嫌いだった夏休みの宿題 

子供たちの夏休みが始まりましたね。「夏休み」という言葉からあなたがイメージするものは?

ラジオ体操、プール、家族旅行、林間学校~etc.いろいろありますが、嫌なものの筆頭は、宿題ですよね。すべての宿題が嫌でしたが、中でも面倒くさくて、やる気が起きなかったのが読書感想文を書くことでした。ただ本を読むだけ、あるいは、読んだ後に思ったことを発表しあう、というのであれば、あれほど嫌ではなかったと思いますが、始めから感想文を書くことを前提に課題図書を読み、それなりの感想文を書く。という行為が、子供の私には苦痛でした。

本を読んでいる間に湧き上がってきた様々な感情を思い出し、それを言葉に変換し、筋道をたてて説明したり訴えたりする。その一連の行為が思い通りに出来ずに、読み返して平易な文章になってしまっているものを書き直したり、親が横から口を出してきて喧嘩になったり、書き上げるのに一筋縄ではいきませんでした。

それでも今思えば、感想文を書くことにより、何度も本を読み返し、一度読んだだけでは、はっきりとは理解できていなかった著者のメッセージを、より鮮明に感じることができたり、行間から読み取れるものがあるということを知ったり、さらには、論理的思考や客観的思考のトレーニングが少しはできたかな、と思います。

さて、最近はどんな本が課題図書に選ばれているのでしょうか?20060728013214.jpg第52回青少年読書感想文全国コンクールの公式サイトを覗いてみたところ、おっと、高校の部では、オシムの言葉が入ってますよ。
 ・こちらから課題図書

読むにはいい本ですが、感想文が書きづらいのでは?と、心配してしまいます。

子供たち!感想文を書く、書かないは別として、夏休みの間に本をたくさん読んでくださいね。
 ・参照子供向けの本ランキング
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

夏休みといえば・・・

ラジオ体操、プール、絵日記、宿題、おやつは「チューペット」をよく食べていましたよ。

宿題は自由研究が好きでした。何を作ろうかとあれこれ考えるのは、今も同じですね^^

読書感想文は私も苦手でした。推理小説を選んで大失敗(笑) でも、作文は今、ブログに役立っているのかも^^

「オシムの言葉」という本も出ているんですね。感想文、書きにくそう^^;

言葉から自分の体験談や、これからどうするかという内容になりそうです。

チューチューアイス

チューペット!懐かしいですね。当時、私や妹は「チューチューアイス」と呼んでました。あと、メロンの形をした容器に、メロン味のシャーベットが入ったものが大好きでした。アイスクリームよりも、そうゆうしゃりしゃりした感じが好きでしたね。

自由研究、私もけっこう好きでしたよ!工作は苦手なので、物を作るよりも、観察日記とか、一つのテーマを決めて、本で調べて書き上げるとか、そういうものが中心でした。

夏休み

夏休みがあったころが、なつかしいです。
「メロンシャーベット」、大好きでした!
夏休みの宿題は、最後の1週間で仕上げてました。いまみたいに、ネットがないから絵日記の天気とか苦労してました。

Quioscoさんも

メロンシャーベット好きだったんですね。今も販売されているようですよ。
http://www.futabafoods.co.jp/products.html

夏休みの宿題、ラストスパート派でしたか。私は、最初に少しやって、中だるみがあって、8月後半にイヤイヤやっていましたね。

夏休みといえば

ラジオ体操がキライでしたっ。
首からぶら下げたカードにスタンプをもらうのはうれしいけど、早起きが・・・っ。
読書感想文に親が口出してくる様子、
うんうん、分かる分かる!
ウチもそうでしたもん(笑)

高校生の頃に読破した「ダルタニヤン物語~三銃士」は、面白くて面白くて、止まりませんでした。
冒険ものって、大人になった今こそ、読み返してみたいなぁと思います。

Carolitaさん

子供の頃、ラジオ体操は、夏休み中ず~っとやっていた記憶がありますが、最近は数日間(数週間?)しかやらないみたいですね。姪たちの話を聞くと。
私も早起き嫌でしたね。でも、今考えると、音楽などの準備もある大人たちは、もっと早く起きていたんですよね。私にゃできない。

高校生の頃は、小説よりもエッセイをよく読んでいた記憶が。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/311-b52d3de1