笑わないで, プリーズ! 

昨日、今まで一度もやったことがないことに挑戦してみました!

いったいどんなスゴイことを?

そんなにスゴくないんだなこれが。

そんなにじらさないで教えてよ!

CDs.jpgでは教えちゃいましょうか?初めてオリジナルCD作りに挑戦し、1枚CD-Rをほとんどダメにしました。まあ安いからいいけど。

10年くらい前から、音楽の趣味が合う友達が出来始め、それぞれが各国で入手したCDから気にいった曲をセレクトし、カセットテープ(懐かしの過去の産物!)に録音して交換していました。熱心な友達は1度に2個もくれたりして、カセットテープが増えると共に、、友人と自分の音楽の趣味との類似性に驚嘆したり、新たなミュージシャンとの出会いがあったりと、私の音楽ライフが充実していきました

それが、5~6年前からみんながPCを持ち始め、くれる記録メディアが、カセットテープからCD-Rへと変わってきました。それでもPCを持たない私は、ず~っとカセットテープ派で通していました。

最近は、CD-Rもカセットテープも、友人たちとやり取りする機会がめっきり減っていましたが、2月末から3月にかけて私が熱狂したフィギュアスケートの使用曲集を、初めてCD-Rに取り込んで誰かにあげようかな?という気になったのです。

114073502608469.jpg選手たちが使用したものとは、演奏者が違ったり、歌有り無しの違いはあるものの、荒川静香選手 フリー・スケートの「トゥーランドット」や、エフゲニー・プルシェンコ(Evgeni Plushenko)選手がショートプログラムとエキシビションで使った「トスカ」evgeniplushenko.jpgあたりはもともと持っています。

また、荒川選手がエキシビションで使用し、相当売り上げを伸ばしたCeltic Woman「You Raise Me Up」(過去の記事フィギュアスケート使用曲)と、好きな曲 好きな歌手~その1でご紹介したAlessandro Safinaの「Il Mirto e La Rosa」は、iTunesでダウンロードしてあります。

さらにさらに、20060225_356_450.jpgエキシビション使用曲でご紹介したイリーナ・スルツカヤ(Irina Slutskaya)選手のエキシビション曲「So Many Things」(Sarah Brightman)は、CDを買ってPCに取り込んであります。

さて、ではiTunesで購入した曲から入れようと、2曲入れました。

さらに、Windows Media Playerを使って、すでにPCに取り込んである曲をコピーしようとして、初めて知りました。コピーって、一度やってその次また~が出来ないのですねCD-Rの場合。コピーしたい曲のリストアップを済ませておいて、それを一気にコピーするのですね。

あ~あ、1枚目のCDは、iTunesで購入した2曲しか入れられませんでした。次は慎重にいかないと。入れたい曲を先ずはPCに取り込んでおかないと、また失敗してしまいます。

音楽CDを丸ごと単純にコピーするのはやさしそうですが、オリジナルCD作りって、けっこう厄介ですね。カセットテープ派に舞い戻りそう!
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

おめでと~

おお!初挑戦おめでとうございます。

今は便利だから自分だけのベストアルバムとか作れるからいいよね。
まあ選曲には悩むけど(笑)

ちなみに僕はオリジナルCDを人にあげるのが好きなタイプ。いい音楽は人に勧めたくなります。

最後にカセットテープ派には戻らないほうがいいと思うよ(笑)
オルサさん、頑張るんだ!ここが人生の分かれ道。

アガホアさん

温かい励ましのお言葉、ありがとうございます。そうか、ここが人生の分かれ道!(爆笑)

やっぱりカセットテープって、使うとき不便でしたよね。順不同に聞くことできないもの。それに劣化激しいから、その辺に放置しておくとカビが生えていたり、テープ伸びちゃったり。

>オルサさん

そうそう!劣化は仕方ないとしても、テープが伸びるのには参ったね。それを地道に巻き戻す作業が悲しかったり(笑)
今の子供たちはそういうのに無縁だもんなぁ。僕は今25歳ですけど、小さい頃はCDなんてないからね。今の時代は凄いよね。

なつかしい

「カセットテープ」という響き、なつかしいですねー。
考えると、この10年の間にいろいろ変化してるような?CD-Rの前にMDもありましたよね?

オルサさん、おはようございます♪
私はCD作り、まだやったことがありません。(というかCD自体に慣れていません)カセットの頃は作っていましたよ。レーベルも手作りで、インスタントレタリング(文字をこすって転写するもの)も買っていました^^

慣れるとPCで編集するのも楽みたいですね。曲名をつけるのもパソコンの方が早いですし。

アガホアさん

今はどうかわかりませんが、イタリアやスペインに行ったとき、日本の演歌歌手のカセットテープみたいに、人気ポップス歌手たちのカセットテープが売られているのを見て新鮮な驚きを覚えました。CDよりちょっと安くて、つい私も買ってしまいましたが、テープが伸びて、再生不能になったものも。CDにしときゃよかったのにね。

Quioscoさん

にとってはすでに「なつかしい響き」ですかカセットテープは。今はちょっと休止中ですが、私はわりと最近までNHKラジオの語学講座をタイマーで録っておいて、後で聞くためにカセットテープ使っていました。現役バリバリですよ。

あつこ さん

カセットテープで曲を録音するときは、どれだけ無駄なく録音するか、けっこうこだわっていました。たいてい、最後の数分を埋めるために、おまけみたいにして、わりと短めの曲の途中、きりのいいところまで録音する。あるいは、一度録音しておいて、切りが悪いと、いいところまで無音を録音するなんて小細工していました。

あと、CDごとに音声レベル(大きさ)が異なるため、微調整したり、いろいろ気を使って録音していました。

そんなこともしなくていいんですよね、CDだと。職人技(無駄なく、聞き苦しくなく録音)必要なくなちゃって残念だな。

わたしも

そうなんですよね。私も失敗しました。
テープとかMDの感覚で…
次回こそは!とPCにためていたら故障(T_T)全部飛びました。
USBメモリーにマメに落とさなくてはと、誓っただけで今に至ります。とほほ。
やっぱり、単純で頑丈な昔のものがいいです。
テープは伸びますけどね(^^;)

aoi さん

音楽をPCに貯め過ぎると故障の原因になってしまうんですか?そうとう貯めこんだんですね。

私は、自分のPCを買ってまだ1年なので、失敗しながら1つ1つ学んでいるといったところです。

Quioscoさんへの続き

本文中で「懐かしい過去の産物」と自分で書いておきながら、コメントでは「現役バリバリ」と書いていて、矛盾してますよね。スミマセン。

世間では「過去の産物」扱いですが、実際にはカセットテープに未だ依存している自分がいる。というのが真実です。

うーん。音楽をパソコンに取り込んでも故障はしないと思うよ。容量少ないから。1000曲くらいでも特に問題はないと思います。それよかウイルスが怖い。ネット上のダウンロードにはご注意あれ。

アガホアさん

原因はウイルスか。ウイルスではないけれど、一時期このブログのコメント欄に、海外のものとおぼしきネットショップの進入形跡があって、けっこうしつこかったです。きっと、私がそのサイトにアクセスしたことがあり、それで、こちらに送ってきたんでしょうね。気をつけないと。

ソフトのけんか

私のは似たようなソフトが2つ入っていて(家族で使っていると、知らないうちに何かが入っています)けんかしたのだそうです。
まだまだPCに使われています~~;

笑。

オルサさんの「カセットテープ」愛、いいですねー。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/266-cc658dc2