バラと香水の園~その2 

20060505174508.jpg前の記事バラと香水の園~その1で書いたように、私は静岡県河津町にある河津バガテル公園に初めて行きました。バラの最盛期には、こんな風になるようですが、バラを見に行くにはまだ早いですね。それでも、所々黄色、ピンク、赤色などのバラが可憐に咲いていて、種類によっては、鼻を近づけるととてもいい香りがしました。また、ローズガーデンの先端から、河津町の俯瞰と海が見えました。周りが山々なので、山や園内の緑海の紺色。普段PC画面やテレビ画面、雑誌などばかり見ている私の目も喜んだんじゃないですか?そして久しぶりに自然の中に身をおいて、体がリフレッシュしたような感じがします。

20060505175616.jpg今回の目的の一つが園内にあるフレンチレストランでした。サービスや料理の面で満点は付けられないものの、好きなだけ食べられるオードブル、メインディッシュは魚と肉、さらにおいしいデザートとコーヒーまたは紅茶というボリュームあるコースがたったの1,890円で、お得感はありました。そして注目点は、高級感溢れ、座り心地のよかった椅子などの調度品、また食器も凝っていたり、レストラン内は天井が高く、大きい窓からは木々の緑が目を癒し、大変居心地のよい空間でした。戸外で食事をとることもできます。

レストランを出て、改めて外観を見てみると、かやぶき屋根。フランスっぽい建物なのにかやぶき屋根?なにか既存の建物を意識したものなのか?帰宅後調べてみたところ、20060505180947.jpgこのレストランは、マリーアントワネットが作らせた夢の村の中にあるアモー(田舎小屋)をモチーフにしているようです。こちらの画像は、家にあったベルサイユ宮殿のガイドブックから。実物はまだ見ていないのですよね。

レストランの脇にはアモー同様に池もありました。しかもモネが描いた睡蓮の池を彷彿とさせるものでした。

ベルサイユ宮殿チックな建物はほかにもありました。
20060505181830.jpgこのプチトリアノン(小離宮)を模した建物。フランス広場には、このような雰囲気のお店が何棟か建っています。「パフューム工房」「ガーデニングショップ」「フードショップ」「クラフトショップ」「カフェ」など。

さて、ここからは、私が「いつかやってみたい!」と長年願い続けてきたオリジナル香水作り体験談です。(注意:「香水」と書きましたが、濃度の分類上での「香水」ではなく、オーデパルファンになります。)
 ・参照香水(Wikipediaより)

オリジナルブランドや輸入のアロマ製品販売で知られるハウスオブローゼ(HOUSE OF ROSE)の店、「アトリエ ドゥ パルファン」。ここで30分おきに、希望者を募ってオリジナル香水作りを体験させています。参加費2,100円。

あまり細かく書くと、これから体験する方々の楽しみの一部を奪うことになりかねませんので、概略だけ。

ローズガーデンが売りのバガテルですから、ベースにはバラの香料を使います。そして、何種類もの香料を少しずつ嗅がせてもらい、好きなものをチェックし、最終的に自分で選んだ香料を加えてできあがり。

私は、かなり甘い香水となりました。カシスやイランイランが効いてるのかな?出来上がったボトルに、香水の名前と日付を書いたキュートなラベルを貼って出来上がり!もう感動です。

香水は、人の体温で温められて時間がたつと香りが変化してきますが、つけてからしばらくして嗅いで見ると、
TN_AirdeCabochard_2000.jpg私が好きな香水の一つ、グレ(Grès)社のカボシャール(Cabochard)そっくりなんですよ。感激!

今回作った香水のレシピは、お店に1年間保管され、注文すると同じ香水を作って送ってもらえます。

さぁ、今回の記事を見て、河津バガテル公園に興味を持った方は、公式サイトをご覧ください。ちなみに入園料が1,000円で、サイト上の割引券をプリントアウトするか、駅前の観光協会に置いてある割引券を持っていくと100円引きです。
 ・こちら河津バガテル公園 公式サイト
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

こんにちは!
「河津バガテル公園」すっご~く行きたいです♪
ほんとうにすてきなところですね!
オルサさんの記事を読んで、興奮気味の私。バラが咲いている時期なんて、私にとってはまさに「夢の世界」です~♪すてきな記事をありがとうございます。

いいですね♪

こんばんは♪
日本なのにフランスみたいな庭園ですね。
ランチもお得なセットですね。

香水の調香、私も憧れます。
レシピが1年間保管してもらえるところもいいですね。
バラの香りの香水、素敵ですね。

eikoさん

私も是非バラ満開の時期にもう一度行きたいと思います。だけど、なかなか思う時期に行けなかったりするんですよね。それで、連休中に、強引に行ってきたんですよ。

あつこ さん

行くまでは、ここまで徹底してフランス風だとは思ってもみませんでした。記事には書きませんでしたが、レストランの化粧室に行ったところ、便器がフランスのメーカーのものだったのですよ。手洗いのところも、あれは日本製ではないだろうな。そして、連休中の特別企画のようですが、毎日日替わりで、フランスの大道芸などのミニショーがあって、私が行った日には、手回しオルガン+歌などの見世物がありました。

香水とバラ

Cabochard、オルサさんのイメージに合いそうですね。意味ご存知でしたか? 「強情っぱり」←かわいく訳せなかった。。。ゴメンナサイ。

オリジナル香水作り、わたしもやってみたいですね。かつては香水好きでしたが、いまではほとんどつけなくなってしまった。。。バラの香りにはフェロモンの効果があるとか。

それにしても、ほんとバラの名前や香水の名前って面白いので、今度記事にしょうかしら♪

しゃるろっとさん

Cabochard=強情っぱり 私そのものですよ。バラの名前や香水の名前、是非記事にしてみてください,シルヴプレ。きっとまたマイドキュメントに保存させていただきますので。

素敵な休日

オリジナルの香水を作れるとは面白そうですね。しかも作った香水のレシピはお店に保管されて、注文すると同じ香水を送ってもらえるとはこりゃまた凄い。客のニーズに応えた高いプロ意識だ。

オルサさん、素敵な休日を過ごせて良かったですね。

アガホアさん

おかげさまで、命の洗濯できました。
やっぱり体験できる施設って、楽しめますよね。以前行った名古屋の「ノリタケの森」では、絵付け体験が出来てすごく楽しかったです。その体験も、子供だましではなく、本格的なものでないとね。

オリジナル

My香水が作れるのって面白いですね。失敗はあり得ないのかなぁ? 似合う色、似合う服、自分らしいスタイルってあると思うけど、自分らしい自分だけの香りってまるで見当がつかないですね。オルサさんは、やっぱりバラの香り、でしょうか。いいな~、と勝手にうらやましがってみたりして(笑)

五十路っ子さん

機会があったら五十路っ子さんも是非一度いらしてください。オリジナル香水作りなんて、南仏にでも行かなきゃできないんだろうなと諦めていましたが、日帰りで行けるところで、思いのほか簡単にできて大満足です。調香師が新しい香水を作るときには、最初にある程度出来上がりをイメージして作るんでしょうが、素人の私たちは、順番に嗅がせていただく香料に、好きor嫌いとチェックを入れて行き、最終的にどれを入れるか決めます。もちろん、専門家に、これを入れるとどうゆう出来上がりになるか、その都度教えてもらいながら選び、入れる量もある程度目安を教えてもらって入れますので、失敗というのはなさそうです。ちなみに今回は私の年老いた両親を連れて行ったのですが、2人が作った香水もとてもいい感じでしたよ。

香水に惹かれて・・・

こんにちは!初めまして。
しゃるろっとさんつながりでやってきました、うわばみです。
香水、アロマ、香りものが好きで、ついついコメントしちゃいました。
私も香水作り体験したいんですよ~。
世界にひとつだけの香水っていいですよね。
河津バガテル公園、今度行ってみます!ちなみに私はシャネルのアリュールオムです★

uwabamiさん

こんにちは!ご訪問いただいてうれしいです。uwabamiさんとしゃるろっとさんのコメントのやりとり、面白くていつもチェックさせていただいてます。

ところで、自分だけのオリジナル香水作り、はっきり行って今回特にこれがしたくて、河津までいったんですよ。バラを見るにはまだ早いですもの。
uwabamiさんも是非一度いらしてください。アリュールオムに使われている香り成分が事前にわかっていれば、その香りに近いものができるかも?挑戦してみてください。

オルサさん、素敵な場所ですね~!
思わず見入ってしまいました。
わたしもほとんど見られなかったのですが、バラのシーズンはもう少し遅いのですね~、残念っ。
満開になったら、どんなにきれいなのかしら?
でも、香水作りにフレンチと建物が、充分優雅な気分にさせてくれそうっ♪
わぁ!一度行ってみたいなぁ~。
T/Bお願いしますねっ。

Carolita さん

皆さん、そうとう気に入られたようで、想像力を働かせ過ぎて、行ってみたら「全然違うじゃん!」なんてことになると怖いですが、あそこは、周りを山々が取り囲み、建物も綺麗で、気持ちのいい場所でした。それゆえか、バラのシーズンにはまだ早いものの、程よく込んでいましたよ。

TBありがとうございます

ばらの季節がもうすぐですね!
いつもなら、今日あたりは飛行機の中…
このお話の中で旅しました。

aoi さん

>このお話の中で旅しました。
だなんて、最上級の褒め言葉ですね。ありがとうございます。

本物そっくり。

河津バガデル公園のリンク先の写真をみてたら、自分がパリのブーロニュのバガデル公園で撮った写真とそっくりなのでビックリ。キオクスとオランジュリーの建物はまったく同じ感じです! なかなか忠実に再現していて本格的ですね。

おまけにアモーもあるってことは、本物より見どころがたくさんだったりして。。。かやぶき屋根の家って、意外とフランスの北のほうの田舎にはあるんですよ。なんだか不思議ですよね☆

わたしも、かなりここに行きたくなりました!

しゃるろっとさん

そんなに忠実に再現していたのですか。なにしろパリからスタッフを呼んだくらいですから、その意気込みはすごいなと思っていましたが。ただ、本家のほうに行っていないのでわかりませんが、規模はかなり小さいのではないかと思います。あまりに広いと歩くのに疲れるので、程よい広さと言うべきか。

いつもご覧になってましたか~。
暴走(妄想!?)トークばかりでお恥ずかしいです、苦笑
私もしゃるろっとさんのところで、オルサさんのこと気になっていました。
女性らしくて素敵なブログですね★
バラのかほりがしてきそうです。

香水作るために河津へ!
わかりますよ~。
私も星の王子様ミュージアムに行くために箱根に行ったことが・・・。
友達まで巻き込んで、笑
これからも時々遊びに来ますね。

uwabamiさん

>女性らしくて素敵なブログ
そういっていただいて光栄です。日常生活では、なかなか、ロマンティックな世界にどっぷり浸って、お花や蝶が大好き~なんていっていられないので、せめてブログ上で好きな世界を視覚化しています。

星の王子様ミュージアム、実は行きたいのにまだ行けてなくて。星の王子より、王子が愛したバラに夢中なワ・タ・シ。

アロマ

環境系の仕事をしています。森林浴や植物の中に身を置くと元気になるのは科学的にも実証されていますね(NK細胞)。アロマにも大変興味があるのだけど奥が深いし男性では入りづらいショップも多くて、職場の詳しい同僚からアドバイスしてもらったり、既製品ですがヒーリング系の香水(Paul Smith)とかキャンドルなどで少しづつ生活に取り入れるようにしています。オリジナルの香水作りはイイですね。一年保管しててくれるなんて思わず確認しに行きたくなったりして。やってみたいと思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

デンドンさん

おぉ、お仕事が環境系ですか。デンドンさんのブログのデザインはスタイリッシュで、無駄が無く、そういったあたりが、お仕事とも関連しているのかな?と思います。私のブログは雑然としていますね。

以前、女の友人が、ドイツの男友だちの引越し後の買い物に付き合って、そのとき、家具も満足に揃っていないのに、観葉植物やアロマキャンドルをごく当たり前に買っているのを見て驚いたといっていました。日本でもいつかはデンドンさんが気兼ねなくお店に入れるようになる日が来るのでしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/272-1698ac8d

九重へGo!

GWもあと3日、皆さんはいかがお過ごしですか?今日はちょっと映画のお話をお休みして、久々のドライブ日記です!わたしは、5月3日 (水)に、大分県九重 ( くじゅう ) へドライブ
  • [2006/05/07 09:14]
  • URL |
  • Caroli-ta Cafe |
  • TOP ▲

バラ色の日々

バラの季節にはまだ早い!現在オフシーズン!!あと二ヶ月半先くらいかな・・・とりあえず画像で我慢河津バガテル公園    
  • [2006/05/10 11:29]
  • URL |
  • area IZU [IZU MAGIC~2nd Edition] |
  • TOP ▲

河津バガテル公園〔静岡県賀茂郡河津町〕

「河津バガテル公園〔静岡県賀茂郡河津町〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2006年5月2...
  • [2006/05/21 08:34]
  • URL |
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/travel |
  • TOP ▲