いじわるな告発 

私は、今回のワールドカップ観戦に際し、20060707231349.jpgこの「ワールドサッカーダイジェスト ワールドカップ直前パーフェクトガイドを手元に置き、出場選手の顔確認やデータチェックに利用してきました。さて、このパーフェクトガイド。改めて見直してみて、今までページを飛ばして読んでいなかった「OBの展望」という記事に目が留まりました。これは、AからHまでグループリーグ各組の中で、最強国として抽選会で最初に振り分けられた8カ国の代表チームのOBが、自国、及び同グループの国や優勝候補国などに関して戦いぶりを展望するというもので、その中で私の目を惹いたのは、フランスOBとして登場したディディエ・デシャン(Didier Claude Deschamps)の語る展望でした。
dechamps.jpg
ここで少し、ご存知ない方のためにディディエ・デシャンについて説明しますと、1998年の地元開催 フランス・ワールドカップで優勝を果たしたフランスチームのキャプテンを務め、引退後、昨年まで務めていたフランス ASモナコ監督時代には、2003~2004シーズンのチャンピオンズリーグで準優勝を果たしました。
 ・参照ディディエ・デシャン(Wikipediaより)

その彼の目に、W杯開催前に映っていた我がレ・ブルーは~

「現在のフランスは、おそらく辛酸をなめた4年前のチームよりも、総合力では下だと思われる~」
さらに、
「ジダンは今年で34歳になるが、過去の大会において、この年齢の選手が司令塔として光り輝いた例を、私は見たことがない。」
とし、
「監督のドメネクは、どんなコンペティションにおいても目標は優勝だ、と勇ましい発言をしているが、果たして現在のチームにそれだけの力があるのかどうか…。現実的に考えれば、簡単に答えが出る。率直に言うが、今回のフランスは優勝候補ではない。」
と、監督批判ともとれる、かなり手厳しい予測をしていました。そしてこう続けます。
「もし決勝へ駒を進めたならば、これはもう大事件と呼んでもいいだろう。」

大ハ・ズ・レ!!!!
ジダンをはじめ、現フランス代表たちを、みくびっていましたね。

では、決勝戦の対戦相手、イタリアの代表OBはどんな展望をしていたのでしょうか?paolo_rossi.jpgこちらは、1982年スペイン・ワールドカップでイタリアに44年ぶりの優勝をもたらしたパオロ・ロッシ(Paolo Rossi)。彼はこの大会で6得点を挙げ、大会得点王とMVPを獲得。ちなみに引退後はサッカー界には残らず、建設関連の仕事を営んでいるとか。
 ・参照パオロ・ロッシ(Wikipediaより)

「もしイタリアがグループリーグを突破できたなら、そのとき彼らには、修羅場をくぐってきた者だけが得られる強靭な精神力が備わっているだろう。」
と、チェコ、米国、ガーナが入ったE組で勝ち抜く厳しさを説く一方、
「今回のチームは、めずらしくタレントが揃い、チーム状態も良く、弱点らしい弱点も見当たらない。」
と、チームを高く評価していました。
そして、
「今大会の優勝予想をするなら、私はイタリアを推す。」
と言い切る。

さぁ、どんな結果になるんでしょうね。

追記:フランスの躍進を予想できなかったディディエ・デシャン(Didier Claude Deschamps)ですが、次期ユベントス監督に決まったようですね。
FC2 Blog Ranking

2006年FIFAワールドカップサッカースポーツ

コメント

私はフランスが勝つような気がするんですよねぇ。根拠はないけど。ジダンがやりそうだ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アガホアさん

その根拠の無い「勝ちそうな気がする」。私も同感です。

当たるかな?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/302-a4e75006