Oh, デスパレート! 

20051114225118.jpgこの写真は今年5月、イングランド・プレミアリーグでのFAカップを制したアーセナルの喜びの瞬間を写した写真です。当時キャプテンだったパトリック・ヴィエラ(Patrick Vieira)がうれしそうに優勝杯を掲げています。人の手が邪魔ですが、名監督と謳われているアーセン・ベンゲル(Arsene Wenger) 監督の姿も見えますね。

この時、いったい誰が今のアーセナルの惨状を予想できたでしょうか?

パトリック・ヴィエラ(Patrick Vieira)は、この夏、イタリアのユベントスへの、よもやの移籍。その移籍以後、まるで求心力を失ったようなアーセナルは、解体寸前の危機に瀕しているように私には見えます

現在プレミアリーグでの順位が5位(中田英寿のボルトンは3位と健闘しています)。11試合中、敗戦が3試合、引き分けが2試合。1~2年前に無敗記録49試合を樹立したアーセナルと、同じチームとはとても思えません。今まで、クラブへの不満を語ったことのなかったティエリ・アンリ(Thierry Henry)197003.jpgさえ、クラブや監督への不満を公にするようになってきました。ヴィエラを放出してしまい、それによって空いた穴を埋められるだけの選手を投入できていないことへの不満です。バルセロナへの移籍がささやかれているアンリ。本当か嘘か、エトーとアンリを交換して…なんていう噂も流れています。また、アーセナルは、アトレティコ・マドリーのフェルナンド・トーレス(Fernando Jose Torres Sanz)獲得に向けて動いているようです。過去に、選手獲得で何度も失敗しているアーセナルのこと、今回もお金を持ってるクラブチームに、途中でかっさられるんじゃないですか?それに、私が仮にサッカー選手だったとしても、今のアーセナルに魅力を感じず、呼ばれても移籍なんかしたくないな!(アーセナル ファンの皆様ごめんなさい。でも本当にそう思います。)

アンリはチームを去る可能性がかなり高く、それに加え、頼みのベテラン デニス・ベルカンプ(Dennis Bergkamp)も今シーズンで現役を引退する見通しだとか。

さらにこんなニュースが飛び込んできました。Cole,20Ashley.jpgイングランド代表でもあるディフェンダーのアシュリー・コール(Ashley Cole)が、今季限りでチームを去る可能性が高まったと報じられ、移籍先としてはレアル・マドリー(スペイン)が有力視されているそうです。

こういった報道により、チームの屋台骨がぐらついているような印象を受けるアーセナル。さらに追い討ちをかけるように、前キャプテンであるパトリック・ヴィエラ(Patrick Vieira)が『ニュース・オブ・ザ・ワールド』紙の取材の中で、ユベントスへの移籍の顛末と自身の心の内を語りました。「アーセナルさえ望めば残留した。正直アーセナルでキャリアを終えると思っていた。」「でも会長からはこんな電話があった。ユベントスが僕に興味を示していて、クラブとしては移籍に“中立”の立場だ、とね。それまでレアル・マドリーが獲得を幾度となく打診しても、その都度きっぱり断っていたのに。(クラブが)僕を必要というなら、中立の立場で決断を選手に委ねたりしないだろう。決め手は中立という言葉だった。」
さらに、
「新しい選手の獲得か新スタジアム建設費用に金が必要だったんじゃないか?」

なんてこと!ヴィエラ本人には、移籍する気持ちが全くなかったんですよ。てっきり、新天地を求めてイタリアに渡ったとばかり思っていました。その事実を知っていたなら、アンリがクラブへの不信感を抱いてもおかしくない。あれほど尊敬し信頼していたベンゲル監督への不信感が募ってもおかしくない。

世界有数のミッドフィルダーであり、あれほどチームの要だったヴィエラを平気で手放すなんてイカレテいる。
 
アーセナルというチーム、そして最終決定はクラブ首脳陣だったとしてもそれを容認したベンゲル監督、あなたたち、もうがけっぷち、デスパレートだってことに気づいていないの?
FC2 Blog Ranking

サッカースポーツ

コメント

TBありがとうです~。

ベンゲルがフレンチコネクションで築いた黄金時代は終焉の時期を迎えているように思います。
まだ早いですが来季のスタメンが気になります。ベンゲルもいるかどうか・・・。

ラテさん

私も同感です。フレンチコネクションによる黄金時代も、過去のものという感がありますよね。最近はスペインの選手がお気に入りのようですね。ベンゲル。収容人数が増大する新たなスタジアム。できたはいいけど、客が来ない~なんてことも今後ありうるかも。

こんばんは。
オルサさんハジケてますね(笑)
アーセナルはちょっと前までは国内無敵でしたからね。
それが今や見る影もないとは時の流れとは早いものです。

アガホアさん

そうなんですよ。'02W杯後の、ノリノリのアーセナルしか知らないものですから、今の惨状にもう目も開けられません。尊敬していたベンゲル氏に対しても、最近は批判的な気持ちしか湧きません。
むしろアクの強いモウリーニョの方が小気味良い。

いつもコメントいただき有難うございます。
私のブログ今年のキーワードのエントリで$
「ゼロトレランス」を誤って「ゼロトランス」と表記しました。
謹んで訂正し、お詫びを申し上げます。

のびぃ太さん

わざわざ 訂正のご報告ありがとうございました。

遅れまして・・・

ブログ初心者のため…TBなど、よく分からずで(まだチャント理解してませんが…?!)、TBの御礼が遅れましてスイマセン…。改めまして、TBありがとうございます。ビェエラの話してですが、移籍はホントに残念です。リーグ優勝時のパスゲームの面影が、今は懐かしいほど…。

後継者・・・

自分がボランチをやっていたこともあり…(昔の話ですが?!)どうしても、DMFに注目してしまいます。気が付くとアーセナルのサッカーと、ビェエラに魅了されていました。次世代の大型ボランチの系譜は…?!
チェルシーのエッシェンに、その香りが少し感じる今日この頃です。

ヒデッジョ編集長さん

e-219わざわざお礼のコメントをお送りいただき、ありがとうございました。 ヒデッジョさん(とお呼びしてよいのでしょうか?)は、ご自分でボランチされていたんですか。そうすると、DMFビェエラの素晴らしさを、フィジカル面や技術面など、より専門的にご覧になっているんでしょうね。

チェルシーのエッシェンに関しては、試合の様子をほとんど見れていませんので、巨額移籍金と来年のW杯で、ガーナ代表として出場できるという点でしか、今のところ認識していませんでした。
今度じっくりプレーを見てみたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/178-1b9840b7

P・ヴィエラ

P・ビィエラ・・・。ここ最近で、個人的に一番!のDMFだと思う。類い稀なる展開力・ここぞ!と言うときの攻撃力!!それに加え、持って生まれた身体能力の高さ。彼がDFラインの前
  • [2005/11/20 12:49]
  • URL |
  • 【F●●TBALL・エンジン】 |
  • TOP ▲