スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

新たな音楽番組発見! 

CS以外のテレビの音楽番組を定期的に見ることがなくなって久しい私。気になるミュージシャンが出演することを、新聞のラテ欄でたまたま見て、そのときだけ見たり、録画予約しておくことはたま~にあるけれど、その「気になるミュージシャン」自体、売り上げランキングとあまり縁の無い人だったり、外人だったりして、なかなかテレビで見ることができない。見るとしたら韓国ポップスターとかパク・ヨンハあたりか。

そんな中、手持ち無沙汰でパソコンをたたいていて、今日たまたま面白い番組を発見した。その番組とはGyaOで今月から始まったらしい「Tokyo Night Style」。GyaOとは、すでにご存知の方もいらっしゃるだろうが、USEN(有線)がCM収入によって配信している試聴者にとってはうれしい完全無料のパソコンテレビ(動画)サービスだ。簡単に入会できるので、覗いてみてください。
 ・こちら全番組無料放送!パソコンTV『GyaO』の快適度をチェック中!
 (スピードテストを回避する方は、開いたページ上のロゴをクリック してください)

さて、そのGyaO、数週間前に登録済みだったのだが、「音楽」の番組に関しては、8月に見た時点では、興味を惹くものが正直なかった。ミュージシャンのライブが見られるのだが、モー娘他のミュージシャンに食指が動かなかった。

今日発見した「Tokyo Night Style」は、来日したあるいは来日予定の、ジャンルでいうとワールドミュージックミュージシャンたちのライブ映像やインタビューを紹介する番組だ。パーソナリティーは加藤紀子。4797331321.01._PE_SCMZZZZZZZ_.jpg

今回の目玉は、動物行動学の研究者でもあるリュック・ジャケ(Luc Jacquet)監督が手がけたフランスのドキュメンタリー映画「皇帝ペンギン」のサントラを手がけ、注目されているエミリー・シモン(Emilie Simon)のインタビュー。今年若干27歳の美人ミュージシャン。見た目も高音のかわいい声からも、「きれいなお嬢さん」というイメージが先行するが、ミュージシャンとしてのキャリアは相当なもの。img_shimon.jpg

南仏モンペリエ出身で、レコーディング・エンジニアの父と音楽家の母の間に生まれる。幼少時からコンセルヴァトワールでクラシックの専門教育を受け、12才から作曲を開始。その傍ら、ロック・バンドでギター/ヴォーカルを担当。パリの音響技術研究所IRCAMで電子音楽の制作技術などを学んだ後、2002年にシングル・レコードを発表。
作詞、作曲、編曲、演奏、録音、プロデュースすべてを一人でこなした2003年の1stアルバム『エミリー・シモン』は、翌年のヴィクトワール賞(フランス版グラミー)の電子音楽/グネーヴ/ダンス部門で最優秀アルバムに選出されるなど、評論家たちから高く評価された。そして今回の「皇帝ペンギン」のサントラ。さらに評価を高めた。
 ・彼女の詳しい情報はこちらエミリー・シモン オフィシャルサイト

彼女の紹介が長くなってしまったが、番組では、「パリ一番の洒落男」の異名をとる(?)サンセヴェリーノ(San severino)やルーマニアのロマ(いわゆるジプシー)ブラスバンドのファンファーレ・チョカリア(Fanfare Ciocarlia)ほか、スペインのバグパイプ奏者あり、ブラジルサウンドありと、ワールドミュージック好きにはたまらない内容となっている。9月20日(火)午後からの次回版では、あのテテ(Tété)のライブの一部が見られるようだ。楽しみ!
 ・Tétéオフィシャルサイト

注意:その後、番組「Tokyo Night Style」は、終わってしまいました。残念。
FC2 Blog Ranking

音楽音楽

コメント

はじめまして、TBありがとうございました。映画も良かったですが、音楽も良かった映画でした。歌のエミリー・シモンさんのこと、こちらのブログを拝見しておおそうなのか・・・と、はじめて知りました。ありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきますね。

みどりさん

こんにちは。コメントとTBありがとうございます。映画「皇帝ペンギン」、実は私見ていなくて。いろんな方のブログを見てみると、とても感動する大人向きの映画のようですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/126-629562d5

March of the Penguin ペンギンのマーチ

少し前に話題になった映画を観てきました。南極に住む皇帝ペンギン(エンペラーペンギン)のドキュメンタリーです。観てない方へはネタバレになるので内容には触れないようにしますが(、、と言いつつあとで書き加えてしまうかも!)、毎年毎年、マイナス30度以上の厳しい
  • [2005/09/04 03:39]
  • URL |
  • 働く主婦の地球に優しい暮らし |
  • TOP ▲

映画「皇帝ペンギン」

映画「皇帝ペンギン」(字幕版)@東京・銀座シネスイッチ   監督・脚本:リュック・ジャケ 少し前のことになりますが8月19日(金)に観てます。 この映画館は金曜日がレディースデイ(女性は900円) 夜7時の回を見るため、6時半過ぎに行ったらもう「立ち見」と.
  • [2005/09/04 08:57]
  • URL |
  • みどりのアート鑑賞日記 |
  • TOP ▲

静謐で熱い生命感

LA MARCHE DE L'EMPEREUR Emilie Simon ★★★☆☆  氷の世界に生きるペンギンたちに捧げた静謐でそこはかとなく熱い生命感ただようドキュメントチックなコンセプトアルバム。基本は映画のサントラだもんで全体が淡泊めエレPOP主体インスト混合のBGM仕様。それでも時たま見

自分のGyaOなヒトトキ・・・教えます!

まーたGyaOの視聴登録者が増えて180万人突破です。すごいですね・・・もしかしてキャンペーン効果ですか?そのキャンペーン今回で4回目です・・・最後です・・・最後のテーマは「あなたのGyaOなヒトトキ・・・教えてください。」です。見る時はたいがい自宅のパソコンから見
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。