映画、ドラマで知る欧米life 

まだ、海外旅行をしたことがなかったころ、映画、ドラマで垣間見る欧米諸国の生活ぶりや風習に大いに興味をそそられたものです。ストーリーを追いながらも、「へぇ~」って感動したり、驚いたりする1シーンがあると、見終わった後、映画の山場よりも、むしろそのシーンの方が印象に残っていたなんてこともありました。たとえば、今や日本でも一般的に使用されるようになってきたデンタルフロス。主人公がデートの前に使っているシーンを見て、
「なんじゃ こりゃ?」と思ったのを覚えています
B000BV7RL8.01._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpgまた、1984年製作のアメリカ映画恋におちて、ロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro)、メリル・ストリープ (Meryl Streep)主演の、ニューヨークが舞台の大人のラブストーリーですが、テレビで放送されたものを見たとき、メリル・ストリープ演じるモリーが、部屋の中で温州みかんを食べているのを見て、
「温州みかんって輸出されていたんだ。皮が柔らかいけど輸出できるんだ。」と、妙に感動しましたね。

いまだに感覚的に理解できないことがあるのですが、それは、アメリカ、イギリスの映画やドラマに出てくる
「誕生日などのプレゼントとして、その人が大好きな作家の初版本を探して買う」というもの。それをプレゼントされた相手は大変喜ぶのですが、なぜ初版本にそんなにこだわるのか?わかりません。どなたかその理由を教えてくださいませんか?
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

きっと

私のために一生懸命探してくれた…というところではないかと思います。
古くて、部数の少ないものだと大変でしょうから。年号が入っていてわかりやすいし。
イギリス人に、本当のところを聞いてみたいですね。
ところで、イズマガバトン、私の友人たちのおかしな回答に笑い転げています。
好きな香水→水道水とか。
ありがとうございました。

マニア

洋画とは関係ありませんが、日本には初版本を集めるマニアがいます。
太宰治の初版本なんて2~3百万円もするそうですよ。

aoi さん

私が想像するに、「本」に対する認識や思い入れが、日本人のそれと英・米人とは違うのではないでしょうか?仮に誰かが、私のために、好きな作家の初版本を一生懸命探してくれたとしても、特別感動しないと思います。その作家の研究者ならともかく。
しかし、映画に出てくるシーンは、一般人でもそれを喜んでいるんですよね???

さて、イズマガバトン。好きな香水が水道水とは、シュールな方。ご報告、ありがとうございました。

のびぃ太 さん

日本にも、初版本のマニアがいるんですね。コレクションするのにお金がかかりそうです。

それそれ!

そうなんですよね。日本では一部のマニアが初版本に魅力を感じていますが、けして多くの人ではありません。一般の人たちがなぜ喜ぶか…知りたいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/224-4d6ee2b8

デンタルフロスデンタルフロス(英:Dental floss)は、ナイロンなどのフィラメントをあわせて作られた、歯間掃除用の細い糸である。これを専用の柄に取り付けたものが糸ようじと呼ばれる。主に歯間ブラシが入らないような狭い歯間に、スライドさせながら挿入し、歯間の食べ
  • [2007/07/26 12:50]
  • URL |
  • 健康な歯をめざして |
  • TOP ▲