スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

あなたは大丈夫? 

さて、気楽に始められることから増加中のブログ人口。大きな本屋に行ってみると、関連本がかなりの種類あり、専門コーナーも日に日に拡大しています。本名を伏せて、好き勝手なことが書き込めるので、つい調子に乗って暴走してしまうこともありますよね。そんなあなた、気をつけて下さい!こんなニュースが入ってきました。

ブログの人種差別発言で起訴 シンガポールで

オンラインに人種差別的な意見を掲載したシンガポール人のブロガー2人が、異なる人種の間で悪意と敵意をあおり、シンガポールの”扇動防止法”に違反したとして起訴された。 両被告はそれぞれ10万シンガポールドル(5958米ドル)の保釈金を支払って釈放されたという。

この扇動防止法は、「異なる人種や階級のシンガポール住民の間で悪意および敵対感情をあおること」を違法としている。現在裁判所で係争中だが、この法律に違反して有罪判決を受けると、初犯の場合、最高で5000シンガポールドルの罰金と最高3年の懲役を科される。累犯の場合は最高5年の懲役刑を言い渡されることもある。

さて、具体的にどのような内容をブログに載せたのかが不明なため、コメントがしづらいが、保釈金として支払った5958米ドル。日本円で65~66万円、かなりの額ですよね。

アメリカではこんなトラブルがありました。

読者のコメントをめぐり、企業がブロガーを提訴

Traffic-Power.comは、検索エンジン最適化(SEO)に関するブログを書いているブロガーW氏(ペンシルベニア州の自宅でインターネットマーケティング事業を営む)を、名誉毀損および企業秘密の公開で訴えた。SEOとは、企業がGoogleやYahoo!などの検索結果で上位に表示されるためのテクニック。訴状はネバダ州の裁判所に提出され、その中には氏名不詳のブログ読者数人も被告として挙げられている。
問題とされているのは、W氏のブログ内のコメント欄に投稿されたコメントだ。その中に、Traffic-Power.comが販売しているツールを非難するコメントが幾つか含まれていた。Traffic-Power.comは訴状の中で、同社に関する機密情報がこのブログ上で公開されたと述べ、W氏が「虚偽の中傷的な情報」を掲載したと訴えている。しかし、同社は問題となる部分を特定しなかった。
 Traffic-Power.com
 
裁判所はおおむね、掲示板やメーリングリストの運営者に、他人からのコメントの責任を負わせることはできないと判断してきた。ブログに対しても同様の見方がされる可能性があるとアナリストらは語る。
W氏はブログに訴状の文面を掲載し、どの読者コメントが原因になったのかを推測している。
 W氏のSEOBook.com
 訴状の文面

ほかにも「スタッフのブログ発言、企業を巻き込む騒動に」、「元Google社員が語る、”Blogで解雇”で学んだ教訓」などの災難が起きたようです。詳しくは元の記事をご覧下さい。
 スタッフのブログ発言
 Blogで解雇
FC2 Blog Ranking

ITニュースニュース

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/135-8f26a121

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。