化に効果があります。
ポリフェノールは、ワインの30倍ぐらいあるそうです。

Quioscoさん

ブラジルの「アサイ」、耳にしたことはありますが、まだ未体験です。ポリフェノールがワインの30倍?!
子供のビール「こどもののみもの」に入っているガラナもそうですが、南米アマゾンには、ものすごい植物があるんですね。新薬研究者が、アマゾンに着目するのもわかります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして

麦茶から杜仲茶に変えようかな、、と思ってたのですが
記事を見て やはり麦茶のままでいようと。。笑

TBありがとうございました^^

nanaさん

コメントを下さりありがとうございます。私はここ数年、麦茶離れしていたのですが、乾燥で荒れた肌を治すために、麦茶飲もうかな?って気になっています。

Organic

お店の棚にはずらりトクホが並んでますが、やはりこういう自然の、昔ながらのに惹かれますね。ガスパッチョは夏やっています。ガーっとつくって、こさないで作りおき、お酒を飲んだ後とか朝に。玉ねぎとピーマン多めが好みです。研究結果はもちろん知りませんでした。麦茶は血液サラサラ効果もあると知人から訊いてから季節を問わず飲んでいます。普段、食べ物の恩恵も過敏には気にしないのですが「血液サラサラ」だけは何故か妙に殺し文句だったりして。ピスタチオも食べてみます。お酒のつまみですけど。

最近感心したのは、やはりこれです。

http://www.frutafruta.com/

デンドンさん

ガスパッチョを手作りですか?さすが!
「血液サラサラ」といえば、健康番組で盛んにやっている血液実験、私も試してみたいです。ドロドロしていそうな気がします。最近体がだるいので。

私はサプリを信用していないので、できるだけ食物から必要な栄養分を摂取して、体の状態を良くしていきたいと思っています。思うばかりで、必ずしも体調がよいとはいえないのですが。トクホ(特保)は、意識しないで買ってきたものがそうである場合が多くなってきましたね。下手をするとある成分の摂りすぎで、逆に体に悪いってこともあるかもしれませんね。

料理をする体力はない。家に帰ったらぶっ倒れる毎日だv-406。食事するのも面倒なので食べるのは買ってきたパンばかりだなァ。

アガホアさん

オー、ミゼラブル!
確かに、忙しくて体調悪くて、本当はきちんと食事をしなくちゃいけない時ほど、ろくな食事ができないですよね。一人暮らしだと。私、まだ飲んでませんが、ブラジルの「アサイー(アサイ)」試してみます?

こんにちは。いつもコメントをありがとうございます!サッカー音痴な私。中田の引退とジダンの頭突きくらいの話題には何とかついていくことが・・という程度。なかなか書き込みもできず、ごめんなさいね!

体にいい食べ物もお国柄がいろいろだし、イタリアで麦茶が人気というのには驚きました。
ギリシャのピスタチオが話題になっているようですね。こういうことがきっかけでもっと人気が出て欲しいものです。アイス、とっても美味しかったから・・懐かしいです。
蜂蜜はギリシャでも健康食。サワークリームのように濃厚なヨーグルトにかけて食べるのがとてもヘルシーでした。また、喉に良いと蜂の巣を市場でもらったことがあります。あとはオレンジを毎朝絞って飲むことも風邪の予防でした。

さらさ さん

いえいえ書き込みの件はお気になさらずに。

さて、蜂の巣って喉にいいんですか?もらっても困ってしまいそうですけれど。あと、ギリシャではヨーグルトに蜂蜜ですか。かつてプレーンヨーグルトにかけて食べるのに凝ったことがありました。最近は、ホットミルクに蜂蜜を入れるとか、ハーブティーに入れるとか、飲み物に加える使い方が多いですね。

蜂の巣

以前、イギリスを旅行したときに地方の土産物店で小さな巣が入った蜂蜜の瓶詰めをみたことがありました。ギリシャの市場でもらったものは巣が中心だったので、正直「えー」という感じでした。でも同じ頃、偶然にも友達の家で「田舎から送られたばかりの蜂の巣、喉にいいのよ!」と蜂蜜レモンの中に入れて勧められたので、恐る恐るですが飲むチャンスが・・・。これ以来、風邪を引いたときにはお世話になりました。

それから蜂蜜ヨーグルトはギリシャのデザートの代表です!

さらさ さん

蜂の巣の効果は、世界的に認められていることだったのですね。もしかしたら、声楽家の方などは常備しているのかも。ギリシャ人のマリア・カラスなども、もしかしたら~。

おおお~、どれも試してみたいものばかり!
世界には体に効きそうなモノ、まだまだたくさんあるのですね~。
特にピスタチオのアイスクリーム、
一度TVで見たことありますよ!
でも、食べ過ぎたら鼻血出るって言われたような。。。??
あっ!そりゃピーナッツか(笑)
ちなみに、わたしは「柚子茶」をよく飲みますよ。
夏はアイスで飲むと、気分スッキリ。
アロマ効果もあるのかしら?

Carolitaさん

ピスタチオ食べ過ぎると鼻血ブーになっちゃうんですか?全然関係ないですが、子供の頃、従兄弟がチョコを食べ過ぎてよく鼻血出していたような記憶が。松の実も出そうです。

柚子茶!そういえば、柚子茶の元というか、柚子のジャムを以前親戚から頂いて、そのままになっています。今度ホットではなくアイスで飲んでみますね。風邪に効きそうですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/315-18c3ec15

思いつきそうでつかない料理

人気blogランキングへ   これはある日の昼食。バルにて。1品目に出てきた。 トルティージャのガスパチョ添え。 思いつきそうでつかない料理では? 何にもしたくない、けだるい夏の日のブランチ。 さらっと食べられて、満腹になる。 昨夜の残り物という感じがしな
  • [2006/08/04 13:14]
  • URL |
  • イスラミック・ブルー |
  • TOP ▲

トマト

 tomate(トマテ) スペインでトマトといえば、アンダルシアの代表的メニュー、ガスパチョ。火を通さない冷たいスープ。日本にも冷汁というのがあることを知るまで、冷たいスープはヨーロッパにしかないと思っていた。 スペインのランチは定食が定番。ボリュームがあるので一

カロチノイドカロテノイド (carotenoid) は天然に存在する色素で、化学式 C40H56 の基本構造を持つ化合物の誘導体をいい、カロチノイドともいう。テルペノイドの一種で、テトラテルペンに分類される。炭素と水素のみでできているものはカロテン (carotene) 類、それ以外のも
  • [2007/08/09 17:48]
  • URL |
  • 健康食品の栄養事典 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。