スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

はやる気持ち 

が満開です。桜は、つぼみの頃から開花はまだかまだかと期待され、ある日突然咲き始め、あっという間に咲きそろい、そして、いつもの見慣れた風景が華やかに変わります。

なぜか桜の花を見ると、心がうきうきしてきます。
それでも、最初の感動が過ぎると、うきうき感も少し弱まり、そろそろ他の花の開花を待つ自分がいます。

浮気な私。

我が家の庭は、狭いながらも様々な花が咲き、中でも私のお気に入りは、白とのモクレン。j0367460.jpgお気に入りといいながら、毎年いつ頃咲くのか、まったく覚えていなくて情けないのですが、今日モクレンの木を見てみたら、まだ蕾でした。わが家には白モクレンと紫モクレン両方あり、どちらかが少し早く開花します。白だったか紫だったか?開花の時期が少しずれるので、花を楽しむ期間が長くていいですね。

そのモクレン、英語だとmagnolia(マグノリア)になりますが、香水の原料として有名ですよね。香料としてのモクレンの香りをあなたはイメージできますか?私はちょっと自信がありません。バラ、ジャスミン、スズランなどの香りは特徴があって、すぐにわかるのですが。

ところが、イタリア人のある男友達は、香水の香りを嗅いで、すぐにマグノリア(モクレン)の香りだと言い当てたのです。スゴイ!
誰でもそうなのでしょうか?

j0390490[1].jpg私が開花を待つ花、他にもあります。それはアイリスゴッホ「アイリス」【名画ドットネット】アイリスというと、ゴッホのこの絵が有名ですよね。以前、美術館のゴッホ展を見に行って、その色の美しさに感動を覚えました。アイリスは、アヤメ科の外国種の花ですから、日本でお馴染みのアヤメ、カキツバタ、花ショウブなどと同種です。しかし、あの美しい水色は、独特ですよね。

ゴッホの絵の実物は、この画像よりも遥かに美しい色ですが、あの絵を見てから数年後、気がつくと、いつの間にか庭先にあのアイリスが咲いているではありませんか。

父に後で聞いてみたところ、人にもらったとか何とか。

私がアイリス好きだ。ということを知らないはずなのに。???

<追記>「我が家のモクレンは、まだ蕾」と書きましたが、見たのが夜、暗がりの中でのことだったので、翌朝もう一度見てみたところ、蕾はモクレンのほうでした。白モクレンはというと、枝に、花が散った後のガクのようなものがいくつかあり、他には新芽がいくつも出ていて、蕾はみつかりませんでした。昨年父が枝おろしをして、今ではほとんど枝が残っていません。ガクのようなものがあるということは、誰にも知られずに、いつの間にか花をつけ、散ってしまったのでしょうか?

枝おろしをするまでは、乱れ咲きしていたモクレン。なんで枝をあんなに切っちゃったの?
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

満開ですか。。。わたしの住んでいるところはまだ一ヶ月待たなくては☆
(まだ、雪が解けないのよー)

もくれんの香り、大好きです。確かに香水にするとわかりにくいかも。イタリア人はすごいわね。

そういえば、南仏は紫のふじの花がみごとでした。アイリスもバラも生命感に溢れてました♪

しゃるろっと さん

そうですよね。桜前線はまだまだ、北上中ですものね。南仏ではありませんが、イタリアのリグーリア州で、2月末に桜のような花を見ましたよ。日本とは建物も街の表情もまったく違う場所で、見慣れた花を見つけると、急にその場所に親近感を覚えてしまいます。

時間がなくて観れてませんけど、休みの日には桜探しでもしようと思います。

アガホアさん

お忙しいみたいですね。前にコメントでちょっと書きましたが、電車に乗っていると、あそこに、ここにもという具合に、桜の花が次々に目に飛び込んできます。それを見るのが私は好きです。花の色としては、本当はもう少し濃い目のピンク色が好きで、桜の場合、1本で咲いているものよりも、何本も並んで咲いていて、花の部分が、桜色の霞か雲のように見えているものが好きですね。

枝おろし

オルサさん、こんにちはっ♪
そうですか、「枝おろし」したら花が咲かなくなったのですねっ。
でもきっと、新芽を芽吹かせるために古い枝は一部落としたほうが、木は元気になりますよ。

ゴッホのアイリス、きれいな絵ですね~っ♪
もっとアップで見たくてリンクをクリックして、さらに大きく見たくて思わずまたクリックしようとして気がつきました! そのバナーは“買い物カゴ”!! おおおっとお~っ。勢いで買ってしまうところでした、アブナイアブナイ。。。(笑)

モクレン

もう桜が満開なのですね。
こちらはまだ蕾です。楽しみですね。

モクレンといえば、スターダスト・レビューの「木蓮の涙」という歌を思い出します。木蓮の花が咲く時期に恋人が亡くなってしまう歌で、花を見ると、ちょっと切ない気持ちになります。

香りもとてもいい匂いですね。イタリア人のお友達がいらっしゃるなんて、すごいですね。

Carolitaさん

気をつけてください!この「アイリス」は名画ショップのバナーです。これなら写真の著作権がどうのこうのというトラブルを回避できますので、使いました。ごめんなさいね。

今年は我が家の白モクレンを見逃してしまいましたが、来年こそは!

あつこさん

えっ?そちらはまだなんですか?こちらは今満開で、木によって葉桜になりつつあるものも。
スターダスト・レビューの「木蓮の涙」は、知りませんでした。しかしそもそも、これだけ日本中が大騒ぎする桜の開花に対し、木蓮は私自身も開花の時期をよくわからずにいて、可愛そうな花ですよね。気をつけて町の中を歩いてみると、けっこう木蓮の花がいろんなところで咲いているのですよね。

はじめまして。

さっそく飛んできました!
桜・アイリス・マグノリア・・・・
春は良いですね。
この時期は、桜が見たくて
近くの桜がきれいなポイントをわざわざ遠回りして車を走らせています。
また来ます~。

eikoさん

こんばんは!こちらにいらしてくださったのですね。ありがとうございます。車での桜ツアー、いいですね。だいぶ散り始めていますが、今日の強風でどの程度散ってしまったのか心配です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/256-f9bd3c52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。