スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

勇み足~その2 

昨日の勇み足~その1のつづきです。日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエル。日本人なら誰もがその名を知っていますが、今年が生誕500年だということを知っていた人は、そう多くないのでは?

493544.09._OU09_PE0_MZZZZZZZ_.jpg私は以前、ピーター・ミルワード(Peter Milward)著ザビエルの見た日本を読みました。sighn.jpg冒頭からこんな直筆サインが載っていたり、インドに滞在していたザビエルが、日本での宣教を選んだその影に、アンジロウという名の一人の日本人との出会いがあった、ということを初めて知ったり、また、そういったザビエルの足跡を辿る上で重要な手がかりとなる貴重な資料~ザビエルが残した多くの書簡の存在を知ったりと、とても興味深い内容でした。ザビエルが書き残したものを読んでみると、日本人の知識欲旺盛な点や、自然と道理にしたがって生活している点を褒めている一方、日本の宗教家、つまり僧侶たちへの厳しい批判が度々登場します。
 ・参照フランシスコ・ザビエル関連本

ザビエルはもともと、リスボンからインドに向かって出航したのですが、colombus.jpgjerez-de-la-frontera-map.gif同じく大航海時代、コロンブスが新大陸を目指して2回目に出航したのが、スペイン南部、アンダルシア地方のカディス(Cádiz)の港でした。

私のお気に入りスペイン人シンガーソングライターAlex Ubagoの話から脱線して、同じバスク出身で、顔も何となく似ているフランシスコ・ザビエルの話へと展開し、次に登場させたコロンブス。何故彼を登場させたかというと、カディス(Cádiz)県内にある地図上の赤い枠でくくったヘレス・デ・ラ・フロンテーラ(Jerez de la Frontera)は、私が敬愛するあるシンガーソングライターの出身地だからです。

ところで、「ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ」という地名の「ヘレス」の部分を見て、もしや?と気づかれた方は、なかなかのスペイン通。
tiopepeimages.jpg日本でもティオペペ(Tio Pepe)社の名前でお馴染みのシェリー酒の産地です。スペインでは、シェリー酒を「ヘレス(jerez)」といいます。
 ・参照シェリー酒(Wikipediaより)
    ティオペペ 公式サイト(日本版)

 つづく
FC2 Blog Ranking

おすすめ音楽♪音楽

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/263-c57175ad

食材を求めて…東京

人気blogランキングへ  スペイン食材を手に入れるのに、忘れてはならないのが「やまや」 私の行動範囲にあるのは、新宿南口、池袋P'パルコはす向かい、光が丘の3店舗。 常時手に入るのは100%果汁ジュースとワインの「ドン・シモン」ブランド。 スペインと同じもの
  • [2006/04/17 23:50]
  • URL |
  • イスラミック・ブルー |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。