庭の果実~イチジク 

Fig_tree[1].jpg我が家の庭の端っこに、毎年イチジクが実をつけます。今年は実の数が多く、しかも例年よりも甘くて美味しい気がする。連日の晴天が果実をおいしくしてくれたのか?

イチジクの名は毎日1個ずつ熟すという意味の「一熟」が 変化して「いちじく」になったとか。また、漢字で書くと「無花果」ですが、それは花が外からは見えないのに果実がなるから。たしかに、花って見たこと無いなと思っていたら、イチジクの可食部、つまり私たちが食べているあの中身の部分が花なんだとか。実と呼んでいますが植物学的には果嚢(かのう)というらしいです。まあ、私にとっては美味しければ、なんであってもいいのですが。

イチジクの原産地は西アジア。日本には江戸時代、17世紀前半に渡来しました。

a_n_e06w[1].jpgイチジクというと、楽園を追放されたアダムとイブが恥ずかしい部分をイチジクの葉で隠していますよね。そもそも、禁断の果実がリンゴではなく、このイチジクなのではないかとも言われているようです。さらに、西南学院大学の「聖書植物園」サイトによると、聖書ではイチジクの木とブドウの木の下に住むことは、幸福、平和、豊かさの象徴とされたとか。
 聖書植物園
イチジクもブドウも好きな私にとっても、イチジクに加え葡萄園を持てたら、もうそれだけで幸せですね。ブドウを実で食べるだけでなく、ワイン造りに手を染めたりして~想像するのは自由ですから。

栄養学的にイチジクを見てみると、カルシウムが豊富で、乾燥イチジクは生のものよりもカルシウム含有量がさらに多く、果物の中でもっともカルシウムが豊富です。健胃・整腸作用もあるそうで、食べ過ぎの後に食べると効果があるようです。古代ギリシャでは体力や脚力を増進させる果実として競技者に好んで食べられたともいわれてます。

 詳しくはこちら食の百科事典
        いちじく・素敵
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/123-ff3424ef

果物を集める

日本では愛知県の西三河地方が最大の産地である。有名な産地には下記がある。茨城県稲敷市富山県大沢野町愛知県安城市、碧南市京都府城陽市奈良県大和郡山市大阪府藤井寺市兵庫県川西市鳥取県西伯町、南部町 (鳥取県)|南部町島根県多伎町福岡県行橋市中華人民共和国|中国・
  • [2007/04/16 10:25]
  • URL |
  • 果物を集める |
  • TOP ▲