スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

今年もボージョレー・ヌーヴォー? 

vin_ap12.jpg日本でもすっかり11月の風物詩になったボージョレー・ヌーヴォー(ボジョレー・ヌーボー)Beaujolais Nouveau。毎年11月の第3木曜日が解禁日となっていますが、今年は11月17日(木)です。あと2週間ちょっとですね。
私は数年前まで、解禁日のニュースで流れる深夜0時の解禁イベントの熱狂振りを見ては、「この人たちはここまでワインを愛せるのね。」とやや冷めた目で見ておりました。

ところが、100年に一度の当たり年と騒がれた2003年には、さすがの私も「今年こそはボージョレー・ヌーヴォーを買って飲もう」と、仕事帰りに百貨店の地下にある食品売り場、いわゆるデパ地下に繰り出してみました。するとスゴイ混雑振り。熱気。その年はまた特別だったのでしょうが、もう押し合いへし合いという感じで、ここまで混雑しているデパ地下を見るのは初めてでした。

私が選んだのは、ボージョレー・ヌーヴォー ファンにはお馴染みであろう、かのマルセル・ラピエール(Marcel Lapierre )氏のワイン。化学肥料、除草剤、農薬を使わない有機農法で育てた葡萄を、その畑に自然に生息する野生の酵母を使って発酵させ、自然かつ複雑な香りをそのまま生かすためにフィルター、清澄処理、補糖はせずに、酸化防止剤も無添加。そんなこだわりぶりが、ワイン愛好家の間で支持されています。

私の印象は、若いワインにしては味にコクがあり、また自然な香りがいい。というものでした。

昨年は禁酒をしていたので、ボージョレー・ヌーヴォーは飲みませんでした。さて、今年はどうしたものか?

geo_carte_france.gifvin_carte_vignoble.gifところで、ボージョレーってどこにあるかご存知ですか?ワイン通には常識かもしれませんが、一応確認しておきましょう。フランス第2の都市リヨンのほど近く、四角で囲んである辺りにあります。ボージョレー地方の拡大図。その中の色づけされたエリアでブドウが栽培されています。ボルドー色のエリアがボージョレーワインを産出するエリア。総面積は22,500haで、パリの面積の約2倍。この一部からボージョレー・ヌーヴォーが生まれます。ボージョレーワイン=ボージョレー・ヌーヴォーではありません。
ピンク色がボージョレー・ヴィラージュ。この一部からボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーが生まれます。”ヌーヴォー”とは「新酒」という意味ですが、ヌーヴォー生産量の3分の2はボージョレー地区、3分の1はボージョレー・ヴィラージュ地区から生まれます。”ヴィラージュ”が付くのと付かないのとどう違うの?
”ヴィラージュ”は「村」の意味で、ボージョレー地方の中でも「良いワインを産出する特別銘柄ワインに指定された10の村があります。その村を囲む39の村でつくられるワイン」を指します。したがって、ヴィラージュは、ワンランク上のワインなのです


オフィシャルサイトで、地域の特徴や歴史など、ボージョレー地方のワインを総合的に学ぶことができます。
 ・こちらボージョレーのオフィシャルサイト(仏語、英語)
     ボージョレーのオフィシャルサイト日本版
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

2003年

わたしは新酒&ブルゴーニュ・ワインが好きじゃないんだけど、2003年のボージョレー・ヌーヴォーは偶然、その年フランス語のコンクール(弁論大会みたいの)に出たら、打ち上げで出てきて飲みまくりました(笑)。まわりの人たちも「今年は旨い!」と口々に言ってました。

酸化防止剤も無添加のワインか。おいしそ♪
でも、ボージョレー・ヌーヴォー、新酒のくせに高いなぁ。←ケチ。

ワクワク!!

今年もボジョレーの季節になってまいりましたねー。日本とフランスとのボジョレーの扱いのギャップ(と言うより値段の違い?)には若干戸惑いを感じますが飲みやすいしやっぱり今年も飲みたいな~。フランスでは5ユーロくらいで美味しいワインが飲めるのに日本はやっぱりお高いッすねー・・。グググ・・

しゃるろっとさん

たしかに、ディープなフランス通のしゃるろっとさんは新酒って柄じゃないですね。ボージョレー・ヌーヴォーは、新し物好き、初物好きの日本人向きって気がします。

mojao さん

フランスではワイン、そんなに安いんですか。子供の頃から水代わりに飲むっていうのも、まんざらウソではないのですね、きっと。
イタリアもワインの産出国として有名なので、どの家庭でもワイン三昧かと思いきや、意外と家ではビール飲んでました。

知らなかった!

私は何も知らずに、近所のスーパーで、毎年ボジョレー・ヴィラージュを頼んでいました。てっきり、ヌーヴォーの方がランクが上なのかと勘違いを…。
今年はまだ頼んでいないのですが、頼みに行きたいと思います。

kobo_natsuさん

へぇ毎年ヴィラージュの方を飲んでいるんですね。今年もおいしいらしいですよ。最近はスーパーやコンビニ、いろんなところで買えるので便利ですよね。いろいろサイトを見て知ったのですが、航空会社でも予約受け付けていたようですね。予約期限が9月一杯とか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/172-aceb378d

ダイアリーエッセイ〔トラックバック〕

日々の生活の中で起こった出来事をエッセイ風に書いているブログを集めています。
  • [2005/11/02 03:13]
  • URL |
  • blolog〔ブロログ〕 |
  • TOP ▲

ボジョレー・ヌーヴォー

セブンドリームより2004トロフィー銀賞』受賞ワイン2005年の解禁日は11月17日木曜日。毎年おなじみのこのラベル、今年も一度は飲みたいです。大好きな人にも送りましょう。お申し込み期間:11月13日(日)まで お届け日:11月17日(木)写真クリックで詳細表示\\3.150-
  • [2005/11/03 10:20]
  • URL |
  • Caramel-Cute.com |
  • TOP ▲

ボージョレー ヌーヴォー

本日、ボージョレー ヌーヴォーの解禁日。時差の関係で主要国では日本が一番最初に味わえるとあって、ここ10年弱ずっと飲み続けている。毎年「今年の出来は最高!」といわれている(笑) 9月から予約していた6品が届いた。ヌーヴォーはワインにしては珍しく無食透明のガラ
  • [2005/11/17 19:49]
  • URL |
  • 細見の一日 |
  • TOP ▲

今週は。。こんな感じで・・Besujo村に滞在・・・

Ca m'est egal 創造性を膨らましてみる!フランスの太陽を余すことなく・・浴びて・・・そのエネルギーをぶどうに凝縮・・ボトルに封じこめる・・・・・考えながら・・飲むんじゃなく・・創造を膨らます飲み方・・って楽しい!!↓↓↓...
  • [2005/11/20 12:28]
  • URL |
  • Ca m'est egal |
  • TOP ▲

ボジョレーヌーヴォーで蟹づくし

今年のボジョレーヌーヴォーは、最高の出来らしい。てなニュースにのせられて、解禁の日、成増のイタリア料理店ガレリアへ。電話したところ、満席だったため席を取ってもらって空いたところで入店。 今年は最高のボジョレー。若い中にも深い味わいが。 今日のコー
  • [2005/11/21 09:24]
  • URL |
  • がんばれシチー君 僕の中のニュースな出来事 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。