モチベーションアップ? 

大いにその活躍を期待されながら、その期待に答えられない人がいるかと思えば、こちらがそれほど期待していなかったのに、実際には予想以上の活躍をしてくれる人もいます。今回のドイツ・ワールドカップでも、そういう選手がいます。20060626205000.jpg

イングランドのデヴィッド・ベッカム(David Beckham)。彼の右足が、イングランドを準々決勝に導いてくれました。フリーキックが冴えています。
victoria.jpgベッカム一家~どこにいても目立ってしまうヴィクトリア夫人や息子たち、そしてお母さん、妹さんらもスタンドで応援してくれています。20060626213304.jpg

2週間ほど前、ドイツのビルト紙(Bild)に掲載された家族の中傷記事(家族の外見上の悪口など)に対し、ベッカムが怒りをあらわにしたという、ワイドショーが喜びそうなニュースがありました。恐らく同じ男性としてのやっかみや、売り上げを伸ばすことが目的で書かれた記事なんでしょうが、意外とその記事への怒りが、ベッカムのモチベーションアップに役立っていたりして。理由は何でもいいんです。いいプレーを見せてくれさえすれば。(と、何と残酷な私)
Joanne.jpg

自分自身は、有名選手やタレントを家族に持たず、ホッとしてます。
 ・参照Sun online
    BBC SPORT

FC2 Blog Ranking

2006年FIFAワールドカップサッカースポーツ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めまして。

TBありがとうございました。洗練されたブログですね。また遊びに来させていただきます。

ご存知かもしれませんが、先日イングランドのフーリガンがシュツッツガルトの街でドイツサポーターと大乱闘を演じました。
幸い決勝までドイツとイングランドが戦うことはありませんが、もしどちらも決勝まで行ったら・・
普段から仲の悪い国同士、大変なことになりそうですワ。

neuron1115 さん

コメントをありがとうございます。またどうぞ遊びに来てください。

ドリアン さん

新聞で読みました。イングランドのフーリガンは相変わらず怖いなぁ。先日のポルトガルVSオランダ戦、ピッチ上ではかなり荒れた試合だったので、試合後サポーター同士がエキサイトして大変な事態になるのではないかと心配しましたが、大丈夫だったのでしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/294-d649ebde

ドイツW杯・9 ベッカムの真ん中の足(違う)

イングランド対エクアドル、1-0。前半イングランドDFのクリアミスでエクアドルに決定的な場面。フリーでシュート打つも、イングランドDFが間一髪で足に当ててシュートはバー直撃。少しでもタイミングがずれてたら先制だったかも。後半ベッカムのFKが決まり均衡が破れる。
  • [2006/06/27 19:56]
  • URL |
  • 雑記寄り(ToGaK) |
  • TOP ▲